調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

全体表示

[ リスト ]


調布ヶ丘1丁目のとある住宅地の猫現場の件ですが、
ここは、昨年の秋頃に自治会にもお話をしてきた現場です。

ご飯をあげていらっしゃる方と住民とが対立してしまっていて、
それをほぐそうと努力したのですが、なかなかご飯やりの方の
ご理解を得ることができず・・・(−−〆)
その方の協力なしには、どれだけ自治会や住民の方々が、
理解を示して下さろうとも、地域猫にしようがありません。。。

私も、昨年夏の終わり頃から、よく通る道沿いであることもあり、
「猫に餌をやらないでください」「迷惑行為は見られています」等
の餌やり禁止看板が、多数掲げれているのを見て、しかも、、、
東京都の迷惑防止を呼びかける看板は、明らかに東京都作製のもの
とは思えず、誰かが勝手に作ったと思われるほど、大きなもので、
見回すと、やはり、近くに看板屋さんがありましたし。。。(-_-;)
(この看板屋さんが、作ったんだとピンときました・・)
気になって、早くこの物々しい、嫌な感じの看板は取っ払ってもらい、
前に市と一緒に作った「置き餌禁止」の看板に変えていただこう、
きっとご飯やりの方も辛い思いをされているに違いない、
猫に優しい街になるようにしたい、と思って話をしてきたのですが・・。
苦情を言っていた住民の方々にお話を伺ったところ、、、
決して悪い方々ではなく、とても穏やかに普通にお話のできる方々でした。
それで、苦情住民や自治会の方を訪問し、『ご飯やりの方と話し合い、
ルールを決める』ことについて提案したところ、苦情住民も自治会も
賛同して下さる所まで、こぎつけたのでした。。。

なのに、なのに、いざ、ご飯やりの方のお宅を訪問し、一緒に
話合いに参加していただけないか?とお誘いしたところ、、、
「あんな人たちと話をしても仕方がない!私は何十年ここでやってきた
と思ってんの!手術だってちゃんとしてるんですからね!!」と、
突っぱねられてしまったのです。。。
それきり、自治会の方々も、「あの人と話をしてもダメか・・」
と、諦めてしまいました。。

猫の捕獲のほうは、実は、協力ボランティアさんが、昨年冬頃から
他のボランティアさんの協力も得て、何匹か(頭数忘れ)行ったそうです。
なかなか黒猫と母猫が捕まらないということで、難航しているそうですが、
また出産シーズンになるので、急がねば・・・ということで、
先週あたりから何度かまたトライしているようです。
でも、なかなかご飯やリの方との連携がとれず、捕獲が難航しているとのこと。
ご飯を食べてしまった後では、猫はなかなか出てきてくれませんからね。

昨日、たまたま協力ボラさんと、現場回りをしていたら、
そのご飯やりの方にお会いし、お話をする機会が得られました。

続きは明日!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事