ちもの日記

早く良くなりますように。

今日のももちゃん

[ リスト | 詳細 ]

今日のももちゃんの様子を書きたいと思います。
記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

MRI… ケータイ投稿記事

無事に終わりました。

薬を飲んで眠らせてからのMRI撮影だったんですが、MRIに入った途端に裕翔が起きてしまい、もう一度、薬を飲ませ眠らせてから撮影。また途中で泣くんじゃ…とハラハラしてましたが次は起きることもなく無事に終了。

その後、診察室に入ってMRIだけでは何か分からないので、エコーを使って診てもらいました。

結果、水みたいなの(正確には何か分からない)が溜まって「嚢胞」になっているそうです。ただ診る限りでは良性の嚢胞で脳に繋がっていたり、他の器官に繋がっていたりすることはないみたいなので一安心。
「類皮嚢腫」「粉瘤嚢腫 」が考えられるそうです。
処置としては、そのままにしておくと、どんどん大きくなって他の器官を圧迫したり、バイ菌が入って感染し腫れる可能性があるので手術して取ることになりました。…が、すぐに手術しなければならないということも無いので実家近くの山城病院に転院して相談することにしました。

手術は全身麻酔になるので心配だけど、少しは安心出来ました。

イメージ 1

昨夜から熱が出ている私。
なるべく熱が出ないように冷えピタを貼ったり、早く布団に入ったりしていたのに、裕翔の授乳のたびに熱を測ると、どんどん上がり朝には38℃(;_;)
もともと平熱が35℃くらいなので37℃を超えると、頭が痛くなって動けなくなる。しかも今回は喉も痛くて声が出ない…。
本当は今日、自宅に帰る予定だったのに親やパパに反対されて帰れず(┳◇┳)
いったい、いつになったら帰れるんだろう…。

ただ、こんな時でも、曾祖母ちゃんと曾祖父ちゃんの新しい保険証が自宅に届いていたので各施設に持って行ったり、曾祖父ちゃんの入所待ちしている施設から入所申し込みの更新用紙が届いたりとやることはたくさん(T_T)

ちなみに百華は軽度のノロに感染したみたいで下痢が続いてるし、パパも風邪ひきさん(T_T)
元気なのは裕翔だけです。頑張って早く治さなきゃ…。
どうか裕翔にうつりませんように。

写真は、いつもは私のほっぺを触りながら寝るのに今日は裕翔のほっぺを触りながら寝ている百華です。

百華のトラウマ… ケータイ投稿記事

イメージ 1

百華は大の病院好き。病院に行くのも好きだし、診察してもらうのも好き。担当医の辻井先生や藤井先生も好きだし、お薬を飲むのも好き。
26日の朝食で飲んでいたお薬が無くなり、その後は病院に行かず様子を見ていました。すると鼻水はダラダラ、背中(特にお尻付近)の湿疹は復活。あまりにも鼻水が止まらないし痒がるので病院に連れて行こうとすると…断固拒否。何度「病院に行ってお薬もらおうね」と言っても「もーちゃん行かないの」と拒否。
百華が通院してる山城病院は私が裕翔を(もちろん百華も)産んだ病院。私が裕翔出産のために入院していたのがトラウマ(病院=ママ入院)になったみたいです。
あれほど大好きだった病院に行くのを拒否したり、私やパパが「病院に行く」と言っただけで「ダメダメ」と大泣き。病院好きも困るけど、これだけ拒否されるのも困る。
マイペースに成長中の裕翔。先週からお腹に蚊に刺された跡のような湿疹が出てきて様子を見てたら、この2〜3日で急に足にまで広がってきました。多分、乳幼児湿疹だろうと思ったけど百華の時は小さいブツブツしか出なかったので念のため1ヶ月検診を待たずに小児科を受診。
とりあえずは乳幼児湿疹だろうと塗り薬(アンダーム軟膏)をもらいました。ただ、これ以上湿疹が急に増えたり、水ぶくれになったら水疱瘡かもしれないから、すぐに病院に来てねと。まだ実家の近所を散歩する以外、外出なんてしてないのに(泣)
パパが仕事先、もしくは百華やじいちゃん、ばあちゃんが外出先(買い物に行くスーパー)で菌をもらったのかな…。水疱瘡でないことを祈る…。
ちなみに今日の小児科医は藤井先生でした。裕翔の診察だったのに百華のことも聞いて下さって私の入院がトラウマになったこと、鼻水&湿疹が出てることを伝えたら前回と同じお薬を出して下さいました。どうやって病院に連れて行こうか悩んでたので藤井先生の心遣いには感謝です。
実家に帰って百華にお薬を渡すと…「もーちゃんね、お鼻出てるからお薬飲みたかったの。でもね、病院に行くのは嫌だったの。だからお薬もらってきてくれてありがとうね、ママ」と。もちろん大爆笑でした(笑)
写真は私が裕翔におっぱいをあげていると横に座り自分のおっぱいを出してプーさんの人形に飲ませている百華です。飲ませ終わったらきちんとゲップまでさせています(笑)

