わたやんの楽しい人生日記

当たり前に過ぎていく毎日。でもそうじゃないんです。自分が気がついてないだけ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

中央市場祭!

先週の木曜日から、わたやんの売り場では
市場祭りを開催!

いかにも、中央市場の様な店つくりや装飾をし、
市場の人も手伝いにきてくれる^^

お客さんにとっては、本場市場の人に、
いろんな事を聞きながら、買い物ができるチャンス!^^

やってるわたやんも、この中央市場祭が大好きである^^

普段置いてない商品もはいるし、値段も破格値!
今なんて、手のひらぐらいある巨大サザエなんておいてある^^

お客さんが、非日常的な臨場感ある、この祭りで、
楽しそうに買い物してる姿をみてると、
こっちまでうれしくなる^^

この祭りももうすぐ終わり・・
ああ、さみしいなぁ^^;

自分に素直に・・


実は、精神的に鬱ぽかったのか、
書き込みたくても、何を書いていいかわからず、
なかなか投稿できずにいましたww;

いつも、自分なりに、自分の大切な人達や、関わってる人達の事を考え
それが、伝わりいい方に向く、毎日の楽しさに繋がると信じ、
毎日を生きてきた。

かっこよく言えば、自分の事より人の事を考え、生きてつもりなのである。
しかし、いろいろ振り返ると、報われなかった事も多く、
自分の生き方は間違ってるのかと、自信をなくしていたのかもしれない。

この前、昔大好きだった人に久しぶりにあった時、
「もっと、自分に素直になれ、わがままになれ」と言われた。

自分では素直に生きてきたつもりだったので、
以外でびっくりした。

何をいわんとしてるのか、それから考えて過ごしてきたけど、
ふいにわかった。

ずっと、自分の気持ち次第で、事はいい方に変わる。
そう信じ、腹がたつ事があっても、相手がこう思ってるだろなと感じても、
無理にいい方に考えようとしてた。
自分の気持ちを知らない所で、ねじまげてきてたのである。
いわば、八方美人。

気を使ってきた訳ではないし、人に合わせてきた訳じゃないけど、
いい方に解釈しよう、いろんな人がいるんだから、それを受け入ればいい、
そう思ってきた事が、自分の感情を無理に押さえ込んでてしまってたのである。

これに気がついた時、正直何が正しいのかわからなくなった。
でも、いい大人だからと、自分の感情を押さえるのはやめにしようと思った。
もっと感情のまま自分のままでいようと。

うまく言えないけど、人の事を考えて生きるスタンスは変わらないと思う。
だけど、もっといい意味でわがままになろうと思った。

ああ〜何がいいたんだぁ〜!うちは!
みんなにうまく伝わったかなf^^;
http://www.geocities.jp/popsydrop/fairy/kira-line-sy.gif

一生懸命

失敗したり、落ち込みそうになったとき

「だめだめ!頑張らばらないと!」
「こんな事で悩んで落ち込んだらだめだ!」
「自分が悪いんだから、自分が弱いだけなんだから、
しっかりしなくちゃ!」

自分を奮いたたせようと「一生懸命」頑張ってしまう。
そして、どんどんしんどくなる・・

本当は「一生懸命」になる所はこんな時じゃない。
目標に向かって「一生懸命」になる事はいい。

だけど、疲れてる時や、落ち込んだときは、
「一生懸命」になる時じゃなく、自分の気持ちに
正直に、感情にまかせる時。

前を向いて進むとき「一生懸命」頑張る!
起きた事を振り返り、悩んでしまう時はそれはそれでいい。

みんな余裕がないときは、歩こう。
走ってばかりじゃ続かない。

走ったり、歩いたり、そうやって「一生懸命」生きればいいんだよ。

海!

イメージ 1

ただ今、5連休中のわたやんです^^

20日、21日と二日間、会社のみんなで無理やり連休を取り、
いってきました、淡路、徳島旅行!!

まぁ、言う間でもなく、すんごい旅行になりました^^;

始め、淡路に行くと聞いていたのに、明石大橋をわたって、
そのまま鳴門をめざして淡路を横断・・

「ん?あれ・・?」
そのまま徳島に入りとある砂浜で、バーべキュー。
「あれ?淡路わ?」
まっ、いいかww
予定通りに行動しないのが、この仲間wwb

あいにくわたやんは、前日から女の子になってしまい
海には入れなかったんだなぁ;;
みんなおしいなぁ〜わたやんのナイスバディをお披露目するとこだったんだけど
(えっ?見たくないって?またまた〜そんな事いって〜♪見たかったくせにん♪)

さあ、バーべキューで騒いだ後はホテルへGO!
ホテルの門をくぐるなり、
みんなで「げっ!・・・」
ヨーロピアン漂うそのすんごい建物や、朝食やスパに入るだけでもシャトルバスが10分間隔で
運行してるほどの敷地面積!!それだけでも圧倒されたのに、
部屋に入るとこれまたすごい!
部屋がなんと3つもあるわ、お風呂はジャグジーで、おしゃれでとにかく大きい!!
しかも露天!聞くと、なんとスイートルーム!!
「な、なんだか別世界のホテル・・」

このホテルは会員制らしい・・
段取りをしてくれた仲間の知り合いが会員らしく、格安で部屋を取ってくれたらしい・・
しかもサンダルでは館内に入れないのである・・
「えらいとこ取ったもんだなぁ・・・」

この状態なもんだから、みんなのテンションは上がりまくり、
昼間だと言うのに30代40代の、大の大人が集まって、
水着を着てジャグジー風呂に、ビールや備えつけのタダ(←ここがミソww)の
シャンパンを持ち込んでおお騒ぎ!

