中国山地に囲まれた地域で医療を展開する国民健康保険智頭病院です。

みどりの風が吹く疎開の町 鳥取県智頭町(ちづちょう)智頭病院のブログに ようこそ♪(^_^)/

全体表示

[ リスト ]

 あなたの暮らしと医療を考える会
地域医療づくりは「まちづくり」
が、2017年10月12日に、智頭町 保健・医療・福祉総合センター
〔ひだまりホール〕で開催されました。
案内チラシ(櫻井重久診療部長作成)と、当日の写真集をお届けします。
イメージ 1

◆ 智頭病院 事務部 次長が司会を担当しました。
◆ 最初に、寺谷誠一郎 町長が挨拶をしました。
イメージ 3
◆ 「智頭病院ができてから60年余の年月を経ているが、役場職員と病院職員が一堂に会して、今後の街づくりを共に考える機会を得たのは初めてのことでしょう。発端は、役場で総務・企画などを担ってきた、現智頭病院事業管理者で・・・」と、本会への期待・願いを込めた挨拶でした。
イメージ 4

◆ 次いで、顆尚文 院長 が導入を兼ねた挨拶をしました。
イメージ 2
◆ 「国の動向、これからの智頭病院の行く末を含めた、地域医療のあり方などの概要を語り、詳細は櫻井重久部長から」と・・・。
◆ 櫻井部長はパワーポイント・スライドを用いて、必要時、参加者への挙手や発言を促す参加型の、熱意がこもった講演をしました。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
自治医科大学の先輩も求めに応じて、私見を述べました。

イメージ 8

◆ オヤ〜!?! 寺谷誠一郎町長が医師の姿で動画出演!
イメージ 9
なかなかお似合いの姿との評がありましたよ〜♪

イメージ 10

◆ 智頭町役場を代表し、企画課長が独自の取り組みなどを紹介しました。
イメージ 11
◆ 智頭町の今後の人口減少推移予測を基に、2030年時点に5000人を下らないための施策の数々などを紹介。智頭町民ひとり一人の意識改革・参加など、今後の智頭調性について、パワーポイント・スライドと配布資料を活かして、語りました。

◆ 次いで、東京発の“智頭町応援団長”が自己紹介しました。
イメージ 12
智頭町への期待などが、熱っぽく語られました。

◆ 次いで、大谷小児科医が、本主題に関連して、指定発言的なお話をしました。
イメージ 13
◆ 最後に管理者が終わりの挨拶をしました。18:54
イメージ 14
◆ 智頭町役場の職員、智頭病院職員が、町民のため、町民の願い・意見を大切にし、中長期的な観点・国の動向を含め、鳥取県の理解・支援も受けて、より望ましい・誇らしい智頭町を築くことになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事