調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


布田1丁目、調布駅東口近くのラーメン屋さん近くに、
なかなか捕まらない三毛がいるとのことで、一昨日、不妊手術のため
捕獲のお手伝いをさせていただいた三毛さんですが、、、
昨日退院し、元の場所にリリースしました。

この三毛さん、実はすでに手術済でした。。(ToT)(ToT)(ToT)
でも、捕まった後で、3年前に手術をした三毛がいるとの連絡が
入ったので、病院に連れて行った際、予め、3年ほど前に
手術済の可能性のあることを告げておきました。
なので、麻酔後よく確かめて下さり、お腹を切られることなく
すみました。ホッ!

以前捕まった三毛は、大柄で大人しいと聞き、今回の三毛は、
小柄で凶暴だったので、違う可能性が高いと思われましたが・・
翌朝、病院への出発前に、今回、三毛がいるとのご相談をされた方に
直接見ていただき、確認していだきましたところ、、、
「(前に手術したのは)この猫ではないっぽい・・」とのことで・・。
だいぶ前のことだそうで、はっきり覚えていないようでしたが・・。
確証がないようでしたので、病院に連れて行ったわけですが・・。

病院では、せっかく麻酔を打つので、もし手術済みだった場合、
耳カットをお願いしていました。
手術済みとは言え、ピアスも何も目印がなかったのです。
まだ若い三毛ちゃんなので、このまま目印もないままだとまた、
いつの日にか、誰か別のボランティアなどが見つけ、何も知らずに
手術に連れて行ってしまい、今度はお腹を切られてしまいかねません。

また、ノミ回虫駆除の投与と、ワクチンを打ってもらいました。
野良ちゃんは鼻気管炎など風邪がひどくなって、目がつぶれたり、
鼻が詰まって物が食べられなくなったりすると、致命的です。
ワクチンをやってあるか否かで寿命がだいぶ変わっくる場合もあるので、
野良猫のワクチンは、飼い猫以上に大事かと思います。
回虫も、外の子はお腹にウジャウジャいることが多いのですが、
消化不良や下痢等の原因となって成長を妨げます。
なので、今回、手術はされていましたが、ワクチンや
ノミ回虫駆除ができたことは、猫の体にとってはよかったと
思います。耳カットもできましたし。。

で、、、
今回捕まった三毛ちゃんは、ターゲットの三毛ではなかったわけですが、
実は、ターゲットの猫は存在しない可能性が高まってきました。
ご相談されたご飯やりさんが、今回の三毛(3年前に手術済)のことを、
新しい三毛と勘違いされているのではなかろうかと思われます。
ご飯やりさんは、結局、直接見てもらっても、見分けがつきませんでしたから。
なので、今回は、手術していない三毛はもういない、ということが確認でき、
ケリがつけられたではないかと思います。

早くしないと子供を産んでしまう、、とご相談を受けた協力ボラさんが心配し、
連日のように、仕事の合間を縫って捕獲器をしかけに行っていたのでしたが、
今回、これで別の猫はいないことが判明し、安心できたと思います。
明け方4時、5時に現場に見に行っても、いつも捕獲器は空っぽ、、
との話を聞き、ならば!ということで、今回、はりきってお手伝い
させていただいた訳ですが・・・

写真1:入院した日の三毛ちゃん。超凶暴でした・・
写真2,3:退院時の三毛ちゃん。少々大人しくなってました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事