いかにも、すっぽんぽんで入ってるかの様な写真をとり、
(いや〜この写真載せたかったなぁ)
仕事中の会社の仲間に送りつけ、
わたやんも、短パン姿で参戦してたんだけど、びしょびしょにされ・・

極めつけが、一緒に来ていた仲間の奥さんに、
この風呂はしゃぎ現場を見つかってしまい・・
その後はどうなったか、ご想像におまかせしますwwb

夜も部屋で大騒ぎし、2000円もするバイキングの朝食を食べ、
すんごいホテルを後にしたわたやん達だった。
(ああ、写真撮っとけばよかったなぁ)

その後は疲れもでて、鳴門展望にのぼって、
しばし、自然の雄大さにたそがれ、
帰路に・・

あれ?淡路島は?
「淡路島へ行く旅行ちゃうんかったんかい!」
と突っ込みたくなる大旅行でしたwwb
(淡路を堪能したのは明石大橋だけだったなぁ笑)

ああ、しかし日焼けが痛い・・

サービス業

最近、わたやんはすっきりしない。

プライベートで抱えてる問題もあるけど、
仕事で納得いかない事が多くなってきた。

わたやんの仕事はサービス業で、ここでも書いてきた通り、
鮮魚売り場にいて、食品をあつかっている。
百貨店と言う会社の社員でありながら、「鮮魚」と言う店を、
会社のお金を使ってみんなで運営している。

今まで、いつもお客さまの立場で考え、誇りをもって頑張ってきた。
働いたお金を使って、私達の商品を買ってくれるのである。
その値段に見合った商品を提供するのが当たりまえだし、
接客で商品の事を伝え、喜んで納得して買ってもらう事が、
サービス業の仕事だと今でも思っている。

しかし、会社の方針の影響で、社員の数や全体の人数もへってパート化になり、
サービス残業する事も許されなくなって、
思うように仕事ができない状況になってきた。
今まではたとえ、サービス残業になったとしても、
熱い物をみんな持っていたし、自分が担当してる事は気になったし、
平気で残ってた。もちろん、無理して働く事がいい事だとは思わない。
しかし、会社がまったくみんなの気持ちを無視しているのである。
この事が大きくお客様にも影響してる事に、
会社も、上司も気付いていない。

パート化になった事で、
従業員のレベルも下がって、前の様に熱い思いを持って、
商品が提供できなくなった。
もちろん、商品知識のレベルもさがってきた。
商品の事を満足にしらない人間が平気で販売したり、
あつかったりしているのである。
本人達も納得できる環境ではないし、パートだと言う意識もあるため、
どうしても、私達と同じ様にはいかない。

作業効率の為に、始めから袋に入った商品なども入れだした為、
実際に商品を手にさわる事も少なくなってきた。
前は毎日商品を自分達で詰め、実際に商品を触ってきた。

こうやって、商品知識が薄い人間が増えた為に、
わたやんには信じられない事をやったりする。
「自分やったらその商品買うか?」と突っ込みたくなる事を、
平気でするのである。

仕事がだんだん「作業」になり、知識も薄く、
会社のお金を使って、売り場を運営し、お客様がその商品を、
稼いだお金で買ってくれるからこそ、給料がもらえてる意識を持ってる人間が、
へってきたのである。

お客さんは、私達の売り場を信じ、商品の事を聞きながら、
会話を楽しみ、稼いだお金を使って私達の商品を買ってくれる。
今までは、自信を持って、食べてほしいと思いながら販売してきたし、
それがわたやんは楽しかった。

「ねぇちゃん、おいしかったわ〜!」
この言葉がどんだけうれしいか。

今は正直、自信を持って販売できない時もあるのである・・

だけど、わたやんは上司でもなければ、経営者でもない。
今の状況を変えたくても、変える力はない。

じゃあ、自分のできる事をやろうと頑張ってるけど、
どんどん会社の方針は変わっていくし、
正直自信がなくなってきた。

わたやんの百貨店は地域密着型で、
一元さんよりも、昔から来てくれてるお客さんが、
何度も来てくれる百貨店である。

今の状況もお客さんも肌で感じてる事が、
接客してるとよくわかる。

世の中の状況や、目先の事ばかりにとだわれて、
大事な事を忘れてる、我会社。
進化はしないといけないけど、
うちの会社しかできない、大事な事があるとわたやんは思うんだけど、
わたやんが間違ってるのか・・

ただ、言えるのは昔ほど仕事が楽しくなくなってきた事は事実である。

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事