ChocoReport

疲れない程度に闘い、目指すは“地上の星”・・・。勝利の日は遠い?

全体表示

[ リスト ]

 日本全国から集まった染織関係者&染織好きの面々が、那覇空港からバスに乗って、一路喜如嘉へ・・・向かう前に、那覇にある城間紅型工房へ o(^ー^)o
 
 是非とも一度は訪問してみたい工房!と思っていたので、ツアーで工房見学が組み込まれていて嬉しかったぁ♪
 
 琉球らしい門の上にはシーサー ↓ カワイイ♪
イメージ 1
 
 初めに、紅型製作工程の説明を伺い、道具素材の質問をしたり、職人さんが顔料を刷り込んでおられる手元を見たり・・・
 写真を撮っていいんだかなんだか・・・(^^;)
 初め、「何やらの写真は撮らないで。壁にかかっているものはいい(大丈夫)です」・・・的なことを言われたのですが、何を禁じられたのかわからず、多分製作中の紅型は撮っちゃ駄目なんだろうな、それから職人さんにカメラを向けるのも仕事やり辛いかもな、とか思って、並べられた道具だの、壁に掛かった・・・というか棚の覆いのように掛けられている紅型作品などを撮っていたのですが、意外に皆さん色々写真を撮っていて、え?え?いいの?いいの?私もいいかな?と思ったものの、やはり作業中の職人さんにカメラを向けるとお邪魔な気がして、私は撮影できませんでした(^^;)
 代わりに(?)、楽しい柱を発見。
♪柱ぁのきぃずぅは おととぉしぃのぉ〜♪・・・って、柱の傷じゃなくて柱のマジック書き
多分栄順さんのお孫さんの成長の記録が・・・
工房に多分そのお子さんであろうお写真もありましたが、柱の身長を見ると、きっともうすっかり大人さん。
紅型工房でどこ見てんねん?(^^;)な私です。
 
もう一つ、城間栄順さんの“沖縄県指定 無形文化財 びん型”と書かれた証書が、壁の天井近くに掛けてあるのを発見♪
うはうは〜♪と一人で盛り上がり、手を伸ばして写真に収めました(^^)
イメージ 2
 
 工房の周りには、染料となる福木の木が植えられている、と本で読んだ通り!
福木の木がいっぱいでした♪
 
まぁるい葉っぱがかわいい、真っ直ぐに伸びた木。ステキステキぃ〜♪
 
我が家の家の周りにも植わっているといいなぁ〜・・・。
ちょっと憧れの風景。
 
お土産に紅型のハンカチを頂き、工房を後にしました。
 
一昨年、私も紅型を少々学びましたが、本場沖縄の道具はやはり違う。
ホントに女性の髪の筆なんだぁ。
しかも筆(髪)がちびてきたら、軸の竹の方を削って、鉛筆のように使うんだぁ〜、とか。
型紙を彫る刃は、沖縄の食堂とかでもよく見るお箸を軸に使ってるんだぁ〜、とか。
筒描きの為の糊の搾り出しの口金は、米軍の鉄砲(?)の弾の再利用なんだぁ〜、とか。
身の回りのものを使って、道具は何でも手作り。
すごいなぁ〜(´ー`*)
 
色々発見したり、感心したり・・・。
短い時間ではありましたが、とっても楽しかったし、勉強にもなったのでした。
 
いよいよ、一路喜如嘉へ向かってGO!
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事