I Love Vienna, London & Paris

超還暦人の生き様記録・・・ どうなることやら・・・ いつまで続くやら・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

♪ ケンジントン宮殿の庭園を後にして、南に降ります。
イメージ 1
♪ 仲間連れ、家族・親族での来訪も・・・  
白鳥さんたちが憩う Round Pond 丸池です。
イメージ 2
♪ ケンジントン“庭園”とするには、森のごとくで、やっぱり“公園”
自身は、ケンジントン公園と称しています。
ベンチにて、母子の雰囲気がよかったので、そっと記念撮影
イメージ 3
♪ アリャマ!想定外のステキな庭園・・・
その名もズバリ“Flower Walk”の呼称がありました。
イメージ 4
♪ アルバート公の記念碑が東側に見通せました。
イメージ 5
♪ 珍しい?ガイジンの小生を見つめるあどけない彼と愛車・・・ 
♪ 幼稚園生のミニ遠足的戸外活動といった一群とすれ違いました。
イメージ 6
♪ ケンジントン宮殿からブロード・ウォークを南下し、フラワー・ウォークで道草を食ってからココ、即ち、ケンジントン・ロードに出ました。バス停には、電光表示で、到着するバス案内がありました。このバス停の名は[Queens Gate]とありましたが、念のために Google 地図で確認 ('14/9/7) したら[Kensington, Palace Gate]とありましたが、マどっちでも正解ですネ!
イメージ 7
♪ 想定外の人生・・・還暦を過ぎてからの初の単独ロンドン自由・自立研修には、思いがけないことが再々で、自身もオドロキ!
♪ 定番でトラファルガー広場に戻るつもりで、バス停の到着電光掲示案内を見ていると、一つ西のバス停まで歩けそうだと、歩くことを決めた時点で、想定外のバスが突然といえる状況で現れたのでした。
♪ 何と!(〜後日、HP等で検索したら、記載があり、自身見逃していたのですが、このルートにも)旧型二階建バスが突如現れたのでした。
♪ ボンネット型、日本と共に(と言うか日本がお手本にしたロンドンの)“車は左(側走行)”であり、後部左側に昇降用ステップがあり、愛称“ルート・マスター Route Master”で親しまれているバスに乗れたのです!

♪ 嬉しさがこみ上げている表情を見ていたのは、高齢の、退職後の、ボランティア的車掌さんの彼!
♪ あっさりと、記念写真の撮影を申し出てくれました。
イメージ 8
♪ 様子を笑顔で見ていた乗客さんたち! 後のアベックさんが、小生と車掌のやりとり〜雰囲気が変わった様子に誘われて、「撮ってくれ!」と、前の席にいた小生に求めて来た。で、小生、撮りましたが、もう一枚、キスシーンを!とリクエストして、これを記念に!&小生のカメラでも撮るからと、これまたリクエストに応えてくれました。一部始終を見ていた車掌の彼さん・・・。内心、「面白い東洋人!」

♪ 鉄道ファンであるということは、ボンネット型の旧型バスなら、このアングルでの撮影は必須ですよネ!
運転台は、ボンネットの右側にあり、客席とは完全に分離されています。
イメージ 9
♪ アハ!心は子ども〜幼児か小学生並で、とった 撮った!
イメージ 10
♪ 旧型バスの特性の一つが、当然、自己責任ですが、バスが完全に停車していなくても昇降が出来るということで、ハイ、彼に確認して、実行しました!
イメージ 11
♪ 信号渋滞を確認し、彼にも確認をして、飛び降りて、Route Master の前に出て、“お顔”を撮影! 彼から話しかけられて、全く下手な、幼児語的能力での、会話・・・ 嗚呼、情けなや  
イメージ 12
♪ 前に出て、ルートマスターの表情を記念に撮りました。
イメージ 13
♪ 小生の素行を注視する彼 〜 車掌さん!
イメージ 14
♪ 「螺旋階段も“重要文化財”だ!撮れ!」と彼のアドバイスもあり、螺旋階段も撮りました。
♪ 「日本大使館だ!オ!丁度、前で停止した。ホラ!撮れよ」と彼! 
イメージ 15
♪ またもや飛び降りて、ルートマスターの顔と日本大使館を撮った。
イメージ 16
♪ 「写真博物館は良いゾ!行ったか?」と、彼・車掌さん! 小生「知らない」 彼「行けよ!」などと、簡単な会話でした。
イメージ 17
♪ 2階はガラリ・・・
♪ トラファルガー広場で下車しました。
イメージ 18
♪ ルートマスターら立ち去る小生に手を振る車掌さん!
イメージ 19
♪ 終点で、皆が下車し、空になったルートマスターを見送りました。
イメージ 20
♪ 偶然、ルートマスターがやってきて、貴重な体験研修的な旅行記録になりました。単独行動ゆえの“成果”と言えます。
♪ 次は・・・
♪ ホテルに帰着し、朝食を摂った後に、出発
歩いて、木々が豊かなケンジントン公園へ
イメージ 1
♪ 公式には Kensington Gardens だが、日本的には森!
イメージ 2
♪ とにかく、この環境に居ること自体が幸せな小生です。
イメージ 3
♪ Round Pond 丸池は浅い人工池ですが、野鳥も憩います。
イメージ 4
♪ 流石 ロンドン!騎馬警官が園内を巡視していました。
イメージ 5
♪ めざす、ケンジントン宮殿の(無料エリアである)庭園!
イメージ 6
♪ 助成の庭師さんが手入れをしておられました。
イメージ 7
♪ 有料の宮殿内には入る気なし。わが妻と再訪する際には、宮殿内に入り、ダイアナ妃の遺品なども拝観ことになりましょうネ!
イメージ 8
♪ それにしてもカラフルです。
イメージ 9
♪ 南東から撮影したこの写真↓アングルがお気に入りかナ・・・!
イメージ 10
♪ 
イメージ 11
♪ 
イメージ 12
♪ 
イメージ 13
♪ 
イメージ 14
♪ 
イメージ 15
♪ 
イメージ 16
♪ 
イメージ 17
♪ 
イメージ 18
♪ 
イメージ 19
♪ 
イメージ 20
♪ 
イメージ 21
♪ 
イメージ 22
♪ 
♪ 
♪ 
♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事