静岡県のお城 〜ブログ編〜

2/11に開設したHP「静岡県のお城」(http://shizuokacastle.web.fc2.com)公式ブログ!

全体表示

[ リスト ]

ひどい記事

ちょっと無視できない記事があったので、叩いておこう。



【静岡・古城をゆく】直虎動乱の渦 桶狭間の戦い 「東海制圧」へ出陣か

桶狭間の戦い(永禄3年=1560)は、小勢であった織田信長の見事な奇襲で大軍の今川義元を破ったことが通説になっている。それは明治35(1902)年に帝国陸軍参謀本部がまとめた『日本戦史・桶狭間の役』によるもので、この頃は中国やロシアと対峙(たいじ)しており、日本を信長に見立てて、「少数でも大国に勝てる」指針としたとみられる。

 桶狭間古戦場公園は愛知県豊明市(伝承地)と名古屋市緑区有松町の2カ所あるが、近年の広大な開発で地形的判断は難しい。緑区の公園近くには義元の首を検証した長福寺、井伊直盛が布陣した巻山、瀬名氏俊が布陣した「セナ藪」の背後に義元本陣跡があるが、日本戦国史を代表する合戦場の面影は浮かんでこない。

 約20年前に震撼(しんかん)の新説が出て話題となった。信長側近の一人、太田牛一が記した『信長(しんちょう)公記』から先学は「乾坤一擲(けんこんいってき)の一か八かの大勝負にでた正面攻撃」と指摘している。

 細かい戦いは次回で紹介するが、それよりも意外に分かっていないのが義元の尾張侵攻で、従来は「衰退した足利将軍にとって代わろうとする上洛」説であったが、これは早くから否定されていた。

 諸説として、今川領となった「三河国の安定支配」説と、信長をたたき那古野(名古屋城)まで奪い取る「尾張国奪取」説がある。

 ところが近年“目から鱗(うろこ)”の文書史料が見つかった。桶狭間の戦い2カ月前に、今川氏重臣・関口氏純が伊勢神宮に宛てた手紙で、「伊勢下宮の変遷費用は制圧した三河国から工面するが、これから尾張国へ出馬し、さらに『国々』(伊勢・志摩)を制圧し調達する」という内容だ。

 まさに東海の国々を手中にする「東海地方制圧」説で、「東海王国の樹立」を目指しての出陣は“最強”今川軍の余裕さえもうかがえる。(静岡古城研究会会長 水野茂)




産経新聞の記事である。記事を書いたのは、我らが静岡古城研の会長水野茂様である。
今川義元の尾張侵攻の目的については諸説あるので省略する。問題は、「関口氏純が伊勢神宮に宛てた手紙」の解釈である。
この「手紙」とは、永禄3年と推測される3月20日付関口氏純書状(『愛知県史』資料編11-5号、または『戦国遺文』今川氏編1504号)と考えられる。
以下に本文を掲載する。

珍札披見本望候、仍去年者太神宮御萱米料之儀被仰越候間、雖斟酌申候、春木方達而被申候故、及披露返事之旨申入候、遠州之義者、去年被申分候条、不及是非候、参州之事者領掌候、但三州手始令落之候、相残候国々之儀、同前ニ可被仰越候、将亦近日義元向尾州境目進発候、芳時分可被聞召合事専要候、就中私江御祓并砂糖二桶送給候、目出存候、随而菱食令進入候、寔御音信迄候、猶重可申述候、恐々謹言、


難しいのだが、簡単に訳すと、
「伊勢神宮の御萱米料を出せとおっしゃった。遠江国は弁解して出さなかったが、三河国は承知した。まず三河国に出させることになったから、残った国々も、三河国と同様に出すようおっしゃってよい」
みたいな感じになる……と思う。
この場合、「相残候国々」とは、まだ御萱米料を出させていない「国々」、つまり今川支配下の遠江・駿河両国ということになる。

さて、記事に戻ろう。水野氏は何と言っているか。「これから尾張国へ出馬し、さらに『国々』(伊勢・志摩)を制圧し調達する」と言っている。全く解釈が違うのである。確かに関口氏純は、「今川義元が近日尾張国境に進発するよ」と述べているが、そのあと「国々」を制圧するとは述べていない。

これはひどい誤訳である。というより妄想だ。ましてこのひどい誤訳が産経新聞という全国紙に載ったのだから最悪だ。一般の購読者が誤解する可能性がある。

ひどい記事を今日目にしたため、あえて掲載いたしました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事