中国山地に囲まれた地域で医療を展開する国民健康保険智頭病院です。

みどりの風が吹く疎開の町 鳥取県智頭町(ちづちょう)智頭病院のブログに ようこそ♪(^_^)/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

認知症の正しい理解と      

介護専門員としての必要な知識


♪ 平成26年 6月12日 15時から、智頭町 保健・医療・福祉 総合センター〔ひだまりホール〕において、智頭病院の 濱崎尚文 院長が、町内介護専門員を対象に講演を行いました。
イメージ 1
♪ 基本的な考え方をパワーポイントで丁寧に解説する院長
イメージ 2
♪ 院長は、専門医に委ねるのではなく、地域で、地域の専門職が理解を深めて、生活の様子を通じて(〜診察室ではとらえられない)早期の兆候を見出して、個人情報守秘を重んじた上で、ネットワークを活かして欲しい。必要時には、気楽に相談してほしいことなどを熱く語りました。
♪ 病院について語る会が、 平成26年 3月14日 13時30分から、智頭町山郷公民館において、山郷老人クラブの集まりに智頭病院安藤事業管理者が出席して開催されました。
イメージ 1
♪ 貴重な機会に感謝の意を表する安藤管理者です。智頭町内各主要公民館で“智頭病院について語る会”を順々に開催して、この日は山郷公民館でした。
♪ パワーポイントを用いて、病院の責務、実績等を分かり易く、お話しししました。そして、質疑の時間を大切に、皆さまと語り合いました。
イメージ 2

♪ 智頭町内各地区の公民館で開催してきた“智頭病院を語る会”の成果・概要は、智頭町報〔広報ちづ〕で要約してあります。ご覧いただければ幸いです。


♪ JA鳥取いなば 智頭支店 女性会様のご依頼で、【座ってできる体操】と題した〔ほのぼの出前講座〕が開催されました。 ♪ 会場は、智頭町農協 3階で、平成26年 3月27日、講師は、大人気の松田運動指導士でした。
♪ 当日の様子をこっそりと・・・ アナタにお伝えしますネ
♪ 開会は午後1時半でしたが、多くの方が参集されました。
イメージ 1
♪ 座ったままで、手軽に、かつ、効果的な体操をご紹介する実践講座ですよ〜! 日常的に使うタオルを活用してネ!費用がかからないモンね!
(開会と共に、早速の笑い!)
♪ タオルを軽く巻いて、ピンと引っ張り、肩の辺りで胸を開くようにネ!胸を開くと言っても、服を脱いで悩ましい下着を見せてはダメよ〜!(笑)が、今日は火照って来たら、マいいか・・・。男子禁制の女子会だからネェ!(爆笑)
イメージ 2
♪ 両手を前に水平に伸ばします。肩の関節を動かします。しっかりと前に伸ばして、数呼吸をします。そうネ。3・4回ほどネ。
♪ そして、手前に戻します。タオルはピンと張ったままで戻すのヨ〜。胸元に戻したら、今度は、タオルをゆるめて、そう上肢の力をゆるめて、お膝に下します。
♪ 筋肉の緊張をゆるめて、顔の筋肉も緩めて、ホッとしましょう!ン?!姿勢は背を伸ばしたままで保つのよ〜。
イメージ 3
♪ はい。繰り返してみましょうか・・・。号令はかけないから、ご自身の呼吸に合わせて、手を肩まで上げて、タオルをピンと張って、そうこの時、しっかり胸を開くのネ!そして、そのまま前にタオルを突き出すように、しっかり伸ばします。ハイ、数呼吸して、元に戻して行きますヨ〜
イメージ 4
♪ 今度は、タオルをピンと張ったままで肩を回転させるようにして、天井に突き上げるように伸ばします。
♪ 無視はしなくても良いですよ〜!できる範囲内でネ!決してお隣さんや前の方と比べないで良いですからネェ〜!
♪ 無理すると肩を痛めてしまうこともあるから、少しの痛みや困難を感じたら、その程度で無理せずにネ。毎日続けることが大切なのネ。
♪ エ?いつするかって? 食後直ぐは困るネ。 頭脳労働した後、そう、何かくたびれたナァと感じたときに、まずは、水か白湯をコップ一杯ほど飲んでから、タオルを取り出すと良いネェ・・・。
♪エ?何?「頭脳労働をしないだってェ?」 そんなことはないサね。テレビ見ている時だってオツムは使っているからネ。今日、参加してくださった皆さん、淑女の方々はオムツは使っていないけど、オツムは日頃使っているのよネ。」(大爆笑)「だから、要するに、フッと思いついた時に、じっとしてテレビを見ているのではなくて、コマーシャルの時間や番組が変わる時に、『ホレ!タオルだ』と思い出して体操するのネ。」
♪ 「勿論、農作業をして、一段落した時にも良いですヨ〜!必ず、座ってすることはないからネ!立った姿勢でも、タオルをピンと張って、天に伸ばすようにすると、背中も引き上げられる効果があり、背筋も良くなるからネェ・・・」
♪ 出席された皆様、納得の表情・・・
ナドナドでした。
♪ 智頭病院にはヘリポートがあります。この度、平成26年 7月22日と23日の2日間、標記の訓練がありました。ヘリコプターでの搬送が必要な事故・災害や急病は、誰もが望まないことですが、しかし、万が一に備えて、安心・安全な搬送体制を確認しておくことは不可欠ですね。
♪ 訓練当日に撮った写真をご覧ください。


