子育て支援 | 智頭病院 小児科|2013年度末までの内容

ホームページの重量が増したので、過去のQ&A内容を、ブログに移行します。♪ 徐々に、着実に・・・

全体表示

[ リスト ]

♪ 赤ちゃんからのメッセージ:母乳育児は赤ちゃん・親育ちの出発点/ユニセフ BFH(Baby Friendly Hospital 赤ちゃんにやさしい病院)
♪ 富山県からの依頼を受けて講演した内容です。
♪ なぜ、智頭病院に異動後、富山県・富山県立中央病院からの依頼で、出かけて講演をするに至った?!第11回(2002年8月3日-4日) 母乳育児シンポジウム 記録集の目次をみます。

「赤ちゃんにやさしい病院 (Baby Friendly Hospital)」認定式
・自治体で初めての認定。鳥取県下に拡げる努力をしたい

♪ ユニセフによる審査の結果、この年、全国で5医療機関が「Baby Friendly Hospital(BFH 赤ちゃんにやさしい病院)」に認定されました。認定式は仙台で開かれ、小生と産科病棟師長が、鳥取県立中央病院でBFHに係わった皆を代表して出席した次第でした。
♪ 目次にあるように都道府県立の公的病院、つまり、自治体立病院としてのBFH認定は全国で最初だったのです。
 その後、島根県立中央病院の職員の視察等もありました。富山県立中央病院もBFHをめざした取り組みが実践され、ユニセフの審査等について、小生に尋ねられたりもしました。
♪ そして、見事、富山県立中央病院もBFHの認定を受けられたのです。この記念行事の一環として、(2003年11月に智頭病院に異動しましたが、)2004年10月に依頼に応じて小生が講演するに至った次第でした。
♪ なお、鳥取県では2002年 8月29日(木)、片山善博鳥取県知事を迎えて、鳥取県立中央病院での記念セレモニーと小生の記念講演がありました。これに係る新聞報道もありました。下記は2002年毎日新聞の記事です。
〓 県立中央病院に「赤ちゃんにやさしい病院」認定証 母子、知事ら出席し記念式 /鳥取 〓 母乳育児を積極的に推進しているとして国連児童基金(ユニセフ)と世界保健機関(WHO)から「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受けた県立中央病院(鳥取市江津、武田倬(あきら)院長)でこのほど、記念セレモニーがあった。
♪ 認定は、県内の総合病院としては初めてで、全国でも25例目。1989年にユニセフなどが発表した「母乳育児を成功させるための10カ条」を積極的に実践していることが条件で、1991年から本格的に始めた産後の母子同室制などが評価され、先月3日に認定を受けた。
♪ セレモニーには、同病院で出産した市内の母子、片山善博知事ら約40人が出席した。武田院長は「高度な医療技術で、患者に優しく接する病院であることを評価していただいた。認定を足掛かりにこれからも信頼される病院であり続けたい」とあいさつ。
♪ ピカソ作の母子愛を描いた絵画「マタニティ」をあしらった認定証の額を、妊婦代表の木原眞由美さん(33)=八東町=と片山知事が中央ロビー壁面に掲げると、盛大な拍手に包まれた。(毎日新聞) [ 9月7日20時22分更新]
♪ では、富山県の依頼で記念講演した内容を・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
♪ 次をどうぞ・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事