知財経営研究社/知的財産管理技能検定1級 関連のブログ

「知財検定1級合格マニュアル」の制作・販売元です。

全体表示

[ リスト ]

 . 
 著名な弁理士の奥田百子先生の新著「知的財産関係 条約基本解説」(法学書院)の書評を書かせて頂きました。
 . 
イメージ 1

 . 
イメージ 2


 奥田先生は「国際特許出願マニュアル」(中央経済社)など、数多くの著書を執筆されており、書店の知財関連図書コーナーに行きますと奥田先生のいくつもの著書を目にします。
 . 
 奥田先生とは以前からとある会社を介した接点があり、今回の書評執筆のご依頼は奥田先生ご自身からお話を頂きました。
 . 
 書評を掲載して頂いたのは「受験新報」(法学書院)ですが、これは司法試験の受験者用の専門誌です。
 . 
 ただし、本著「知的財産関係 条約基本解説」の主な想定読者は弁理士試験の受験者です。
 . 
 なんでも、条約関係は弁理士試験の受験者の方にとっても対策しにくいものであるところ、試験制度の変更によって条約関係の重要性が以前より高まっているのだそうです。
 . 
 知的財産管理技能検定1級試験でも、条約は対策しにくい領域ですね。
 . 
 しかしながら、知財検定1級のコンテンツ専門業務ではベルヌ条約関連がときどき出題されます。また、特許専門業務ではパリ条約と特許協力条約(PCT)は頻出分野です。
 . 
 なおベルヌ条約は本著「知的財産関係 条約基本解説」の対象外です。
 知財検定1級に関しては、「特許専門業務」と「ブランド専門業務」の試験範囲に含まれる条約類が本著でカバーされています。
 . 
 本著には弁理士試験の過去問が多数掲載されています。
 . 
 弁理士試験と知財検定では明らかに出題傾向が異なります。
 . 
 弁理士試験は条文そのものに関する深い知識が問われることが多いのに対して、知財検定1級では、より実務的な知見が問われることが多い印象です。
 . 
 なお、本件をブログ等でご紹介させて頂くことにつきましては、奥田先生のご承諾を頂いております。
 . 
 . 
■ 知財経営研究社
   http://www.chizaikeiei.com/
 . 
現在、Webサイトの改訂を進めています。経営支援事業のWebサイトを別に設けます。
http://www.chizaikeiei.net/
 . 
知財経営研究社 代表 プロフィール
https://cybozulive.com/profile/chizaikeiei
 . 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事