ここから本文です
毎日更新はできないけど、思いついたことを記録します。

書庫日記

記事検索
検索

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

せん妄と不穏

先週木曜からドルミカムを0.5追加して、1.5筒 にしました。
1アンプル2mlなので、まっさらの2.5mlのシリンジに1mlずつ吸い上げて1つは冷蔵庫に保管しています。
一度輸液に使った針などは再利用しません。

初日はあまり効果がなく、翌日は効果ありで穏やかな日が過ごせたのですが、また次の日がだめ、1日置きに眠れる日と眠れない日がやってきます。
日曜の夕方までは穏やかに過ごし、その後、19時頃から翌朝4時頃まで騒ぎっぱなし。
よく、病棟で騒いでいるお年寄りいませんか?大声で、誰かを呼び続けたりしている人。
まさにあの状態。
カロリーは1日800kcal以下しか摂取していないのに、よくもあれだけ長時間大声が出せると思うくらい、騒ぎまくり。
朝方3時に、「あのさ、入院してるとき、さちこーーーって騒いでいたおじいさんいたでしょ、あれと同じだよ」というと、「えーーー!ほんとう!」と甲高い声で一瞬はビックリしたものの、すぐにまた騒ぎ出します。

殆どが、あーーとかうーーとかが多いのですが、2000人はいる会場を予約しろ、テープレコーダー(古!)も用意というので、いまどきテープレコーダーなんてないよ、ICレコーダーでいい?と聞くと、泣きべそかきながら「使い方わからないよーーー」と。。。
使い方は私が教えてあげるよというと、自分でできないなんて情けないとまた泣いています。(小さな子供が泣く感じ)
この間、目をあけることはなく、口だけが動いている状態。
数時間後、あの件どうした?と聞かれるので何が聞くと、予約の件だよ。というので、予約したよ。テープレコーダーも買ったよというと安心して眠るのですが、また数時間後、あの件どうなった?と繰り返し。

同じ日、私の名前をいい、この人わかる?と聞いたら、あ、その人は、お芝居で、俺の恋人役の名前。
そうか、私は芝居での恋人役なんだ。。

少し前までは、1日の中で私のことがわかることもありましたが、最近は、先生と呼ばれたり、妹の名前で呼ばれたり、私の名前で呼ばれることはありません。

日曜の夜は何をやっても殆ど効果がなく、
ソラナックス2回、レスキュー3回、レスリン1回、リフレックス+レスリン(1回)→これで1.5時間だけ眠れました。
最後に下痢していたのでもう多めでもいいと、ダイアップを10mgしたところ、その後は眠ってくれました。
正直、私へとへとです。


日曜夜の状況を訪看さんに話し、ドルミカムを増やすかと聞くと、オキファストを少し増やそう、0.1とかいう単位ではなく少し多めにと、0.3増やすことにしました。2.5ml/h
2.5にしたからでしょうか、レスキューするとすぐに眠りにつき、今日は夜のリフレックスも飲まずに眠っていますが、ろれつの回りがますますひどくなり会話がほとんどできなくなってしまったのが少し寂しい。面白い話聞きたいのに。


■陰嚢の腫れ

先週金曜日くらいから、陰嚢が固くなってきました。これを訪看さんに相談すると、むくみではないか?と言われたのですがちょっと違うきがしていました。
月曜になると、赤くなり腫れています。おむつ交換の時に少し痛がることも。
今日また相談すると、ばい菌が入ったかもしれない。と
ちょうどその後、訪問医の診察もあり、状況を説明すると、感染していると思うが、今の体の状態では抗生剤も負担になるので、1筒だけ抗生剤(名前は忘れました)を使い、後は塗り薬の局所療法ということになりました。が、どちらも殆ど効果はなく、抗生剤はこれ以上悪化させないため、塗り薬は気休め程度のようです。

リンデロン(ステロイド剤)を使っているため、炎症には効果があるのですが、逆に、感染のリスクは上がってしまっているのだそう。(友人談)
これ以上悪化せず痛みが出なければいいのですが。

介護ストレス

在宅介護が始まって、丸4か月が過ぎています。
初めのころは介護も楽だったのですが、寝たきりとなってからは自分の時間が取れなくなりました。
10月の血圧低下時から、仕事もお休みをいただいます。
外とつながりのある仕事は、睡眠不足になりながらも、精神的なバランスを保つためには程よいものだったのだろうと思います。
睡眠不足と自分の時間を持てないストレスで限界に近づいていた頃、
夫は、尿をするときにおむつを下して(パンツを脱ぐ感じ)するようになりました。
気づいたときには止められるのですが、気づかずにいると、シート、シーツ、下着、おむつなど全取り替えになります。
これが毎回続き、あげく、防水シートがずれてしまっていて、マットまで汚れてしまったとき、
”ちがうだろーーーー”の豊田議員が降臨してきました。

