知財経営研究社/知的財産管理技能検定1級 関連のブログ

「知財検定1級合格マニュアル」の制作・販売元です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 . 
知的財産管理技能検定1級 (コンテンツ専門業務) 学科試験 
過去問対策 第24回 問1
 http://www.chizaikeiei.com/kakokancon.html

 . 
 . 
問1 資金調達/パススルー課税
 . 
 コンテンツ制作の資金調達を行うに際して、多くの投資家から資金を集めるために、資金調達の受け皿となる組織を設立することがある。この組織は( ① )と呼ばれることがある。この( ① )の組織の形態としては、株式会社や任意組合などを挙げることができるが、投資家にとっては、組織形態によってどのような税務上のメリットがあるかについては関心事である。投資家は( ① )に対して自らの資金を投じ、その見返りとして、( ① )から利益配当を受け取る。ここで、( ① )の所得段階で課税されてしまえば、投資家が( ① )から受け取る利益配当額は目減りしたものになる。反対に、( ① )の所得段階では課税されなければ、投資家はより多くの利益配当を得ることが期待できる。このように、( ① )の所得段階では課税されず、投資家の所得等に課税されることは( ② )と呼ばれている。( ① )の組織形態によって、( ② )の適用がされる場合と、そうでない場合がある。( ② )が適用されなければ、投資家が受け取る利益配当に対しては( ③ )される場合があることになる。
 一方で、( ② )が認められる場合、投資家(出資者)は出資したコンテンツから生じた( ④ )を自らの( ④ )と合算することができる。
 . 
 . 
問1の解答・解説
 . 
 ①投資ビークル 
 ②パススルー課税 
 ③二重課税 
 ④損益
*コンテンツ制作者が自ら資金を出資することもあるため、パススルー課税のメリットが得られるかどうかについては、コンテンツ制作者にとっても関心事となる。
 . 
 . 
■ 知財経営研究社
 . 
■ 知的財産管理技能検定1級の合格のために
 . 
 . 
 . 
知的財産管理技能検定1級 (特許専門業務) 学科試験 
過去問対策 第25回 問1
 http://www.chizaikeiei.com/kakokantok.html

 . 
 . 
問1 知財の価値評価/各手法
 . 
 評価しようとしている知的財産から得られる将来の経済的便益(将来得られるキャッシュフロー)を現在価値に換算し、その額に基づいて価値評価する手法は( ① )と呼ばれている。
 評価しようとする知的財産を取得するためにかかった費用、またはこれから取得するためにかかると予想される費用に基づいて価値評価する手法は( ② )と呼ばれている。
 評価しようとする知的財産と類似する知的財産が取引されている市場の取引価格等を参考にして価値評価する手法は( ③ )と呼ばれている。
 . 
 . 
問1の解答・解説
 . 
 ①インカム法(インカムアプローチ) 
 ②コスト法(コストアプローチ) 
 ③マーケット法(マーケットアプローチ)
 . 
 . 
■ 知財経営研究社
 . 
■ 知的財産管理技能検定1級の合格のために
 . 
 . 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事