猪突猛進。

人生山あり谷あり。なんだか谷が深すぎるように思いますけれども、ぼちぼちゆるゆる動いております。長きにわたり有難うございました。

全体表示

[ リスト ]

村上智彦先生のこと。

夕張市立診療所、救急搬送断る 市長「誠に遺憾」

 北海道夕張市は1日、財政破綻後に市立病院から公設民営化した市立診療所が5月、心肺停止だった男性の救急搬送受け入れを断っていたことを明らかにした。男性は別の診療所に運ばれ、死亡が確認された。

 藤倉肇市長は同日、記者会見で「誠に遺憾」と話した。市立診療所を運営する医療法人「夕張希望の杜」から事情を聴き対策を協議する方針。

 夕張市などによると、5月19日午前8時ごろ、同市旭町で50代の男性が自殺を図り、心肺停止となったと119番があった。救急隊は診療所に受け入れを要請したが断られた。希望の杜は市に対し「自殺と聞いて回復が望めないケースと判断した。医師1人で外来などへの対応があった」と説明しているという。

 診療所は昨年9月にも同様に断ったことがあり、その後、心肺停止患者は市内で最も近い医療機関が受け入れることで合意していた。希望の杜は3月に常勤医3人が退職し現在は常勤医1人。5月19日はほかに非常勤医1人が来る予定だった。

 藤倉市長は「夕張市が立ち上がろうとしている時に、市民の不安が募れば再生に水を差す」、希望の杜は「話せることはない」としている。
2010/06/01 20:55 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060101000566.html

この一報を聞いた時「?」が頭の中に浮かびました。

「診療所に救急車受け入れろって何?どういうこと?」

でも、その時は「まぁ、市長はよく分かってないのかな。」で思考停止していました。


そして今日、こんなブログ記事を知りました。

夕張希望の杜:歯科医師・医師のつぶやき

救急受け入れ拒否の報道の件について   6月3日

6月2日
夕張市は1日、市立診療所が先月、自殺を図り心肺停止状態になった市内の50代男性の救急受け入れを断っていたと発表した。
との報道がありました。

事実関係の確認もなく夕張市長が2時から記者会見を行い、マスコミも当法人への取材を行うことなく、新聞、テレビ、ネット上、ラジオ等すべてのメディアで報道されまた。
その日の5時過ぎに市長、副市長、総務課長はじめ5人が事実関係の確認、抗議に希望の杜に来られました。
当院は一人診療所であり、救急指定されていませんし、市と救急についての契約書は一切交わしていません。
市の最高幹部の方々は夕張の救急体制の不備やうつ対策の不備には触れず、口を尖らせて、声をあらげて色々と言っていました。
同席した新しく理事になった夕張出身の訪問看護師が
「ここまでひどい人たちとは思わなかった。頭にきて、こっちがどなりたくなった」と言っていました。

詳しくは メルマガ まぐまぐ 
”夕張市立総合病院を引継いだ「夕張希望の杜」の毎日”
http://www.mag2.com/m/0000253983.html
http://ka101w.kaw101.mail.live.com/default.aspx?wa=wsignin1.0
に来週金曜日 6月11日に掲載する予定です。
http://blog.livedoor.jp/yubariishiblog/archives/1781281.html

なんか、この村上先生の文章を読んだら情けなくなりました。

イメージ 1


これは夕張の杜の診療体制です。
普通の開業医さんとほとんど変わらないような、この体制の中で、
どうやって自殺未遂の人を受け入れる余裕があるというのでしょうか。

夕張市の財政破綻の中で、
院長の村上幸彦先生は病院存続のために大変なご尽力をされておられました。
当時は確か医師は複数体制で、それも村上先生個人が医師確保に奔走しておられました。
行政のパックアップなど何もなかったはず。

何より行政が医療のことをあまりにも知らなさ過ぎる。


診療所勤務時代に救急車の受け入れをしたことがありました。
本来であれば緊急搬送は断るところでしたが、
患者さんのたっての希望と言うことで半ば無理やりな搬送でした。
結果的には「診療所の設備では対応が困難」ということで、
先生が応急処置をして病院に再搬送になりました。
病院ではないのだから限界があるのは間違いないんです。
そのための救急指定制度なんですから。


今回は自殺未遂でしたが、万が一のことがあったとしても、
「設備の不備」を理由に受け入れかねる可能性は十二分にあると思われます。
一人医師体制の診療所なんですから。


それにも関わらず、「誠に遺憾」とか簡単に言っちゃう首長って一体何なのか。

そしてこんな感覚の首長を選んでしまう市民の感覚って何なのか。


村上先生の「人徳」「使命感」に甘えすぎて、
市民が医療体制を本気で考えていないのではとすら思えてきます。

まだ50代にも満たない村上先生一人に夕張市の医療全部の責任を押し付け、
村上先生ご自身に万が一のことが起こってしまった場合はどうするつもりなのか。


...ひょっとしたら、村上先生にその時があってから初めて考えるのかもしれません。




閉じる コメント(4)

顔アイコン

そんなことがあったのですか。

夕張市立病院を引き継いだ診療所の話は当初聞いておりましたが。
よく頑張っておられると思っておりましたが、1人体制になってしまっておりましたか。
それで救急を引き受けろという話は無茶ですよね。

2010/6/7(月) 午前 4:15 あまりす

顔アイコン

>あまりす先生

このことを知った良識のある市民の皆さんが先生に励ましの声を送っているとのことです。
村上先生がそれで無理しすぎなければいいと思うのですが...。

2010/6/9(水) 午後 0:39 ぷーすけ

顔アイコン

医者一人で救急は無理がありますよねぇ。。。
特にすでに心肺停止であれば、何もできないと思います。
そのくらいなら他の病院に行って貰った方が
まだ助かる余地があるという判断は間違ってないと思いますが。。。

2010/6/9(水) 午後 5:12 おとぼけjoy

顔アイコン

>おとぼけ先生

何も知らない人が訳知り顔で言うのが一番問題だと思います。
それが首長というのが何ともいやはや...。

2010/6/9(水) 午後 8:56 ぷーすけ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事