心身青年期的超還暦人のカヤック 讃歌

ユネスコの世界自然遺産「山陰海岸ジオパーク:海・湖・川」での悠々カヤック

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
♪ 2017年5月3日(祝) 10:24 菜種島の洞窟 ↑ 東側入り口 
♪ 念のために、洞窟↓進入口を再確認   |   右は洞門↓
イメージ 2
♪ 10:25 波があると入る気がしないのですが・・・ 今回は大丈夫! 
イメージ 3
♪ エ?! 進入は慎重!? はい。洞窟内は狭いので、小さな波でも、岩肌で砕け、海水を浴びてしまいます。小生は、防水でないカメラでの撮影も主目的であり、濡らすわけにはならないのです。
♪ 10:25 とても静かです。 
イメージ 4

イメージ 5
♪  ↑ 10:25 ↓洞窟内から進入してきた東側を撮影 
イメージ 6
♪ 10:26 漕艇をせずに漂っています。艇は徐々に奥へ流されました。 
イメージ 7
♪ 10:26 唐突に、南側から光が差し込んできました。 
イメージ 8
♪ 1027 軽く漕いで、南側の出入り口へ、艇を進めました。 
イメージ 9
♪ 10:27 南側には二つの進入路がありますが、西(右)側は狭く浅い! 
イメージ 10
♪ 10:28 南側へと、洞窟を抜けます。 
イメージ 11
♪ 出入口が双方向にあるので、袋小路の「洞窟」と言うより、双方向の「洞門」の類なのかもしれませんが、洞内の奥は、陽光の具合にもよりますが、天井が低く、暗黒にもなりますので、小生は「洞窟」〜「菜種島の洞窟」と称して、北側にある天井の高い「菜種島の洞門」と区別しています。
イメージ 12
♪ 10:28 ↑ 海面が急に“荒れて”きました。後方(東の入り口)から寄せてくる波です。危険を感じるほどではありませんが・・・。
♪ 10:28 ↓ 洞窟から押し出されるように艇が外にでました。 
イメージ 13
♪ この界隈を抜ける際に、背中(腰)に波が当たり、若干濡れました。 
イメージ 14
♪ 10:28 ↑  ↓10:29 南側に開いた洞窟の口 ↓抜け出た側 
イメージ 15
♪ 10:31 南側から撮影した菜種島です。 
イメージ 16
♪ 次は、菜種五島〜城原海岸方面の海上散歩を・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事