ここから本文です
毎日更新はできないけど、思いついたことを記録します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

同僚で友人のがん告白

前の職場で一緒だった同僚で友人だった人から突然の飲み会のお誘い。
今日か明日と言われたけれと、私のことをずっと心配してくれていたので
私を元気づけてくれるのかな?と即答で参加表明。
3人での予定がいつのまにやら8人まで膨れ上がり、あまりの楽しさに時間を忘れていると
最後に幹事だった友人(男性)から、では僕から一言。。

その内容が
今月初めに膵臓がんステージIVの診断されました。手術不能なため、初回の抗がん剤治療を受けました。
3週間単位で抗がん剤治療をしていきます。
と。。

ショックでした。この友人(同僚)とは、前の会社で一緒でよく喧嘩しました。
犬猿の仲だったこともあります。
その後、彼が会社を辞める頃には仲良くなり、移った会社に私が呼ばれて、一緒にアメリカ珍道中もしました。
びっくりしたのは、彼の英語はひどい(笑)。。でもそれでも通じてる。。
日本人は英語が完璧じゃないと人前ではなかなか話さないのに、私レベルの者が聞いても間違っているのがわかるくらいひどい。
それでも負けじと外国人に挑んでいく。。外国人からはまたお前かーーーという感じで思われてもひるまない。
その存在感たるやすごいのです。英語がスラスラ話せる人よりも彼は覚えてもらっている。
そんな人。

その彼からの突然の告知。
治療したのは標準治療なの?と聞くとたぶんと。。薬はAとBとCを入れてる。???(なーにそれ)
Cは5FUであることが判明。

薬の名前は覚えてないみたいだけど、元々超がつくくらいなオタクな人なので、英語でもいろいろ調べているみたい。
私も家に帰ってちょっと調べてみたけど、大腸癌と同じ薬(オキサリとか)もあるので、副作用の時の話などは聞いてあげられると思う。

GI-SCREEN-Japanは膵臓がんも対象のようなので、遺伝子検査についても話してみようかと思ったけど、手術していない彼の場合は検体がない。
GI-SCREEN-Japan自体も今は募集していないようなので下手に期待を持たせてもいけないのか悩みどころ。

仕事大好きな彼は、1回目の治療の後、5日後には出勤しているよう。今日も鶏肉をたらふく食べていたので、食欲もありそう。
夫と違って見た目は全く変わらない彼。でも、病魔にむしばまれている。

膵臓がんについて情報お持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
もう誰も失いたくない!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事