調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]


先日、こちらのコーナーで、呼びかけさせていただきました、
国領5丁目住宅地で保護したキジトラ猫の五郎ちゃん(8ヶ月)は、
1月11日午後4時頃、肺炎で、息をひきとりました。

横隔膜ヘルニアの末期状態で肺炎を起こしており、
先日、緊急手術のためのご支援のお願いをいたしましたが、
その書き込みの直後に、病院から連絡がありました。
先生からの電話で、はじめは、手術できる先生が
見つかったのかな、と思って受話器を取ったのでしたが、
息を引き取ったということでした。
苦しそうにし、そのまま・・・。
最期は、痰をつまらせてしまったようです。

こちらをご覧いただきました皆様には、大変ご心配を
おかけいたしました。m(__)m

その夜、遺体を引き取りに伺い、翌朝、お寺に行き、
葬っていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1701265.html

夜、病院でレントゲンを見せていただきましたが、
肺の中に、胃が引っ張られるように伸びて入り込んでいて、
腸まで、ぐるぐる巻きに入っていました。
腸は、本来は、胃より下にあるはずですが、
肺の中では、逆転し、胃よりも上に行ってしまっていて、
ぐるぐる巻き状態でした。
だから、、
遺体の胸からお腹を触ると、えぐれているようになっていました。
横隔膜の下あたりから、不自然に凹んでいるのです。
そこの臓器が全部、上の肺の中に入り込み、強く引っ張られて
いたのでしょう。。

わずかに肺の中に残った小さな隙間で、呼吸をするしかないわけですが、
そこは、真っ白にかすんでいて、肺炎を起こしていたそうです。

どんなにか、苦しかったことでしょう。。。

どうか、天国で安らかに。。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事