調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]

以下の「緊急告知」と同内容になります。ご了承下さい。m(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1701265.html

1月3日に佐須1丁目で、病気で行き倒れになっている猫がいる
との通報を受け、保護した白キジ猫君ですが、、、
(1月7日、下痢と泥まみれだった下半身をシャンプーして下さり、
きれいな体になりました。ドライヤーにうっとりだったそうです♪)

昨日、協力獣医の先生が、詳しく診てもらいに大学病院のほうに
連れて行って下さいました。

その結果、、、、
右上の顎骨が折れて、口の中に飛び出していたそうです。
右上の牙も、グラグラになっており、どうも、以前に事故に遭い、
顎と左目を怪我したものと考えれるそうです。

風邪も引いていましたが、それよりも、事故に遭い、顎の骨を骨折し、
ご飯が食べられなくなり、それで弱って、脱水を起こしたものと
考えられるということです。

言われてみれば、だいぶ猫らしい顔になってきたものの、
何となく変で、左右非対称の顔になっていると思いました。。

右鼻からは、保護当初から、臭い鼻水(茶色い液)がダラダラと
垂れていましたが、それは口の中から感染して、膿が残っている
のではないかということです。
どうりで、ものすごい臭いがしていたわけですね。。
また、目の下の膿も、口から来ていたようです。
左目は、出血のため、真っ赤になっており、改めて検査をして
下さるそうです。

本日、これから、顎の骨と牙を除く手術をされることになっています。

ということで、
今後、またどうなるか、分かりません。
強制給餌しないと、ご飯も食べられないそうですが、
先日(1月7日)、点滴をはずし、強制給餌したところ、
茶色い胃液を二度吐いてしまい、タール便もしてしまったそうで、
再度、点滴をつけることになり、、、強制給餌も難しいのかな、
という感じです。

しばらく、先生にお任せして、快復を祈るばかりです。

でも、先ほど述べましたように、
事故に遭って、顎の骨や目を損傷している猫さんなので、
快復にも限度があります。
正常の健康体には、戻せないと思います。

なので、元の野良生活に戻すことなどは、できません。。。

せめて、自力でご飯が食べられるようになってくれることを、
祈ります。。。(願

それと、緊急告知のほうでも、お願いいたしましたが、
当会では、複数の現場を抱え、日々、多数の猫の保護と病気の治療、
不妊去勢手術の実地、里親探し等を行っており、財政難に陥っております。

そうした中、今回の白キジ君の通報を受け、保護を致しましたが、
病院にかかる治療代、入院費、手術代等、費用が発生しており、
とても現状では、当会にて全額負担は難しくなっております。

そこで、このたびの、佐須1丁目の白キジ君救済のため、
皆様方から、カンパのご支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。。
振り込み口座は、以下になります。後日、会計報告いたします。

郵便振替:00170−7−336135
名義人:「調布地域猫の会(チョウフチイキネコノカイ)」

問い合わせ先:
myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直してください)

皆様からのご協力、何卒宜しくお願い申し上げます。<m(__)m>

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事