ねるねるねるね開発経緯

すべて表示

正月神事能の面掛式

姫路の南西部の英賀神社(あが)で、1月3日(木)恒例の面掛式が行われた。
 各地の正月の神事能が、兵庫県では「お面掛け」「面掛式」として翁舞が行われる。井戸和男師と地元のワキ方江崎師親子地謡で演じられた。
 面を付けると神になる。氏子に向かって舞うことができる。それまでは神に背を向けられないので、神殿に向かう。ここでは、その所作が曖昧なのかもしれない。
 本殿が工事のため、50人程度の氏子などが翁舞で神の祝福を受けることができた。
イメージ 1

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事