調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


昨年11月、深大寺元町の住宅地(修道院にも出入りしていた)で捕獲し、
去勢手術を施した、赤虎の虎の助君(白茶♂)ですが、、、
保護当初ひどい猫風邪を引いており、術後は、協力ボランティア宅にて、
投薬治療を続けながら、長く療養していました。
昨日(17日)、天気も良く、風邪のほうは、だいぶ良くなった、
と聞いたので、リリースをしようとしたのですが・・・

協力ボランティアさん宅から元の現場に移動中、ずっとピーピーと
鼻を鳴らしており、とても息苦しそうにしていました。。。
猫風邪自体は治っているということなのですが、、、。
慢性鼻炎になっているようで、鼻で呼吸するのが、相当苦しそうでした。
鼻息を聞いているだけで、こっちが苦しくなるような音で・・・。
この状態で放して、風邪を引いてしまったら、完全に鼻がふさがり、
物が食べられなくなり、まもなく肺炎になってしまうのではないか?
と心配になり、リリースをいったん見送りました。
そのまま、現場からどこに連れて行ったらよいのか、悩みましたが
協力病院も休みの日だったので、やむなく、、、
みゃーこ宅に連れて帰りました。。。。
ケージを全て里親様などへ貸し出し中だったため、その足で、
ホームセンターに寄って、ケージを追加購入しました。
今日病院でもらった薬を飲ませながら、さらに療養をします。

ずっと、協力ボラさんが、病院で処方された抗生物質等の薬を
飲ませてくれており、その薬がちょうど切れた堺でした。
薬が切れて、1,2日経っただけで、相当苦しそうになるとは、
まだ薬が切れない状態のようです。今度の土日まで様子をみます。

ご飯はきちんと朝晩食べているので、とりあえずは一安心ですが。。

それにしても、はじめは大人しそうに見えましたが、
ケージの移し替えの時など、怖い顔でシャー!シャー!言って、
かなり凶暴な感じの、大きな野良のオス君なので、
お世話も難しいです。。。

ご飯をあげたり、トイレの掃除などのたび、物凄い剣幕で威嚇し、
猫パンチが飛んできそうです。体を張ってのお世話です。。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事