調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


本日(23日)午後、
深大寺元町のお蕎麦屋さんで保護された、生後5ヶ月半
になる4兄弟のうちの黒猫ジジ君を、
船橋市の里親様のお宅にお届けしました!=^_^=

4兄弟(ジジ君、サバ君、ぶち君、まる君)の中では、
記念すべき第1号になります!!(^^)!

ジジ君は、とっても大人しくて従順なカワイイ猫君です♪
とってもいい子なので、里親さんを見つけましょうということになり、
保護されて後ひと月、ボランティア宅にて、里親様を待っていました。
本日、晴れて素敵な里親様に巡り会うことができて、
本当によかったです!!
(ジジ君は、最初にお見合いにいらした方を、シャム混5才の
ボア君と結びつけ、お役目を果たした上で、翌日、貰い手様が
見つかりました。ボア君も本日里親様のもとにお届けしてきました)

里親様宅では、ご夫婦と先住猫(2才のメインクーン)のメイ君が、
待っていて下さいました♪

今日は長い道中だったので、里親様とのご対面時には少し疲れている
ような感じでした。ケージ暮らしがひと月ほどあったので、
体力がちょっと落ちてしまったかな。。
まもなくキャリーから、そろりそろりと出てきて、動き回ったり
物の陰に隠れたりと、少しずつ慣れようとしていました。
里親様ご夫婦は、それをじっと温かい目で見守って
くださっていました♪
先住猫のメイ君は、お隣の部屋で、ちょっと不満げです。
だって、自分だけ隣の部屋で待機させられてしまったんですものね。
『なんなの?この展開???』ってな感じで、ずっとこちらの
様子を大きな目を見開いて見てました。

はじめ、お届けしてキャリーから出てもらうとき、、、
里親様が先住猫のメイ君を抱きかかえつつ、皆様揃ってキャリーの前に
座り、「さぁ!出ておいで♪」という感じに、ジジ君のお出ましを待つ、
という体勢でしたが、、、、
それでは、ジジ君は怖くて出てこれないのでは?と思い、
急遽体勢を変更してもらい、メイ君をとりあえずは、お隣の部屋で
待っていてもらうことにしたのでした。
メイ君、ゴメンネ・・・。メイ君は、大きくて迫力ありすぎるの。。
里親様もちょっとがっかりモード。。すみません。。

#余談になりますが、、、
#先住猫さんがいらっしゃるおうちでは、よくあるのですが、、、
#里親様としては、新しい家族がきたよ!って、先住猫さんに新しい家族をみてもらいたい、
#このおうちの中に一歩を踏み出す、この記念すべき瞬間を一緒に見届けて迎え入れたい!という
#お気持ちなのだと思います。
#でも、猫にとっては、ただでさえ、知らない場所にくることは、勇気のいること。まして、
#見知らぬ人や見知らぬ猫までもが、じっと目の前に待ち構えているのでは、さぞ怖いでしょう。
#外であれば、逃げ隠れできますが、閉ざされた環境下では、恐怖を感じてしまいます。
#先住猫ちゃんにしても、最初は、自分のお城(テリトリー)である、おうちの中に、
#見知らぬ猫が侵入してきたとなると、警戒したくもなるでしょう。

#猫は、お互いの距離を大切にする生き物ですから、人間がむやみに近付けたり、
#逆に引き離したりしてはいけないと思います。だから、人間が一方の猫を抱きかかえて、
#もう一方の猫の鼻先に強制的に顔をくっつけるようなことはしないでほしいのです。
#もともと仲良しの兄弟猫同士ならよいですが・・。見知らぬ同士を至近距離で
#人間の力で近づけることは、してはいけないです。

#よく、しばらくすると、先住猫さんと鼻キッスでご挨拶する場面を目にしますが、
#あれは、あくまでも猫がお互いの呼吸で近付いて、確かめるために恐る恐る鼻先を
#つきあわせているのです。
#その直後によく、やっぱ怖くて「シャーっ!」とか言ってますが。
(すみません。これは余談です。。。)

ということで、
メイ君も、かれこれ2年間ほどずっと一人っ子として、
可愛がられていたのですから、
突然、自分以外の猫にご対面して、さぞ驚かれたことでしょう。

ジジ君は、マイペースにゆっくりと探検を始めたかと思いきや、
ピアノの下に座り込み、そこで落ち着いてしまいました。
黒と黒で目立たない・・。

そろそろ記念写真を、ということで、引っ張り出して、
里親様に抱っこしてもらうと、思いのほか「小さい」と。
普段、大柄なメイ君を抱っこしていて、重量感の違いに
驚かれたのでしょう。
まもなく、腕の中にすっぽりとおさまって垂れてました。(^_^;)

里親様のおうちには、よく見るとディズニーのものがいっぱい!
何だか、ディズニーな世界にきたような・・。(^_^;)
夢があって、明るく楽しいものに囲まれて、ジジ君もやがて、
すっかりリラックスしたら、地が出てくるでしょう。
メイ君をよきお兄さんとして、慕うことと思います。
ジジ君には、保護前、お蕎麦屋さんの所にいたときには、
保父さんがついていたそうですから、2才のお兄ちゃんが
できたことはラッキーでした!
メイ君、どうか、ジジ君を優しく可愛がって下さいネ!!
宜しくネ!!


