子育て支援 | 智頭病院 小児科|2013年度末までの内容

ホームページの重量が増したので、過去のQ&A内容を、ブログに移行します。♪ 徐々に、着実に・・・

全体表示

[ リスト ]

♪ [新生児医療の現場から −後遺症のない生存をめざして − ] と題した本資料は、昭和62年度(1987年4月〜1年間)に、地元新聞紙からの依頼を受けて連載執筆していた「子育て、子育ち」の中の記事です。
 ハイリスク新生児医療に向かう医師の姿勢、保護者の願いは今も変わりません。
 昨今、小児科医不足や出生児に占めるハイリスク新生児の割合が高まっていることなどで、新生児集中治療棟は大変困難な状況にあります。

 啓発の願いを込め、(& 自身の小児科医歩みの記録として、)本ページを作りました。


 《救急車が走る》
♪ 「生まれそうだが、胎児仮死の徴候が続き、よくありません。至急によろしく」と、連絡が入りました。直ちに新生児集中治療棟に連絡し、救急車を手配します。『何とか耐えて、頑張っていて欲しい』との願いを込め、祈りつつ、必要な物品を持って救急車に乗り込みます。
♪ 到着してみると、赤ちゃんはすでに仮死状態で生まれ、蘇生を受けていました。診るとぐったりとして、反射が弱く、あえぐような呼吸をしています。仮死のため脳の機能が障害されているためです。気管にチューブを挿入し、バッグで呼吸を補助しながら、再び救急車を走らせました。
♪ 呼吸循環・代謝の改善と、脳の保護をめざして、集中治療が続けられます。
《新生児集中治療棟》
♪ 仮死状態で生まれた赤ちゃん、体重が1,500gに満たない極小未熟児(極小低出生体重児)、呼吸障害や重症の黄ダンやけいれんの認められる場合など、様々な問題をもった赤ちゃんに対する医療は、救命救急医療であり、かつ高度な専門医療となっています。それは、集中治療の開始が遅れると、これらの赤ちゃんの経過が悪くなる、つまり、別の合併症を来して病態が悪化し、命を亡くしたり、また後遺症を残す結果につながったりするため、出来るだけ早く、かつ専門的な対応が必要とされるからです。
♪ そしてその主役となるのが『新生児集中治療棟』であり、今日では新生児医療の中心的役割を担って全国各地において機能しています。新生児専用の人工呼吸器、呼吸・心拍監視装置や酸素モニターなど、メディカル・エレクトロニクスの発展が寄与し、医療内容は大きく変わりました。
♪ 鳥取県東部地域では県立中央病院に設置され、至急かつ高度の医療を必要とする多くの赤ちゃんが入院しています。また、半数近くの例は中央病院以外からの紹介例であり、地域と密接に結びついた医療分野であることがうかがえます。
《連携を密にして》
♪ 新生児集中治療棟における医療の効果は、救命は勿論、脳性麻痺などの後遺症を予防することで、成果が上がっています。そのためには産科医師との連携を密にし、母体、胎児の異常や、生まれた赤ちゃんの異常をより早期に適確に診断し、適した治療を行うことが不可欠なわけです。これらの点からは予防医学的な面がとても強い分野であるといえます。
♪ 異常な出産が予知出来た際や、胎児に異常が迫っている場合、時には新生児集中治療棟のある施設に母体ごと搬送される例が、今日では見られるようになっています。この目的を明確化して、産科と小児科が一体となった『周産期センター』が全国各地に設置されるようになりました。鳥取県では、1989年4月から県立中央病院に『周産期センター』が設けられました。
《がんばれ赤ちゃん》
♪ 「後遺症のない状態で元気に退院し、立派に発育して欲しい」との願い、かつ目標を追い求め、赤ちゃんの医療は日夜続きます。
♪ しかし残念ながら、後遺症のある赤ちゃんは皆無ではありません。
♪ たとえば、仮死状態には程度が様々あります。とても重く、けいれんをおこしたりして、将来を心配した例が、全く何ともなかったり、一方仮死状態から速やかに回復し、大丈夫だなと思われていた赤ちゃんにのちに脳性麻痺が診断されたり。赤ちゃんの頑張る力がひとりひとり違うためです。集中治療を行いつつ、「がんばれ赤ちゃん」と励ます毎日です。
♪ お母さんのおなかの中で順調に育ち、さあ出生という段になって、赤ちゃん皆が大変な難関に立ち向かうわけです。ときには、早くに生まれたり、頑張れきれずに仮死状態となったりする危険があるわけです。人の一生を考えても、これに相当するほどの難関はまれでしょう。
♪ そんな難関をお母さんと共にし、家族の一員、社会の一員となった赤ちゃん。ようこそ赤ちゃん。健やかに育ってください。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事