その前から嫌味を言ったりしてしまっていたのですが、この日は一言、ここはベッドでトイレじゃない!といったとたん、堰を切ったように夫へ集中砲火。
おむつは全く汚れず、下着(シャツ)と紙のシートなどが汚れているのはどれほどむなしいかわかる?
せっかくおむつしているのに、ほんの少し端が汚れただけで交換となり、おしっこするたび、下着洗って、おむつの中でしてよ!・・・・・続く・・
頭の中では、夫にいってもわからないから仕方ない。とは思うのですが、一度言葉を発ししてしまうと止めることができません。
翌朝反省していると、普段はろれつが回らず、意識もはっきりしていない夫が、
「こんな体の俺に何を要求するわけ?」「こんな体で何ができるんだ」とはっきりとした口調で責められました。
これを言われたとき、私も正気に戻りました。

要求しているんじゃなくてお願いしている、ここはベッドで、トイレじゃないんだから、おむつの中でしてほしい。
すると、夫はベッドではなくトイレでしていると。朦朧としているときには区別がついていなかったのかもしれません。
その後、もう一度、ベッドでは、おむつを下さず中にしてほしいとお願いして猛省。

その後もおむつを脱ごうとする行為は変わりませんが、大災害になることはなくなっています。


■私は誰?

おむつのストレスに加え、この頃夫が私のことがわからなくなっていました。
あなた誰?と言われたり、奥さんの名前は”りかちゃん”(私とは全く違う名前)”あきちゃん”というときもありました。
なら私は誰と聞くと、しばらく考えた後、パートナーと。
ただ、パートナーと奥さんは違うようで、奥さんは”りかちゃん”。

嫉妬心など一切なく、名前忘れちゃったのねくらいでいたのですが
次に出る名前は、夫の母と妹の名前。私のことも妹の名前で呼ばれることもあります。
これが大爆発させた原因の一つ。
夫が呼ぶ家族の名前。これが私のストレスでもあるからです。
ここまで一生懸命世話しているのに、私のことはわからなくなり、あまり協力的でない家族の名前を呼ぶのか?
という感じだったのです。
むなしい気持ちでいっぱいでした。


猛省した後は、私の気持ちも少し落ち着いています。

在宅美容とマッサージ

やっと、夫の散髪ができました。
在宅美容(訪問美容)は探してあったのですが、体調が思わしくなく、じっとしていられる時間が少なかったので見送っていました。
ドルミカムと通常の内服薬の組み合わせで、穏やかな時間がコントロールできることもあるので依頼してみました。

今回依頼したのは、カットとドライシャンプー。
依頼先ホームページのメニューを見ると、シャンプーの項目に、水を使ってのシャンプーとドライシャンプーの2種類があり、ベッド上で水を使って洗ってもらえる方が気持ちいいだろうと思い、そちらを希望したのですが、この装置を持っている美容師さんが少ないため派遣は早くて3週間待ちとなるそうで諦めて、ドライシャンプーを選択。
依頼してから、約1週間で派遣してもらえました。

今回利用したシステムは、全国規模?で出張美容をしてくれる美容師さんを束ねている派遣元で、住所と希望するメニューを伝えると登録されている美容師さんの中から派遣可能な人をピックアップして、連絡していただけるものでした。
夫の場合、ベッドから起き上がることはできませんので、ベッド上でのカットとドライシャンプー、出張費で6500円というコースです。
髭剃りもお願いしたかったのですが、美容師さんなので、電気カミソリ利用になるというので依頼しませんでした。

当日あらわれたのは、コートを着て、ダメージジーンズを履いたグラサンかけたお兄さん(30歳くらい?)。スタスタ何も持たずに歩いてきたと思ったら、背中に大きなポーターのリュックを背負っていました。
頭は全く起こせないのかと聞かれ(起こせないと後頭部のカットの仕方が変わるらしい)、血圧を計り夫に確認して、ベッドを35度くらいに傾け(お兄さんの希望は45度だった)、背中に厚めクッションを入れて頭とベッドとの間に隙間をつくり、私が頭を押さえる形でカットがスタート。
ほんの少しの水をシュッシュと吹きかけてカット。襟足は、バリカンを使ってザクザクと。
正直いって、雑。(笑)、でも、丁寧にやられてしまうと患者の負担が増えるためこれは仕方のないことだと思います。
カット自体は15分もかからず終了。
その後にドライシャンプー。これは、私が自宅で使っているものと同じだったので、依頼しなくてもよかったかなと思ったりしたのですが、私も楽したいので、シャンプー代1000円は仕方ないかな。

一度これくらいでいいですか?と聞かれたところにもう少しと言ってしまった私。
終わってみると、ちょっと短くし過ぎた感じ。
でも、すっきりして男前が上がりました。頭頂部の薄いのが目立つ形になっちゃったけどね。



