調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2


つい先ほど、協力病院の先生から、連絡がありました。

横隔膜ヘルニアの末期症状で、風邪で鼻も詰まらせており、数日前から、
ずっと息苦しそうに喘いでいるということを知り、昨夜、
病院に運んだ国領の5丁目の五郎ちゃん(キジトラ♂)ですが、、、
つい先ほど、亡くなったそうです。。

昨夜、とても苦しそうに喘いでましたが、病院では少しでも息が楽になるように、
注射を打ったり、酸素室に入れたり等、色々な処置をして下さいました。
すぐにレントゲンを撮ったところ、既に胃や腸管が全部肺の中に
入り込んでしまっていることが分かりました。

胃や腸管などの臓器が、胸腔の中に入り込んで、肺を圧迫してしまっていて、
それで、呼吸が苦しくなっていたようです。
そこへ、風邪を引いてしまったのが、致命的だったように思います。
鼻づまりになってしまい、ますます苦しくなってしまったのでした。

そして、先ほど痰を詰まらせてしまったようです。
痰は相当たまっていたようです。。。
(大学病院だったならば、痰を吸引しながらの手術もできたかもしれません・・)

私が、ちょうど、五郎ちゃん支援の件で、「緊急のお願い」に
記事を書き終えた直後でした。。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1622199.html


朝から先生も、奔走し、色々な先生にご相談くださり、
私も色々な人に、手術もリスクあり、術後の管理も大変だけど、
どうすべきか、相談していたところでした。

ぐったりしていて、虫の息だったならば、まだしも、、、
苦しそうに懸命に目を見開いて、息をしようとがんばっていたので、
一刻も早く楽にしてあげたかったのです。。

まだ、8ヶ月と、若かったですし。。。

病院に連れてきた時点で、もう肺炎を起こしていたようです。
もっと、早くに移すべきでした。m(__)m

遅すぎましたが、最期、少しでも楽になれる酸素室で最期の時を
迎えさせてあげられたことは、せめてもの救いだったと思っています。
色々と手を尽くしてくださった先生には、感謝しております。m(__)m

また、皆様には、大変ご心配をおかけいたしました。
見守っていただき、ありがとうございました。m(__)m

どうかどうか、これからは、天国で安らかに。。。
ご冥福をお祈りいたします。(__)



写真1〜3:昨夜の五郎ちゃん(病院にて)
3枚目:同上(酸素室にて)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

先ほどブログを読んだばかりだったのに...。つらいお話ですが、寒空で一人いのちを断つより暖かい場所で悲しいと感じてくれる人達が側にいてくれた中で天国にいけた五郎ちゃん。安らかに...。もう苦しますんで、よかったね...。

それでも 悲しいですね...
こんなに涙がでたのは久しぶりです...

2008/1/11(金) 午後 6:39 MAYURI 返信する

顔アイコン

mayuriさま、そうなんです。すみません。。
ブログで呼びかけをしたすぐその後で連絡がありまして・・・
五郎ちゃんの苦しみに、思いをはせていただき、
どんなにか、その時の苦しみもやわらぐことでしょう。
それに、もう今は苦しくなくなりましたよね。
涙を流してくれる人たちに見送られて、天国できっとこれから、
今まで以上に幸せになってくれるはずと思います。
こんな恐ろしく、黙っていたら避けられない、
運命的な悲しい病気はないように思います。
不運なニャンでしたが、天国では沢山の幸運待ってますように。

2008/1/12(土) 午前 3:54 chofuneko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事