元ニート→警備員(35)の我思う故に我あり

交通誘導1級と2号の指導教育責任者持ちでも現場オンリーなたこまるのブログです。

大変お久しぶりです。

実は・・・一昨日更新しようとして記事を書いたら・・・エラーで記事が飛ぶという不運でヤル気をなくした一昨日。


本当にブログの更新が滞っておりました。スミマセン。
もう・・・2月なんですね。
小生の1月はどこに行ったんだろう???と思う。

年末年始は安定の巡回警備で10連勤。
1日のお休みを挟んで新規現場へ。珍しく初日から担当し約1年の予定らしい(普段は途中から担当になる)
月の半ばには身内に不幸があり、5日ほどそちらに注力(当たり前)
その後は・・・普通に仕事三昧。

相変わらずの単独現場なので目新しいネタもなく、国道で旗を振る。
・・・そういえばすぐそばの別現場についてる警備員、雰囲気が無資格者なんだよなぁ(資格路線)


先日、前記事で話題にした支援センターから「あれからどうですか?」と電話がありました。
しかし、今の現場・・・マジで電話応対できるほど余裕ないから「仕事中なので話す時間ない」と後日電話する方向で。
とはいえ・・・支援センターが開いてる時間に仕事してない、なんて状況がほぼ無いんだよなぁ

正直、全く進んでいない。
簿記の勉強を始めたこと、やはりいきなり起業ではなく「管理職」としての経験を積む必要を感じたので
今の会社での昇進?か環境を変えて(会社を変える)管理職を経験するか?という方針で動こうとしてる。
ってことくらいか。


あと、趣味の羊毛フェルトで委託販売していきたいなぁとか思ってます。




また・・・更新滞りそうですが、KY関係の記事を書きたいなぁとは思ってます。
ではでは。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1週間ほど前の話ですが。
乱文で支離滅裂です。スミマセン。


担当現場が雪で中止となり(現場で2時間待機した後での中止)、昼前に帰宅。
本当は休みを取って行こうと思っていた『起業についての行動』をとることにした。

当たり前なんだけど

「時間ができたら」
「準備ができたら」
「覚悟ができたら」
「状況が落ち着いたら」

と言い訳していては・・・いつまで経ってもそんなことにはならないので
とりあえず動けるときは動く。



起業に関してのセミナー的なものとか起業支援金的なものの制度とかのパンフでもあればなぁという感じで市役所へ。
自分としては勉強も経験もお金も足りてないのが重々分かっていたので話を聞く機会があればなぁと。


市役所に入って案内図を眺めていると総合受付の方に声をかけられて事情説明。
○○課へどうぞ、と案内されるも一応「アポとか取らないでいきなり行っていいの?」と尋ねたところ・・・
わざわざ確認を取ってくれた。


すると・・・
「市役所内ではなく別なところに産業支援センターがあるのでそっちで聞くといいよ」と
若干たらいまわし感はあったものの、ずぶずぶの素人だから本当に一からきけるところがあるならと
またしても総合案内の方にアポをとってもらって午後イチに行くことに。


お昼をとって、支援センターへ。


これは一通りの話が終わった後に雑談?で知ったのだが、たまたま担当の人が支援センターに出勤?していたからお話しすることができたが、普段はあまりセンターにいなくて
それこそパンフをもらって終わりになるとこだったらしい。


さて、警備業という・・・まぁブラックでまぁ特殊な業種での起業ってことで担当してくれた方も初めてのケースってことで色々調べてくれた上での面談。
勿論、一応指導教育責任者を持っている位なのでさわり程度は担当者さんよりは業界に詳しいのである程度の話はできる。


といってもやはり業界云々というよりも「そもそも起業するってどういうこと?」について必要な知識や書類の書き方、お金を借りるなら決めなければならないこと・・・etc

100%予想通り「いかに自分が足りてないか」がはっきりした。
理想はあってもそこまでの道がいかに難しいか、そこに対してのアイディアや目標設定の重要さ。
また、自分には足りないとマイナスのところばかりに目が行っていて、起業し生き残っていくための強みを考える・探すことをしていなかった。


書類が云々とかいうレベルではないのは分かっていたことで、30歳の頃に大暴走した時に似た危なっかしさが自分にあったことを改めて自覚した。


落ち込んだりはしてなくて『やっぱりなぁ』と反省というか目からうろこだった。
幾つかの幸運があり、知人でも業界関係者でもない、全く外の専門家と話をする・聞く機会を得た。

改めて自分の今立っているところ、これから進む道、考えていくべきことが少しだけ見えた。


答えは急がなくていい。でも年齢という限度もあるので待ってくれるものでもない。
急がば回れ。自分との対話をもっと深めてやっていかないとなぁ



と、改めて乱文でごめんなさいね。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

今日から3日間は片道3時間位かかる、とある沿岸現場です。
日帰りで8時30分現地集合で17時現地解散は控えめに言っても「めんどくせー」


イメージ 1

イメージ 2


さてこの2枚は現場のすぐそばなのですが……
分かりますかね?
交差点の右折渋滞緩和のための「左回り専用交差点(正式名称知らん)」です。

ようは左回りしながら東西南北の車線で曲がっていくやーつで
右折したい車両が交差点で渋滞し、左折や直進したい車両が進めず更に渋滞するのを解決すべく
ここ1〜2年で話題になった「新しい交差点の形」らしい。