写真1枚目:里親様宅に到着。「さぁ、着いたよ!」
  2枚目:まもなく、ケージの中のお布団に上に。お休み?
  3枚目:ピアノの下で落ち着いてます。。。色が同じだよ!
  4枚目:新しいお母さんのお膝♪。
  5枚目:新しいお父さんのお膝♪
  6枚目:メインクーンのメイ君(2才)「誰か来てるよね?」 
  7枚目:同上「ぼくは???」
  8枚目:里親様の腕の中。すっかりなじんでます♪(^^)
  〜最後

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


小島町1丁目の集合住宅敷地内で先月保護された、
推定5才になるシャムmixのボア君を、本日午前中に、
川崎市内の里親様のお宅にお届けしました!(^^)
里親様宅には、お二人姉妹と妹様の猫さんが2匹(サビちゃん)
います。伺ったときに、大きなサビちゃんが部屋をぐるっと、
目の前を走り去って行くのを一瞬、見ました。。。
ボア君は(シャア君)は、お姉様の猫さんとなります。

一週間前、ボア君はお姉さまと運命的な出会いをしたのでした。
その偶然のお見合いの時には、ちょうど風邪っぴきで
ひどかったですのが、とっても気に入っていただけたのです。
そのときはまだ、里親探しの準備段階で、風邪も引いてしまって
いたのですが、預かってもらっているボランティア宅で湯たんぽと
クッションの猫床を用意して暖がとれるようにしてもらったり、
風邪薬も毎日飲ませてもらっていたので、今日までには、
だいぶ回復していました。
ボア君、里親さんの所に行くのに備えて、頑張ったんだね!
里親様宅には先住猫達もいますので、暫くはケージの中で
様子を見つつ、回復具合を見計らって徐々に開放していく
ことになりそうかな。。。
と思って、大き目のケージを用意していきました。

でも、
キャリーから出てきて、意外にそんなに怖がらずに、
落ち着いて家の中を探検し始めていました。
腰を低くしてへっぴり腰になりながらですが。(^_^;)
そして、何を思ったのか、キャビネットの上に飛び乗ろうとして、
お姉さま、ビックリ!
大事なものが並べてあるそうで、慌ててボア君を下ろしてました。
時々、用意したケージの中に入ってみたり、
里親様がご用意くださっていた猫ベッドに早速もぐりこんだり。。

そうそう。
ボア君は、行ったその日から、「シャア君」という新しい名前で
呼ばれていました。
「シャア?」「シャアちゃん?」と何度も声をかけられていて、
すっかり、里親様のおうちの子って感じに受け入れられていました。

窓際がとっても日当たりよく、さっそくシャア君を陽の当たっている
窓際に引き寄せてみると、そこでまったり・・・。
いい感じに日向ぼっこをしてました♪

記念写真を撮らせていただくときも、まったく嫌がらずに、
大人しく、里親様の腕の中に。。

里親様に撫で撫でされて、とっても気持ちよさそうにしてました。
『至福のとき〜〜♪』てな、感じにとろんとなってました。
でも、内心はちょっと半信半疑だかも。
『なんで突然こんな好待遇なんだ?』って内心思ってたかも。。
でも、里親様の手つきがまた手慣れてまして、まんざらでも
なさそうでした。さぞ心地よかったことでしょう。

今まで長い間、危険がいっぱいで寒い外にいて、ひもじい思い、
怖い思いをしただろうけれど、
これからは、この温かな家の中で、リラックスしていいんだよ。
お姉さまたちに、いっぱい甘えてね!

写真1枚目:キャリーケースから、ぬくっと立ち上がり・・。
  2枚目:里親様に早速抱かれて・・。  
  3枚目:探検開始!へっぴり腰ですが・・(^_^;)
  4枚目:とりあえず、ケージの中に入ってみたり・・ 
  5枚目:キャットタワーの一番下の箱の中におさまってみた。このBOXいいね!
  6枚目:窓際で日向ぼっこしながらお昼寝?
  7枚目:いいねぐら見っけたね!暗くて落ち着くな〜
  8枚目:里親様姉妹に、しっかりと抱っこされてます。
  9枚目:同上
 10枚目:同上
 11枚目:お姉様のお膝でとろん・・♪ もうすっかりなじんでますね!(^^)

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


とても活発で遊びが大好き♪元気いっぱいのサビ猫ミュウちゃんの
里親になってくださる方を、大募集しております!!

