Chishin's Fantasy World

七星の趣味や日常を綴るブログです。日本時間での更新です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

4月14日(月)
土曜日は原宿にあるSHIBUYA-AXで開催された「魔法先生ネギま!部(仮)ダブルイベント」に行ってきました。これは応募者のみのイベントで、日頃の行いが良かったのかどうかは分かりませんが、無事当選メールが先週来たので喜び勇んで上京しました。去年の後半はずっとアメリカだったのでネギま!のイベントに参加するのも去年3月17日の「ネギpon!?全員参加イベント」以来一年ぶりです。会場に4時過ぎに着くと、もう既にそれらしき方々たちが揃っていました(笑)。
まずは今日の会場限定販売の「らすてる。」のシングルCD「Chuttie Magic」を購入して開場の5時まで待機です。私は整理番号では丁度真ん中ぐらいで入場しましたが、真ん中の前から5人目という好スポットを確保出来ました。さすがにここで飛び跳ねたりは余り出来ませんが、掛け声を掛けたり叫ぶのは問題なく出来る位置でしたし、実際いろいろ叫びました(爆)

開始前の5時45分位に急に場内が騒がしくなったので後ろを振り返ると、関係者席(2階席)に赤松先生が到着!いろいろと「赤松!」などと掛け声がかかる中、着席し、いよいよ始まるといった興奮感が場内に漂いました。照明が消え、TVドラマ「魔法先生ネギま!」で御馴染みのBGMが流れ、イベント開始です!司会はニッポン放送の吉田アナ。何でも大麻帆良祭の客席にいたそうでなかなかに心強い司会です。

まず前半は、TVドラマ「魔法先生ネギま!」から生まれた3つのユニット「pRythme」(麻生夏子=長谷川千雨、河瀬ゆり=佐々木まき絵、椋木えり=村上夏美)、「A×K」(若月さら=神楽坂明日菜、藍原みほ(旧名:近藤未穂子)=朝倉和美)、「らすてる。」(和川未優(旧名:和川美優)=宮崎のどか、片岡沙耶=鳴滝風香、山本真菜香=鳴滝史伽)によるコンサートです。
トップバッターで登場したのは「らすてる。」の3人からで、お揃いの色違いの衣装で登場しました。まず最初の曲は 屬っとドキッと!<らすてる。ver.>」です。これは散歩部3人の曲ですが、楓の代わにのどかが入っています。楓役の声とのどか役の和川未優さんの声は結構似ているような感じがするのでこれは全く見事な感じでした。続いて◆屮肇皀瀬note#<らすてる。ver.>」が来ました。もともとは図書館3人組(夕映・ハルナ・のどか)の3人の曲ですが、この中学生3人のバージョンも元気があって良かったです。それから3人によるトークの後、この日会場でのみ先行発売された「らすてる。」の新曲「Chuttie magic」のお披露目です。可愛い曲で、この3人に歌わせたのは正解だと思います。風香役の片岡さんが「今度のライブでは吹奏楽部で吹いているフルートを持って来る」なんてトンデモ発言をしていましたが、実現したらスゴイな〜

次に登場したのは「A×K」の2人です。まずはぁ屬弔茲なーれ (A×K ver.)」です。この曲はオリジナルの明日菜・木乃香・刹那バージョンよりもこの和美&明日菜バージョンの方がいいです。その後のトークでは、「最初の「らすてる。」が可愛い感じなので「A×K」はアダルトな感じで攻めてみました」と言っており、確かに衣装はそんな感じでした。幼い(?)「らすてる。」への対抗意識から「A×K」をポーズで表現しようとしたのですが・・・「K」の字が逆ですね(汗)2人ともがボケ役であり、突っ込み役不在で自己完結というとてもアダルトな感じの全くしないボケボケのお笑いトークでした。そしてドラマ「魔法先生ネギま!」の最終回エンディングのァEndless Sky」に!この曲は先週発売されたCDを早速買って聴きましたが、ネギま!にしては珍しい叙情的な静かな曲でものすごい名曲だと思いました。この「Endless Sky」では不覚にも涙が出てしまいました。

最後はお待ち兼ねの「pRythme」が登場!どの曲で始めるのかと思っていましたが、予想通りドラマの後半でエンディングに使われたΑkIzuna」でした。大喝采のなか、休みなしでАMove On! (pRythme ver.)」に突入!もともとはまき絵・千雨・あやかの3人の曲ですが、あやか役のおおつか麗衣よりも夏美役の椋木えりの方が歌唱力が上だと思うのでこれはこちらのバージョンで大満足です。その後、自己紹介の後でトークに移りました(余談ですが、この3人の時は二階席から「お姉ちゃ〜ん」という子供の掛け声もありました。誰の妹だったんでしょう?)。
トークの途中で、Webラジオの話が出て、その中の「ひよこの鳴き声」が何と椋木えりによるものだということが判明!場内皆で「聞きたい〜」と叫んだら本当にやってくれました!たしかにWebラジオで流れているのと同じでこれはさすがにビックリしました。しかし驚きはこれで終わらず、今度は5月21日にpRythmeのミニアルバム発売をアナウンスし、場内が大歓声になった所で「その新アルバムから2曲」のアナウンス!どんな曲だろうと思って─Get A LIFE」を聴きました。いきなり聴いただけの曲なので詳しくは分かりませんが、いい曲だと思いました。しかし、本当の驚きは、その次の曲で、何と!「1000%SPARKING! (pRythme ver.)」でした!!!!!!

もうムードとしては センスパキターーーーーーーー って感じでした。

この瞬間場内のボルテージは最高潮に達しました。この4分半だけは、私を含めて前列全員が飛び跳ねて思いっきり叫びました(核爆)。
ドラマからネギま!の世界に入ったファンの方たちにとって我々昔からのネギマニアの姿や、センスパの振り付け通りに跳んで踊ってサイリウムを振りかざす光景は信じられない様子だったと思います。この後で麻生夏子さんが、「会場の雰囲気に飲まれて自分もテンションが高くなりすぎて歌詞が飛んだ」と言っていましたが、この「1000%SPARKING!」の時の場内の様子は本当に異様でした。pRythmeの3人もかなりビックリしていたようです。pRythmeの最後の曲はpRythmeデビュー曲の「ユウキノアジ!」でした。pRythmeの3人は結局5曲も歌ってくれました。そして最後に出演した8人から一言ずつ挨拶があった後、8人で待望の「Pink Generation」を熱唱して前半は終わりました。「らすてる。」、「A×K」、そして「pRythme」の皆さん、お疲れ様でした!
明日は後半の模様を書きます。

(曲目リスト)
 屬っとドキッと!<らすてる。ver.>」(「らすてる。」)
◆屮肇皀瀬note#<らすてる。ver.>」(「らすてる。」)
「Chuttie magic」(「らすてる。」)
ぁ屬弔茲なーれ (A×K ver.)」(「A×K」)
ァEndless Sky」(「A×K」)
ΑkIzuna」(「pRythme」)
АMove On! (pRythme ver.)」(「pRythme」)
─Get A LIFE」(「pRythme」)
「1000%SPARKING! (pRythme ver.)」(「pRythme」)
「ユウキノアジ!」(「pRythme」)
「Pink Generation」(「らすてる。」「A×K」「pRythme」)

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

うらやましいっ!うわぁ〜超濃いイベントでしたね・・・読んでるだけで溜め息がでました。うう。めまいが。
いきたかった。センスパ(゜∀゜)━━━━ッ!!2008年春キタ━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)! 削除

2008/4/14(月) 午前 10:46 [ TAMAMA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事