子育て支援 | 智頭病院 小児科|2013年度末までの内容

ホームページの重量が増したので、過去のQ&A内容を、ブログに移行します。♪ 徐々に、着実に・・・

全体表示

[ リスト ]

熱性けいれん と 対策を考える視点
 (例) 高波の被害と堤防
♪ 熱性けいれんを、高波が堤防を越えた場合の被害に例えて、抗けいれん剤の使い方 について考えてみましょう。発熱を高波に例え、けいれん発作の起こり易さを堤防に例えました。満潮・干潮の差を、その時の体調に例えて、以下の解説をします。
イメージ 1
♪ 図のモデルは、堤防の発達に個人差があることを示しています。通常、4〜5歳になると、少々の高波が来ても、びくともしない堤防に育ちます。が、これには個人差があります。
  そして、小さな高波や大きな高波があります。満潮と干潮では、同じ高波が来ても、安全な時と、被害を被る時がありましょう。
♪ そして、高波が堤防を越えて、被害が出た状態を、熱性けいれんとして考えてみます。
♪ 被害を回避するために、高波が来ると分ったら、土のうを積み上げます。これが、抗けいれん剤の一次的な使用で、一般的には、ダイアップ坐薬を用います。高波が来てから入れたのでは間に合いませんし、あるいは「高波がどの程度の波だろうか?」と眺めていて、土のうが後手になり、高波の被害が出ても困ります。早めに土のうを積み上げることが要になります。
  土のうにはいくつかの種類があります。1個が4mgの坐薬、6mgの坐薬、10mgの坐薬です。過去の被害の状況や、堤防の大きさ(体重)などを検討し、担当の医師に用いる土のうを決めてもらいます。

♪ 高波の被害が、再々繰り返されている例(熱性けいれんが何回もあったとか、24時間以内に複数回生じたなどの例)で、かつ、堤防がしっかりするまでに年月がかかる例(1歳から2歳前後の年齢)や、さらに、1回であっても被害が大きかった例(けいれん重積症の既往や左右差を伴うけいれん発作型など)では、仮設堤防を計画し、実践することがあります。(抗けいれん剤を毎日内服するわけです。)
♪ 仮設堤防の計画は、脳波検査など、評価を行った上でのこととなります。
♪ 仮設とはいえ、最初から大きな建築物にするわけにはいきません。(抗けいれん剤は必要最少限に留めたいのです。)ゆえに、仮設堤防を付けても、それ以上の高波が襲えば、被害が出る(熱性けいれんを来す)ことがあります。
♪ より大きな高波が予測された際には、仮設堤防に土のうを加えて、被害を押えようとすることもあり得ます。


♪ 以上の例えにおいて、例えば、被害の状況を調査し問題があると評価出来た例(明らかな左右差を伴うけいれん発作型)や、大した高波でないのに被害が出た例(38℃に至らない程度の発熱であったのにけいれん発作を来した)とか、堤防を調べて欠陥が発見された例(脳波異常や画像診断で大脳障害が見出されたり、けいれん発作以外に発達遅滞が認められる例)などは、かなりの長期間堤防の補修をしていくことになります(てんかんの診断で、抗けいれん剤(抗てんかん薬)を長期に内服することになります。)
♪ いずれの場合にも、堤防は発達していきますから(子どもの脳は発達しますから)、定期的な評価、方針の再検討などを繰り返していくことになります。
視点を変えて : まとめ
♪ 高波の被害を受けないことが願いになるわけですが、この対策として、三つの方法があります。
♪ どの方法を選択するかは、既に生じた高波の被害状況(けいれん発作の様子)を評価・分析して決定します。あるいは、今後は高波の被害を被らないだろう(けいれん発作が生じないだろう)との評価により、いずれの方法も“なし”で観察することもあります。


1:高波注意報が出た場合(熱が出そうだと感じたとき)に、一時的に、速やかに土のうを積む(ダイアップ座薬を用いる)方法があります。
2:平時から高波に備えるために仮設堤防を築いておく(抗けいれん剤を毎日内服しておく)方法があります。


♪ 以上は、お子さまの年齢、既往のけいれん発作の持続時間・左右差・体温や、お産・新生児期の状況、ことばや運動発達や、熱性けいれんの家族歴などを評価して決定することになります。

♪ 国民健康保険智頭病院


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事