中国山地に囲まれた地域で医療を展開する国民健康保険智頭病院です。

みどりの風が吹く疎開の町 鳥取県智頭町(ちづちょう)智頭病院のブログに ようこそ♪(^_^)/

全体表示

[ リスト ]

智頭病院で実習   
     〜 鳥取大学医学部学生


 2007年度から鳥取大学と連携し、医学部5年生の地域医療見学実習を行っています。智頭病院が実施している地域医療の現場を体験した学生さんから、率直な感想をお寄せいただきました。ご紹介させていただきます。


智頭病院実習感想レポート
鳥取大学医学部  岡 村 昌 宏 
 
 私は八頭郡の出身で、将来は地元の医療に貢献したいという考えを持っていること、また、八頭郡の病院を見学するのは医学生になってから今回が初めてであることから、今回の見学実習をとても楽しみにしていました。私が八頭郡出身ということもあるのですが、八頭郡を含めた鳥取県東部地域の地域医療は、単に医療だけでなく、介護・福祉が一体化した医療をめざし、その地域の生活環、ニーズに合った医療を展開することが必要なのではないかと日頃から考えていました。実際に智頭病院を見学して、まさに自分が考えていたことを実践、展開している病院であることを実感でき、とても感動しました。

 今回、外来診療、訪問診療を見学させていただきました。また、施設内の社会福祉・介護・医療各関係部署が集まったカンファレンスに出席させていただき、わずかの時間でしたが、その雰囲気を実感することができました。
 外来、訪問診察では、内科的症状以外にも様々な訴えをする患者さんや、慢性期の患者さんの対応の難しさを感じるとともに、重要な訴えを見逃さないようにするスキルや、このような患者さん一人ひとりに丁寧に対応していく先生の姿を間近で見て、今後の自分にとって大きな財産になりました。

 一日を通じて、高齢者医療、慢性期疾患に対する医療には、患者さんだけでなく、患者さんを取り巻く家族・環境にも目を向け、根気強くつきあっていくことの重要性が理解できたように思います。
 今回の経験を糧に、今後大学に戻ってからもいろいろな角度から勉強に励んだり、物事を考えていきたいです。そして、将来、地元の医療を支えることができる医師になりたいと思います。
 最後になりましたが、お忙しいなか、一日を通じてご指導いただいた先生方をはじめ、病院スタッフの皆さんにはお世話になり、とても感謝しています。本当にありがとうございました。
 
本稿は、町報〔広報ちづ〕平成22年 3月号 8頁に掲載

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事