鳥取県消防災航空隊 と         
八頭消防署出張所 の合同訓練に参加


♪ 10時18分 「山火事発生」の緊急(訓練)情報が防災無線でありました。
イメージ 1
♪ 「重傷の方がおられ、ヘリコプターで基幹病院に搬送」との連絡も!
 病院側は、院内放送をし、ヘリポートにおける発着の安全確保に務めます。危険が及ぶと判断された場所に停車している車を想定して、車種やナンバープレート等を確認し、院内放送で、退去を促します。「ヘリポート付近に駐車してある車で、※社の※色の※、ナンバー※の運転士の方は、ヘリコプターが着陸しますので、至急安全な場所に移動願います」といった内容を繰り返します。
イメージ 2
♪ 10時43分 ヘリコプターが智頭病院のヘリポートに着陸します。ヘリポートは、既に、安全な範囲が確保され、散水し、小石等が除かれています。関係機関の速やかな連携があって、安全なヘリコプターの離発着が可能になります。
イメージ 3
♪ 10時43分 着陸・タッチダウン直前です。救急入口界隈で撮影しました。(ヘリコプターのエンジン音と着陸に際して生じる風は割愛です  )
イメージ 4
♪ 10時44分 着陸しました。受傷された方の病状は・・・。
訓練とはいえ、緊張感をいだきます。
イメージ 5
♪ 10時44分 救急担当の看護師が救急用の簡易ベッド(ストレッチャー)を携えて近寄ります。
イメージ 6
♪ 10時44分 救急隊と看護師が協働します。受傷された方をどの時点で、ヘリコプター側から病院のストレッチャーに移すかは、状況次第ですが、一般的には、病院職員は救急室で準備を整えて、救急隊員による搬入を待ちます。
イメージ 7
♪ 救急隊員と看護師が協働し、人工呼吸等、蘇生を施しつつ搬入します。
(この日の訓練は午前中であり、午前中の外来診療時間帯の医師は参加しませんでしたが、いざとなれば、医師 全員が協力して対処します。)
イメージ 8
♪ 10時45分 ヘリが着陸して1分ほどで、救急処置室に入ります。
この後、救急処置が継続されます。
イメージ 9
♪ 10時47分 ヘリの退院が機内で使用した備品類を片付けておられました。
(重傷で搬入された方は、病院側に託され、治療中との想定です。)
イメージ 10
♪ 10時48分 消防車、災害対応の車両が(訓練であり)到着しています。
イメージ 11
♪ 10時51分 食堂前で、火災現場で対応した関係者が、訓練の評価会を始めておられます。実地訓練では、とても大切な振り返りの機会です。
イメージ 12
♪ 10時55分 真摯な意見交換が続いていました。
イメージ 13
♪ 11時14分 訓練終了後に、2階から撮影したヘリポートです。
イメージ 14
♪ 11時27分 訓練を終えたヘリコプターが基地に帰りました。
♪ 安心・安全のために、万が一のために、関係者の努力が続きます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事