調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

☆三鷹市内の猫事情☆

すべて表示

三鷹市井の頭で、避妊・去勢手術目的で一時捕獲を行いました!


最近、活動がパッタリと停止したかの感がある当会でありますが(^▽^;)、
細々ではありますけれど、まだ活動は行っております(^^ゞ



今から二週間ほど前に、三鷹市井の頭にお住まいという方から
お電話をいただきました。

なんでも、ご自身で検索して見つけた幾つかのネコボランティアさんに
協力の打診をしてみたものの、皆断られたということで( ̄Д ̄;;
当会に連絡をされて来たとのことでした。

内容をお伺いしてみると、自宅の敷地に居着いた
飼い主がいない猫ちゃん一家
 (母猫1匹、母猫が生んだ兄妹3匹の計4匹)
の内、兄妹の3匹を、避妊・去勢したいので
捕まえてくれないか?というご相談でした。

母猫は?とお尋ねすると、これが意外なことに、
既に誰かの手によって避妊手術がなされているとのこと。
 (左耳先端に、避妊手術済みの印のVカットが
  いつの間にか入っていたということです。)

3匹の兄妹は既に成長しており、避妊・去勢が
十分出来る大きさということでしたので、
一時的に捕まえ、動物病院さんに搬送するお手伝いを
私どもの方でさせていただく事になりました。

4月22日(土曜日)の午前中に決行しました。

私どもが行くと、既に猫ちゃん一家は相談者さんの
敷地の中に集まっていました。

●母猫(キジトラ柄) メス(手術済み)
●子猫(全身茶トラ) オス
●子猫(キジトラ)   メス
●子猫(キジトラ)   メス

子猫たちは、一歳弱というところでしょうか。
どの子もみんなキレイで可愛らしく、とても健康そうです。
母猫には、確かに左耳先端にVカットが入っています。
他の猫とのケンカ等で偶然ついた傷ではなく、人為的に
つけられた「避妊手術済み」を示すもので間違いありません。

早速作業に入りますと、メスのキジトラの子猫2匹は
すぐに近づいて来て、簡単に捕まえる事が出来てしまいました。
逆に、オスの全身茶トラは警戒心が強く、大きく間合いを
取って近づいて来ません。

搬送先の動物病院さんの営業時間の関係もありましたので、
この日の一時捕獲は、メスの子猫2匹のみとしました。
全身茶トラのオスの子は、また後日に再チャレンジしようと
思っています。

2匹のメスの子猫は、日曜日(4月23日)に避妊手術が行われました。
明日(水曜日)に退院・リリース致します。

この現場につきましては、また続報を掲載して行く予定です。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


写真1,2−−−三鷹市井の頭で一時捕獲したメスの子猫
          生後一歳弱ぐらいかなと思います。

          大変可愛らしいお顔のキジトラで、
          これで人慣れしていたら、すぐに里子に出て行けそうな
          感じがするんですが・・・慣れてはいなかったです(..;)

写真3,4−−−こちらもキジトラのメスの子猫で、上の子とは実の姉妹。
          この子も凄く可愛い子です。
          人慣れさえしていれば、すぐにも里親希望者さんが
          現れそうですが・・・慣れていなくて残念です・・・






.


みんなの更新記事