ちわわのちーたろうとわたろうとの幸せ生活

ちわわのちーたろう(3、3kg)とわたろう(2、6kg)との無職生活

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

僧帽弁閉鎖不全症

 
毎度更新ごとに書いていますが、みなさまご無沙汰ぶりでございます。
 
本日あまりにショックなことがありました。
 
今日はちーわー、ふたりとワクチン接種に行ってきました=3
ついでにフィラリアの検査も。
 
ここ最近、わーちゃんが階段の昇り降りが辛そうだったんです。
ちょっと太ってきちゃったのもあったのでそれが原因だと思っていました。
 
最初にそれを先生に言ったら、後足のひざのお皿が元々はずれやすいと。
でも痛がらないので突然ではなく慢性的なものだったのだと思うと。
今まで言われなかったのでびっくりしました。。。
脚が痛いからそれをかばうようになって腰にも負担がきてしまったのかもと。
 
そして、もうひとつ。。。
 
心臓に雑音があると言われました。
更にショックなことに、ちーちゃんも。
前回の診察(去年の7月)にはふたりとも何にも言われなかったのに。。。
 
病名はおそらく『僧帽弁閉鎖不全症』だと言われました。
心臓病で、小型犬の高齢犬はなりやすい病気だそうです。
人間にもある病気だそうですが、わんこの場合完治する治療法はないらしく
進行を遅らせるために薬を服用していくしかないそうです。
 
この病気になったからといってすぐにどうこうというわけではないようですが
とにかくとにかくショックでした。。。
まだ7歳と8歳なのに。
しかもふたり共って。
 
原因ははっきりはしてないそうですが、いろいろある内のひとつに
『ストレス』がありました。
 
間違いなく、娘が生まれてからちーわーに寂しい想いをさせています。
今まではどこに行くにも一緒だったのにお留守番ばかりですし、
家でもお散歩でも娘ばかりを相手にし、ちーわーはかまってあげれませんでした。
 
本当に反省です。
ちーわーにも何度も謝りました。
病院の後は公園にお散歩に行ったのですが
今まで当たり前と思っていたお散歩。
このみんな健康で元気にお散歩できるということが
『当たり前』ではないということなんですよね。
どれだけ『今』が幸せなことか改めて思いました。
 
気づくのが遅かったですが、これを機に
主人も私もめいいっぱいの愛情をちーわーに注ぎます。
寂しい想いをさせてしまったちーちゃんわーちゃん。
本当にごめんなさい。
 
とりあえず1ヶ月薬を服用し、もっと詳しい検査をしてもらいます。
どうかどうか、大きな問題がありませんように。
むしろ今回が誤診であるのでならば嬉しい限りですが。。。
心配で不安です。
でも食欲もあり、元気なふたりを見ると安心します。
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事