Chishin's Fantasy World

七星の趣味や日常を綴るブログです。日本時間での更新です。

全体表示

[ リスト ]

牧野由依コンサート

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

9月27日(日)
昨日は朝5時半の始発の電車に乗ってマンハッタンに行ってきました。何に行ったかというと、ニューヨークアニメフェスティバルで行われた、牧野由依のライブです!!!
これがアメリカに来て6年目で初めてのアニメイベントです!

午前5時半のMorristown駅を出る始発の電車で午前6時50分、予定通りニューヨーク・ペンシルバニア駅に到着。写真のニューヨークアニメフェスティバル会場のジェーコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターまでは歩いて10分ぐらいで午前7時に到着。もう40人ぐらいが並んでいます。この時はかなり焦りましたが、半分ぐらいはAKB48が目当てで来ている事が分かり一安心です。でも整理券の枚数が分からないうちは不安でいっぱいです。とりあえず配布時刻の午前8時半まではドラクエ修任發靴討譴侈橘簑蠅任后

午前8時20分になるともう150人以上の列になり、予定通りの時間に配布開始。徹夜組と見られる日本人グループは無事AKB48のサイン会の整理券を入手できたようですが、最初の20人ぐらいで配布終了となってしまいました。わざわざ日本から飛行機で来たと思しきスーツケース姿の人たちは呆然として完全涙目でしたorz
私は無事牧野由依さんのサイン会の整理券をゲットし、入場バッジを貰ってそのまま入場の列のほうに進みました。しかしこれもすでに200人ぐらいの列でした(汗)・・・・・・しかし、開場15分前の午前9時45分になると、3枚目の写真のように入場の列は1500人以上という恐ろしい列になっていました。まだ200人ぐらいなら前のほうで良かったと思いました。

午前10時、予定通りニューヨークアニメフェスティバル2日目が開場。私は沢山有る物販ブースには目もくれずに、牧野由依のライブの部屋の前にダッシュで行って列に並びました。おかげで一般の列の8番目という好ポジションをゲット!あとは開演の午前11時半までの辛抱です。午前11時に部屋の中に入ることが出来ました。既に3列目まではVIPパスの人たちで埋まっていたので、4列目の真ん中に陣取りました。場内は400〜500人ぐらいの席が用意されていました。また、会場前で牧野さんにチラシも配っていたのでちゃんと頂きました。ステージの上には最後の写真のようにキーボードが用意されており、弾き語りがあるのが分かって嬉しいです。

どうでもいいスポンサーであるANAの(かなり)出来の悪い宣伝アニメが流れて場内が相当白けましたが、午前11時20分、牧野さんのビデオレターがスクリーンに映し出され、一気に盛り上がります。ビデオレターでは彼女の声優及び歌手としての経歴やCDについて自己紹介がありました。続いて自分についてですが、「細かいことを気にしない朗らかなキャラ」だと自分では思っており、「動物に例えるなら猫(自由奔放・気まぐれだから)」だそうです(笑)。今後は「凛として真っ直ぐな強い女性」又は「のほほんとして可愛らしいキャラ」をやってみたいとのことでした。最後に、アーティストとしての大きい夢は「サントリーホールでオーケストラをバックに歌を歌いたい」、そして近い目標は「作詞作曲とアレンジ、そしてコンサートの中でもっとクラシックコーナーを入れてみたい」とのことでした。これはすぐに実現しそうですが・・・

続いてパリでの映像と上海での映像が流れ、いよいよ開演2分前です。午前11時34分、まずは「ツバサクロニクル」のサクラ役のアメリカ版吹き替えを担当しているMonica Rialが司会として登場し、諸注意を行った後、いよいよ本人の登場です!。

まずはいきなりキーボードに座り「ユメノツバサ」の弾き語り!!!これで一気に彼女の歌声の世界に入りました。続いてはマイクをもってステージに立ち、続けて「ツバサクロニクル」の「you are my love」が来ました!これはシングル「アムリタ」に収録されている名曲で、是非アルバムに入れて欲しい曲の一つです。次の曲はゲーム「アークライズファンタジア」の挿入歌である「天使の梯子〜crepuscular rays〜」です。これはPVを見ていたので多少は聞いていましたが、フルバージョンを聞くのは初めてで予想通りのいい曲だと思いました。次のアルバムには収録されるかな?そして、次の2曲は全く聞いたことが無い曲でした。周りの人のムードからすると、新曲の「春待ち風」と「碧の香り」らしいです(全然違うかも?)。でもこの5曲目の「碧の香り」(だと思われる歌)が凄く感動的な歌で、この曲の名前がすごく気になっています。

ここで再びキーボードに戻り、「次の曲は皆も知っていると思います」とアナウンスがあり、コールされたのは「アムリタ」!!!!
「アムリタ」の弾き語りは絶対に聴きたかったので、最高でした!そして続けて「みんなARIAは知っているかな?」と聞かれたので歓声が上がり、「ARIA the ORIGINATION」より「横顔」でした!これは「ウンディーネ」の次に好きな曲で、この弾き語りも凄く良かったです。

ところで、実は牧野さんのアナウンスは最初の自己紹介を除いて全部日本語でした。というのも、彼女が日本語ででも大丈夫かな?と聞いたときに「モチロン!」と返事をし、「『横顔』は聞いたことがある?」と聞かれて「は〜い!!!」と返事をした私がいたからです(爆)
その後も適宜日本語で掛け声とツッコミを入れ続けたのは私です(核爆)。アメリカの皆さん、何を言っているか分からなかったらゴメンナサイねm(_ _)m

そして、いよいよ「未知の領域」に突入です。何と完全な新曲が2曲も来ました!8曲目は「ふわふわ」というタイトルで、平仮名か片仮名かもわかりませんが、一応平仮名にしておきます。9曲目は「The never ending rainbow」と聞こえたのですが、これも合っているかどうかわかりませんし、大文字か小文字かも分かりませんが、一応こういうことにしておいて下さい。2曲とも素直にいい曲だと思いました。これだけ新曲が4曲も来るということは、もうじきアルバム第3弾のリリースがありに違いないと思います。

最後の曲は何と「たんぽぽ水車」でした!これは感動的な名曲で、10月7日にシングルリリース予定です。このシングルについてはサプライズがあったのですが、それはまたこのブログで書きます。終演後は客席の皆と記念撮影をして終わりました。

ちなみにサイリウムですが、ちゃんと役に立ちましたよ〜☆
私は隣のアメリカ人4人に協力してもらって青サイリウムを振りましたが、新曲で手を振る振りがあったので役に立ちました。また、他の人たちがサイリウムを殆どもっていなかった(何人かは持っていましたが、それでも10人弱でしょうか?)ので、これが目立って牧野さんもこっちに手を振ってくれたので良かったです。

サイン会の様子は明日アップします。最後に(かなり怪しいですが)セットリストです。

(セットリスト)
「ユメノツバサ」
「you are my love」
「天使の梯子〜crepuscular rays〜」
「春待ち風」(違うかも?)
「碧の香り」(違うかも?)
「アムリタ」
「横顔」
「ふわふわ」(平仮名か片仮名かは不明)
「The never ending rainbow」(正しいスペルと大文字の区別は不明)
「たんぽぽ水車〜Yui Makino Version〜」


あと、もし「曲名が違う!」といったご指摘がありましたらお知らせ下さい。すぐに訂正します。

追記:牧野さんの記事が読売にアップされています。
https://yorimo.yomiuri.co.jp/servlet/Satellite?c=Yrm0302_C&cid=1221742020524&dName=Yrm0302Def&pagename=YrmWrapper

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事