調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今日で、ちょうど、エリーちゃんが亡くなってから、
1か月が経ちました。。。

エリーちゃんとは、、、
電通大の公務員住宅の敷地内にいた白キジの猫ちゃんで、
昨年11月に不妊手術のために保護した猫ちゃんです。
とってもおとなしくて、可愛い子なので、リリースせずに、
里親様を見つけようと思っていたところ、貧血がひどく、
また、白血病キャリアであることが判明し、里親探しはやめにして、
みゃーこ宅にて、お迎えすることとなった猫ちゃんです。

1月に入って、あまりにお腹が張っているので、病院に何度か
連れていくうちに、伝染性腹膜炎であることが判明しました。

みゃーこ宅に来たのが、12月16日。
それから、1か月ちょっとで亡くなってしまいました。
あまりにも、一緒にいられた時間は短すぎました。。。
エリーちゃんのためにできたであろうことは、沢山あったのに、
エリーちゃんのためにしてあげられたことは、わずかでした。

それも、余計なことばかりしてしまい、
寿命を縮めるようなことばかり。。。

撫でてもらうのが大好きで、ゴロゴロ言う子だったのに、
ゆっくり撫でてあげられる時間もわずかでした。。
声をかけると「ん?」と、お腹に力を入れてお返事をする、
とってもいい子でした。

後悔ばかりが押し寄せてきます。。。

エアコンの温度を常時もっと高い温度に設定しておけばよかった、
もっと早くみんながいる賑やかなリビングに出入りできるように
してあげればよかった、
日の当たるリビングの窓際で、日向ぼっこができる昼間の時間を、
過ごさせてあげたかった、、、
コタツの中が好きだったのに、初めの頃は、先住猫への感染を恐れて、
寒い部屋に隔離していたことが多く、本当に可哀想なことばかり。。

しまいには、せっかく、コタツの中で横になっていたのに、
もっとゆっくりしていたかったかもしれないのに、

無理やり引っ張り出して、キャリーケースに押し込んで、病院へ。
車の中では、ダンボールに入った大きなペットケージを人に貸すため、
エリーちゃんの椅子の隣に立て掛けて、、揺れてバッタンとなった時、
怖かっただろうな。。

何で、自分の横にエリーちゃんを乗せなかったんだろう、、
何で、大きな荷物を、エリーちゃんの横に置いてしまったんだろう、
何で、その日は、病院ついでに、いろんな用事を入れてしまって、
エリーちゃんを振り回してしまったんだろう、
何で、病院であんなに腹水を抜いてしまったんだろう、
何で、補液をちゃんとやってもらわなかったんだろう、
何で、その後に仕事があるような慌ただしい日に、エリーちゃんを
連れて行ってしまったんだろう、、、
そっとしておいてあげればよかった。
ちゃんと、エリーちゃんの顔色をよく見てあげればよかった。
よく見てなかった。。


ごめんね。ごめんね。

家に帰ったら、おかしくなってしまったんだもんね。
苦しかったろうに。。
ホントはおうちで、ゆっくりしていたかったのにね。。

もう少し、生きたかったよね。やっと、みんなと賑やかに
過ごせる部屋に来れるようになって、コタツとかホットカーペットの
上でぬくぬくすることを覚えたばかりだったのに。。。

どんなに謝っても、謝っても、謝りきれません。

申し訳ない、の思いで、どれだけ苦しめば罪がつぐなえるのか、
分からないまま、1か月が過ぎました。

母親って、もし愛する子供を自分の不注意で、殺してしまったら、
(たとえば、ほんのちょっとのつもりで、車の中に入れたままに
していたら、熱中症で死んでしまったとか)
その後、どんな風に生きていくんだろう?どんな風に気持ちを
立て直すことができるんだろうか、とか、考えました。

愛すべきものを救うどころか、苦しめることばかりです。

自分の行いを、一つ一つチェックしないといけない、
厳しくチェックしてくれる人がほしい、と思っています。


生き物にかかわる人たちは、心してかかわらないといけないです。
言葉を言えない、無力な生き物たちの運命を左右するのは、
私たちだから。
病院につれていくことが、必ずしも善とは限りません。

猫たちは、おうちで、ゆっくりしていたいのではないでしょうか。
温かな部屋で温かな人のむくもりを感じながら。

日向ぼっこをしていた姿を思い出せるのは、一度きり。
もっと、お陽さまの光の下で、体をリラックスできるような
時間を過ごさせてあげたかったです。

天国で、元気に暮らしているのかな。。


写真は、亡くなる6日前。1月23日に写メで撮っていた画像。
写真1は、携帯の待ちうけにしていた画像。もう辛くて、見られません。
写真3は、お気に入りの場所になっていたコタツの中。
     わずかな期間しかいられませんでした。。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

みゃーこさん、こんにちは。
後悔ばかりが押し寄せる気持ち、よくわかります。
私もそうでしたから・・・
でもエリーちゃんは、みゃーこさんに愛されて、みゃーこさんに看取ってもらって幸せだったと思います。
エリーちゃんはきっと今は天国で、のんびりと幸せに暮らしていると思います。元気出して下さいね。

2008/3/2(日) 午後 6:09 [ りんご ] 返信する

顔アイコン

ringoさま、ありがとうございます。m(__)m
後悔ばかりが津波のように押し寄せてくるのって、辛いですね。。
後悔しないですむように、その時々で最善を尽くせればよいのに、
なかなか、、、、天国で幸せになってほしいと祈るばかりです。。
温かなお言葉、ありがとうございました!

2008/3/4(火) 午前 1:30 chofuneko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事