ChocoReport

疲れない程度に闘い、目指すは“地上の星”・・・。勝利の日は遠い?

全体表示

[ リスト ]

 到着した日の夜は、ホテルで親睦パーティーが催されました。
 
 皆さん 思い思いの自慢(?)の着物を着て参加です。
私もいずれは自分で織った着物か、はたまたいつの日か購入することがあればの話ですが、紅型か宮古上布か久留米絣か何か・・・お気に入りの着物を着て参加出来る日が来るといいのですが(´ー`;)
 前回の宮古上布ツアーの際は、ホントに全然何にも特に着るべきものを持っていなかったのですが、今回は着物ではありませんが、自分で染めて作った河内木綿文様のチュニックを着て、自分で織ったシルクストールを身につけて参加してみました(^^)
 (参照記事:2013.10.29 「 チュニック出来ました♪ 」 
 
 パーティーには、芭蕉布の第一人者である平良敏子さんも参加してくださり、とっても感激でした(*^^*)
イメージ 1
 
ステージ上の平良敏子さんを望遠で撮ったら、何だかボケボケ写真になってしまいました(ーー;)
 
 それにしても90代とは思えぬしっかりしたお声。
勿論お身体だってとってもお元気。
 義理娘であり、喜如嘉の芭蕉布を支え、大きく貢献されている平良美恵子さんによりますと、喜如嘉では敏子さんのような90代そこそこの人はまだまだ若造(!)だそうです。
100歳を越える人が何人もいる所ではそうなりますか!とびっくりな話です。
毎日芭蕉布の為に仕事をされているのですから、お元気で当たり前ですね(^^;)
私なんてまだまだ赤子でしょう(((((^^;)
 
 記念にご一緒に写真を撮らせて頂きたい!
でも何だかミーハーみたいでだな・・・
っていうか、お願いするのが恥ずかしい
だって “アンタ何者さ” レベルの私ですから・・・・
 でもでもっ!
細かいこと考えるな と思考を止めてえいっ!とばかりにカメラを持って敏子さんの元へ!
 先に敏子さんに写真をお願いされてるツアー参加の方に引き続き、「一緒に写真を撮っていただけますか?」とお願いしました。
快く静かに頷いてくださった敏子さんの横に並んで、貴重な一枚をカメラに収めました。感激ぃ〜(TーT)
 
何かお話してみたいと思ったものの、何も話せることが思いつかず、語ることも無く・・・ 自己紹介さえせずに、ホントにただ写真を撮って頂いただけ・・・・(´`;)
う〜ん、今思えば、特別なことを語らずとも、ご挨拶代わりにせめて私が何者か自己紹介位はしとくべきでしたぁ〜・・・失礼な奴でしたぁ・・・ (T_T)ちょっと後悔・・・。
 
 でも、親睦パーティーの間は、ミーハーっぽい自分がやっぱりちょっとヤだなと思っていましたが、写真を撮ってもらえたことが嬉しくって、あまり後悔も感じず過ごしておりました(ーー)
 
 パーティーでは、喜如嘉の人たちが芭蕉布を着てエイサーも披露してくださいました。
喜如嘉のエイサーは、女性だけで輪になって踊るものだそうです。
歌も何だか古の琉球を感じることができ、なかなか興味深いものでした。
エイサーを踊ってくださった人たちと一緒にテーブルを囲み、芭蕉の糸の話や絣柄の話など、色々お話できて、本当に楽しかったです♪
イメージ 2
 このツアーは、自然布産地の方々が主催されていて、パーティーの際には、全員ではありませんが、各々自分が携わっておられる織りの着物を着て参加されていました。
葛布、しな布、大麻布、藤布、宮古上布、木綿布、勿論 芭蕉布。
 
 日本には、本当に色々な天然の繊維が存在し、古来、地域・季節に応じて独自の糸や織物を生産してきたのですね。
勿論、日本全国全ての自然布がこのツアーに集まっていたわけではありませんが、日本三大古布(葛布・しな布・芭蕉布)はじめ、複数の自然布同時に見られるのは、本当に貴重なことだと思いました o(^ー^)o
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事