■マッサージ

午前は、カット。午後はがん友さんのマッサージ。
前日、テンピュールからエアマットに変えたためか、背中の痛みを夫が訴えていたので、背中のマッサージをお願いするつもりだったのですが、午前で疲れたのか、ぐっすり眠っており、脚をマッサージしてもらうことになりました。
脚は足首、太ももの浮腫みがひどく、昨晩は、証拠写真撮って、脚が1本生えてきて、3本になった。と何枚も写真を撮らせれていました。
3本の意味は、脚の付け根が浮腫み、おむつで圧迫されている内腿をもう1本生えてきたと思ってしまったようです。
鼠蹊部を流してから、足首からマッサージする方法を教えていただき、がん友さんが帰った後の足首を見るとかなり細くなってました。
いつもいつもありがとうございます。

今日は1日、疲れただろうけど、すっきりさっぱりできてよかったね。

タイムスリップ

最近、夫の記憶は若い頃に戻ってしまっているようで、私のことを忘れていることもしばしば。
時をかけるおじさんで、いろんな年代にタイムスリップしているようです。
年代によっては、あなたは誰?知らないと言われることもありますが、母親や妹のことは覚えています。
まあ、生まれたときから一緒だった人にはかないませんね。

毎朝、今日は何年何月何日?と聞かれるので
2017年と答えると、えーーー!2017年!?と。

現在の住まいの住所(地名まで)も言えない時もあります。
夜中に、誰かいませんかー。○○(妹の名前)と呼ぶのでいませんよ、”ちろ”(私の名前)ならいます。というと、その人知らないと言われたり

今日は何を怒ったのか、ソラナックスとフラッシュどっちにする?と聞いたら、一緒にいた義姉に、私のことを指さして、
この人さー、決めろっていうんだよ、会計の時ももめてさ、まったく。何なんだよ。
と。。

クレームの時もありますが、昨晩は、「ネタ合わせしよう!」と言われたので
え?どこで?お茶しながら?というと
「うん!」と言ったりと。。
ちなみに、私が大阪弁で、あきまへんなぁ。と言ってみたら、無視されました。
正気のころネタ合わせなんてしたことないのに。
大阪時代にタイムスリップしていたのかもしれませんね。
関東人の下手な関西弁はむかつくようです。

正直、毎日唸り続けて眠らないときがあり、ノイローゼになりそうな時もあるのですが、1日1回、ほぼ夜中の時間におもろいことを言ってくれるのでそれが楽しみになっています。
今日は夜中ではなかったですが、19時頃にフラッシュをした後、
もうフラッシュはしなくていい。と真面目な声でいうので、なんで?誰かに言われたの?と聞いたら。
俺がそう思う。
フラッシュすると、人を愛することができなくなってしまうから、もうしない。。
その後軽く眠り、起きた途端フラッシュ!でしたけどね。

言葉ははっきりしないけど、バトラースプレーをシュッシュ!と口にスプレーすると、少しだけ滑舌がよくなるので、少しの間会話が楽しめます。
今晩も何か面白いことを言ってくれるかな。


ドルミカムを開始して3日目、想定していたほど薬の効果が出ていません。
この薬については夫も普通の人と同じ量でよさそうです。

日中は、身の置き所がないのか、足マッサージをねだられます。
ソラナックスやレスキューは回数は減ったものの、使い続けています。
訪問医はオキファストのベースを上げたほうがいいというのですが、0.1あげても過去に変化はなく、といって0.5など大きく変えるつもりもないため断り続けています。

ある有名な緩和医療の医師の新聞記事に、いまだにモルヒネに頼る医師が多いことは嘆かわしい的な内容の記事を読んだからでしょうか。どうも、麻薬系で鎮静させるということには同意できないのです。

ただ、今のドルミカムの量では不足しているため、ドリミカムをもう少しあげられないのか、確認してみるつもりです。
駄目な場合は、ダイアップなどは使い続けてよいということなので、ダイアップも試してみるかもしれません。

今日の昼も、辛い、もっと薬は入れられないのかと訴えられ、今度先生に聞いてみるねと応えたあと、しばらくすると、死にたくないよと訴えるように言われました。
夫の中でも葛藤がつづいているのだろうと思います。


■木曜だけの奥さん

夫はいろんな夢を見ているようですが、毎日少し笑わせてくれています。
昨晩の面白発言は。

(夫)奥さんは、木曜だけの契約だけど、ほかの日も看病してほしい
(私)ほかの日も、大丈夫だよ。
(夫)え?ほんと?仕事はいいの?
(私)大丈夫だよ
(夫)東京なの?
(私)家でできるよ

夫が罹患してからは、泊まりの出張はいれていないのですが、かなり前の記憶がよみがえってしまったのでしょうか。
しかし、週1の妻という発言はどこからくるんでしょうか?
曜日ごとに違う奥さんがいたりして・・・



全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事