猪突猛進。

人生山あり谷あり。なんだか谷が深すぎるように思いますけれども、ぼちぼちゆるゆる動いております。

全体表示

[ リスト ]

おそらく、これでいくのだろうと思いますけれど、
平成21年度介護報酬改定に係る諮問が出ましたね。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/12/s1226-5.html

んで、一番気になってるのが、ここ。
11.栄養管理体制・栄養マネジメント加算等の見直し

栄養管理体制加算の算定実績を踏まえ、
基本サービス費に包括した評価に見直すとともに、
栄養マネジメント加算については、
栄養マネジメントの適切な実施を担保する観点から評価の見直しを行う。

栄養マネジメント加算 12単位/日 ⇒ 14単位/日

先日から、この噂がまことしやかに流れてましたけど、現実のものとなりまして。

えっと、正直に言って「何で栄養士の配置加算がなくなったん??」と思うんですよ。

今までは管理栄養士配置が12点、栄養士配置なら10点、と差が付いていたものが、
基本サービス費に包括されるってのは、どういう意味があるのだろうと考えてました。

同僚いわく、
「管理栄養士が配置されてるのは当然のことになったからじゃないの?」とのこと。

そうなんですかね?自分じゃよく分かりません。

でも
8.介護老人保健施設
○ 常勤換算方法で、入所者の数を100で除して得た数以上置かなければならないこととされている「理学療法士又は作業療法士」について、「理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士」に改める。
○ 支援相談員について、
「入所者の数が100又はその端数を増すごとに1以上」から「1以上(入所者の数が100を超える場合にあっては、常勤の支援相談員1名に加え、常勤換算方法で、100を超える部分を100で除して得た数以上)」に改める。

こうなったんだから、管理栄養士の配置も改めて欲しいものです。
前からずっと言ってますけど、100で除するもしないも、配置義務としては「1以上」
ここんところの定数が直んなきゃ、本当に目配りの行き届いた仕事がしづらいんです。

書類とばっかり向き合ってちゃいけないから、ということで、
入所者さん・利用者さんの元へ足を運び、情報を把握してきてるのに、
かえって書類作成などの仕事が進まなくなり、残業時間が延びるという矛盾。
その矛盾が解消される気配は全くありませんもんねぇ。

介護現場の管理栄養士・栄養士にとって、
今回の介護報酬の改定は「改正」なんでしょうか?「改悪」なんでしょうか?

たとえ悪法になったとしても法令順守はしますけど、ちと気になるのです。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

診療報酬改定ね。
これまでは毎年気にして試算したりしていたのですが。
すっかり気にしなくてもいい立場になりました。
実に気楽ですよ(笑)。

2008/12/27(土) 午前 6:09 あまりす 返信する

顔アイコン

当科も改正されるたびに「改悪」化されてます。特に開業医さんは大変だと思いますね。

2008/12/27(土) 午後 0:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

>あまりす先生

読み込めば読み込むほどだんだん分からなくなってきました...(遠い目)

2008/12/27(土) 午後 3:09 ぷーすけ 返信する

顔アイコン

>ますい先生

老健なので、診療報酬と介護報酬と両方考えなきゃいけないのがややこしいです。

今の段階で分かったことは、
「管理栄養士は入所も通所も訪問も全部‘1人で’やれ。」という、
鬼のような酷い通知がされているというところぐらいでしょうかねぇ。

いかに効率よく仕事をやろうかと思うと頭が痛いです〜〜。

2008/12/27(土) 午後 3:15 ぷーすけ 返信する

顔アイコン

うーん、わからない。どなたか先生に書いてもらおう。

2008/12/28(日) 午前 4:16 にこにこくん 返信する

顔アイコン

栄養管理体制加算が無くなり、栄養ケアマネジメント加算2単位増ってのは、
最終的には栄養士側の収入源としてはマイナスってことですよね。
あ〜、栄養士の存在が包括的評価になったといったところで
うちの施設は理解できないだろうなぁ。
風当たりが強くなりそうです・・・。

2008/12/28(日) 午後 11:21 [ nirinso ] 返信する

顔アイコン

>にこ様

加算加算で、最終的にはマイナス「改悪」になっていると思います。
在宅では限界があるから施設へという流れだったはずなのですが、
再度在宅へ戻そうという厚労省の意図がよく分かりません...。

2008/12/29(月) 午後 2:53 ぷーすけ 返信する

顔アイコン

>nirinso様

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/12/dl/s1226-5d.pdf の
P.26 居宅療養管理指導費 ハ 管理栄養士が行う場合
(1) 在宅の利用者に対して行う場合 530単位 に加えて
(2) 居住系施設入居者等に対して行う場合 450単位 が増えました。

ここが大きな鍵のような気がするのです。

訪問栄養士が既存の居住系施設にどのように関わるかではないかと。
もともと栄養士配置義務のない居住系施設で、
果たして訪問栄養士を受け入れるだけの土壌があるのでしょうか?
ないとなれば、併設の特養・老健の栄養士が無理やり出向かされて、
こき使われて捨てられるんじゃないか、心配ですね...。

2008/12/29(月) 午後 3:01 ぷーすけ 返信する

顔アイコン

おはようございます。

管理栄養士に合格できずに職場を去らざるを得なかった栄養士さんたちも少なくなかったように思うんですが…。

結局包括かよ…って、感じですね。ホント国の考えていることがわかりません…というか、理解できません。

2008/12/30(火) 午前 6:48 [ 社会福祉法人光照園 ] 返信する

顔アイコン

>江戸川光照苑さま

コメントありがとうございます。
本文では触れませんでしたけれど、
結局、「管理栄養士でも栄養士でも点数が同じとはどう考えてるのか?」疑問です。
栄養ケア・マネジメントは正看護師が主・栄養士が副、という形を取っても書類上の実施は可能ですからね。
ますます「管理」栄養士の存在意義が問われるところです。頭痛いです...。

2008/12/30(火) 午後 1:19 ぷーすけ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事