子育てって… ケータイ投稿記事

「自分で進んで動きなさい。何でも自分でしなさい。」
何気ない言葉かもしれない。でも今の私にはきつかった。
裕翔が産まれて23日が経つ。皆、安産だったし私も裕翔も元気だから良かったねと言う。
でも実際は羊膜が残ってたり、その影響で大量出血。今も少し動いただけで出血する。1ヶ月以上、頭が下がった状態が続いてたから産後、股関節が痛くて歩くのさえ苦痛だった。今は股関節はマシになったけど左膝が痛い。ただ「出産が楽」だっただけで、あとはいろんなトラブルがあった。親には心配するだけだから言ってない。
やっぱり自分の実家だけど家族全員で里帰りしてるから気を遣う。だから退院直後から積極的に家事を手伝ってる。どんなに膝が痛くても出血してても、しんどくても黙って手伝ってる。
百華と裕翔の面倒は基本的には私。私が外出する(裕翔の物を買いに行く)時と沐浴以外、裕翔は私がみてる。百華も家にいるときはみてるけど自分の意思でじいちゃんやばあちゃんの所に行ったら任せてる。
私なりに迷惑をかけたくないから頑張って家事を手伝いつつ子育てをしているつもり。だからパパが帰って来た時くらい百華や裕翔の面倒を見て欲しい。
でも、じいちゃんはパパが百華や裕翔の面倒を見るのが気に入らない。仕事が終わり疲れて帰って来ているパパをゆっくりさせてやれと言う。パパにも言われた。
私、そんなにパパが来たら甘えて何もしてないのかな…。自分なりに頑張ってるつもりなんだけどな…。何か無性に悲しくて涙が止まらない…。

裕翔の出産・・・

イメージ 1

裕翔が産まれて早20日が過ぎました。忘れないうちに・・・。

2月4日
午前0時50分:寝ていると急にお腹が痛くなり慌ててトイレにこもる。
      (下痢だと思ったので・・・)
       しかし頑張っても出ないので布団に戻り寝る。
午前1時20分:またお腹が痛くなり、もしかして・・・と思い、時計を見る。
午前1時24分:再びお腹が痛くなる。もう一度、様子を見る。
午前1時27分:再びお腹が痛くなり、陣痛だと確信して両親を起こす。
午前1時30分:病院に連絡。入院準備をする。
午前1時50分:病院に到着。内診すると子宮口が、すでに全開。
午前2時00分:分娩室へ。しかし点滴などの準備が出来ておらず、いきみ逃しをする。
午前2時15分:点滴などの準備が出来て、やっといきんで良いと許可が下りる。
       人工破水する。
午前2時28分:裕翔を出産。しかし、なかなか胎盤が出ない。胎盤が出た後は会陰切開の傷を縫われながら残った羊膜を取り出す処置を受ける。処置後、裕翔を抱っこして分娩室で2時間過ごし病室へ。

私が来る少し前に破水した妊婦さん(初産)が入院されたんですが、なかなか陣痛がつかず陣痛室で様子を見ている間に私が来て、あっという間に裕翔を出産しちゃいました(笑)
ちなみに、その妊婦さんは午前9時30分過ぎに元気な女の子を出産!

<エピソード>
・陣痛が来たので両親を起こしに行ったら、お父さんが起きなかったり(お母さんはすぐに起きました)、起きたと思ったら「お父さん、靴下はいてたっけ?」と寝ぼけるし、病院の入り口で車のエンジンを切り停めようとするし(きちんと駐車場に入れてもらいました・・・)、お父さんはかなり慌ててパニックになってたみたいです。いつもは冷静なお父さんなのに(笑)
・私は陣痛は痛かったけど今回は何故か余裕で、いきんでいるとき以外は常に助産師さんと喋ってました。陣痛の痛みに耐えるとき、TOYOTAの企業広告の翔ちゃんの笑顔を思い浮かべてたのが良かったのかな(笑)

<トラブル>
・羊膜が全て出ないままの出産だったので、出産後、羊膜を取り出す処置を受けました。また、これが気持ち悪くて・・・。子宮の中から羊膜を引っ張り出すんだけど、子宮の中をかき回されるような感じだったので陣痛の痛みよりも耐えるのが辛かったです。全部、取り出すのは不可能だったので残った分は自然に出るのを待つことに。
・産後2日目の夕方から足が浮腫んできて翌日にはパンパン。先生に漢方薬を処方してもらい今は浮腫みも取れました。
・退院前日に子宮内に溜まっていた悪露が一気に出て大量出血。着ていたパジャマ&下着は血に染まりました。そして床も血溜りが出来て私が歩くたびに血が落ちる・・・。思い出しただけでも貧血になりそう(泣)
と、いろんなことがありました。

でも裕翔が無事に産まれてきてくれて本当に良かったです。
2時間おきの授乳で寝不足だから辛いけどね(苦笑)

百華は、赤ちゃん返りがピークなのかな・・・。分かってはいるけど、また怒ってしまって反省中。明日は怒らないように頑張ろうっと・・・。

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事