ただ、「絶対左回り」というルールを知らない(理解できてない)ドライバーがいつもの感覚で右折(右回り)し、事故やトラブルが多発してる
という話も聞くため、まだまだ試験的で浸透するまでかなりの時間が必要なのかなぁと感じている。

んで、今日からの短期現場でこの交差点があったんです!
存在は知っていてどうやら県内にもあるらしい……位の薄い情報しかなかったのですが
まさかこんな辺鄙(失礼)で渋滞しそうにないところにあるなんて!!!

いや〜初めて見るけど慣れないと怖そうだなぁとか交通量の多い交差点だと合流困難で
更なる渋滞にならないのかなぁとか余計な心配してしまいました(苦笑)

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ども。お久しぶりです。
前月の更新から…また少し色々あったのですが(倒れたり倒れたり倒れたり……)


今は遠方現場から2年振りに解放され、近場?での日替り現場生活に慣れるのに必死ですね。


ということで、仕事絡みではあるのですが、雑談。

YouTubeでも見れますが、KIRINさんの缶コーヒー、FIREのCMで交通誘導員が出てくるものを見たことはないでしょうか?

小生も今日、気が付いたのですが何かおかしくないですかね?

ということで2枚画像を見てください。

イメージ 1

イメージ 2


1枚目はCMのスクリーンショットで2枚目が小生の手書きのメモ。


気になっているのは誘導員の隣車線(2枚目の車線B)にある下向き矢印です。
2枚目でいうと赤色で描いた矢印なのですが……


映像では映ってないですが、現場はおそらく

車線Aは画面下からの車両の「直進or左折」レーン
車線Bは画面下からの車両の「(直進or)右折」レーン
車線Cは画面上から下へのレーン

があると予想されます。
そこで車線Aを規制し、車線Bで直進、右左折にして車線Cはそのまま
という形を私の中で考えている。


なので、車線Bに

画面上から下への車両が侵入することは考えにくく、あの矢印の向きが謎なのである。

仮に車線Cが存在しておらず、車線ABしかない!とするならば
2枚目の手書きのメモの車線B、横断歩道の下に赤く○している白線は存在してないはずなのでどちらにしても変である。

また工事の関係で車線Cも規制させれBのみで片側交互というのも考えにくく
その場合なら車線Cの辺りには侵入防止でカラーコーンが並んでいなければならない。


と……ざっと考え付く範囲でおかしな点についての考察?をしてみた。
個人的には「とりあえず撮影用にライン引くか〜」と一般道ではなく撮影用の敷地にそれっぽい形でライン引いたのではないか?
そこに専門家(ライン引きの業者)は関わっていないのでは??
とか考えた。

うーん???
小生だけの頭だとこの辺が限界なので、もし「こう考えられないですか?」といった意見ありましたら
コメントヨロシクおねがいします。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

どうも、またお久しぶりです。

バタバタと東京旅行と巡回警備、青森旅行、岩手観光と続いた8月が終わり、先月は少しだけ前に進んだ?気がしました。


実は・・・親しい友人には話しているのですが



小生!起業を考えてます!!


指導教育責任者を取得する前、細かく言うと前の会社を辞める前後くらいから幼馴染から100%冗談で「会社興せって〜〜」と言われ続け、その都度自分には無理だとバッサリ切り捨ててきた。

しかし、丁度1年ほど前に管理職への異動を打診された辺りから意識が変わる。



一体、自分はどうしたいのだろうか??


老いていく親の面倒を今後見ていくことを考えると(あ、今はピンピンしているけどホントに今後のことね?)自分の地盤を固めていく必要があり、家の管理を譲ると言われていて、リフォーム等々の費用が必要。

今の会社が大きく変わることってあるのだろうか?と役員クラスではないものの、そこそこの力がある所長さんとコッソリ話をしてみたが、現状が変わることはありえないだろう。
だから他県では役員クラスが自分で会社を興しているという話などイロイロ聞くことができた。

では今の会社でたとえ管理職に上がったとしてもほぼ増えない給料を削って生きていくのか?
転職したとして・・・爆発的に給料が増えるなんてありえない。


親のこと、自分の老後のことなんて一切考えずにただ刹那的に、現状維持で、自転車操業的に生きるならそれも道ではあるんだろう。
住み慣れた故郷を離れ、親と連絡を取らず、一からにはなるけど同じ業種なら資格と経験で誤魔化して生きていけば多分できる。


でもやはり親は大事にしたいし、自分の首を絞める、損な生き方ではあるんだろうけど色々背負うしかないんだろうとも思う。

では??
どうする??
目下はお金だろう。



ということで結構悩んだし、口の堅い管理職さんに訊いてみたりして・・・
起業という道が検討に値するという結果に。


勿論、超えないといけないハードルも多く、現実になるか・・・まだわからないけど。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事