生後2ヶ月弱の、サビ猫の女の子です。
とっても元気で、先住猫とよく遊んでいて、疲れ知らずの強い子です^_^;

里親募集の詳細は、以下のとおりです。


【特徴】短毛の黒茶(サビ)。背中が黒茶のシマシマ模様です。
    目の色はモスグリーン。しっぽはすらっとまっすぐです。
    目鼻立ちがくっきりとした、美猫ちゃんです。
【性格】とても活発で、人とも猫とも遊ぶのが大好きな子です。
    先住猫にも「一緒に遊ぼう」って盛んに向かってくる、元気な子です。
    食欲旺盛で、ご飯を食べるときに「みゃーみゃー」鳴くのがカワイイです=^_^=
【健康状態】良好。ノミ駆除・駆虫・トイレ躾済。
       三種混合ワクチン(1回目)接種済。

【経緯】
調布市多摩川の住宅地で保護されました。
保護されている方のお宅では幼いお子様がおり、飼うことが困難なため、
里親になっていただける方を探しております。
現在、市内のボランティア様宅で保護されています。

【その他連絡事項】
里親様には、完全室内飼い・不妊去勢手術・定期的なワクチン接種
・終生飼養を約束していただきます。
一生家族として十分な愛情を注いで面倒を見ていただける方に限ります。
初めて猫を飼う方でもアフターフォローは万全にいたしますので、ご安心いただけます。(^o^)

関東近県の方希望で、お引渡しはご自宅まで直接お届けさせていただきます。

連絡先:myanko@orion.ocn.ne.jp
   (迷惑メール防止のため、@は小文字にしてください)

★サビ猫ミュウちゃんの特設写真館を公開中!随時更新=^_^=★
 とってもカワイイミュウちゃんの姿がご覧になれます♪
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【調布地域猫の会 公式HP「ミュウちゃんの写真館」】
  http://www.chofu-neko.net/satooya/tamagawa/miu.htm

開く コメント(0)

イメージ 1


西つつじヶ丘1丁目のマンション敷地内で、住民の方々による、
地域猫対策が本格始動しました!
(詳細は、各カテゴリー別の「つつじヶ丘の猫事情」をご覧下さい)

先月ご相談を受け、地域猫にしていきたいとのことで、
お手伝いさせていただくことになった現場です。

21日朝に、敷地内の駐車場にて、第一回目の捕獲を行い、
第1号、2号となる、2匹のオス猫が捕まりました。
2匹のうち、1匹は今年の春生まれの生後5ヶ月ほどの白黒君。
もう1匹は、大きな黒猫君で、皮膚病がひどかったです。。。

もう、マンション内のペット委員会の会長様にも話がされており、
意欲的に取り組む姿勢を示され、すでに居住者にご協力をお願いする
回覧文書までできていて、ビックリ!(@_@;)
これから理事会にも話を通されるそうで、その勢いに圧倒されてます。。。

これまで、何年もの間猫は排除され、猫達に冷たい状況で、
猫達が警戒心強く、人前に出てこないような感じだったそうですが、
これからは、もう少し猫たちも安心して暮らせるといいな♪
と思います。

詳細は、各カテゴリー別の「つつじヶ丘の猫事情」をご覧下さい!

今後の経過なども、上記各カテゴリー別のほうに記載させていただきます。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


西つつじヶ丘1丁目のとあるマンション敷地内で、
住民らによる地域猫対策が本格的に開始しました!

まずは不妊去勢手術を、ということで、捕獲初日となった21日朝、
第1号、2号となるオス猫2匹を去勢手術のため、捕獲しました!

こちらの現場は、マンション敷地内で猫が増えてしまい、
猫に可愛そうなことがあったことや、今後は地域猫として、
対策に取り組みたいということで、ご相談者様より、先月、
ご相談を受けておりました。
そして、昨日の朝が、捕獲初日となりました。

昨日の捕獲初日、朝、現場に行ってみると、もう既に、管理人さんや
周囲の何人かの方には声をかけて下さっており、管理人さんも
とても好意的な協力的な感じで対応してくださいました。

向かいの建物(寮)の敷地内や、近くの小さな会社の建物の敷地内にも
猫がいて、そこでもご飯をもらって、行き来しているようなので、
そちらのほうも少しだけ様子を見に行ってきました。
あちこち見て歩くと、猫さんたちの姿がチラホラ。。
でも、皆さんすっと隠れてしまうので、捕まるか心配になりました。
猫が姿をさっと隠すのを見て、ご相談者様、
「いじめる人がいるからみんな警戒心強くて、、、
文句ばっかり言ってないで、ちゃんとこういう地域猫を理解して
もらわないと困るわ!」と仰っていました。

また、今後は、ご相談者様のほうで、周辺のほうにも広く声かけを
やっていきたいとのことでした。

昨日の朝、管理人さんにニコニコされながら、
「プロの人のお手並み拝見だ!」とか言われ、
『別にお金稼いでるわけではないんで、プロじゃないんですけどね・・・(^_^;)』
と心の中でつぶやきながら、、、
マンション中庭に物々しい捕獲ケージを持って進入し、
早速、捕獲ケージを2台設置。

やはりお腹を空かせていたのか、今年春生まれという6ヶ月位の白黒君が
登場。遠くから、こっちの様子を見ながら、何か訴えてましたが、
まもなく捕獲器に入ってくれました。

もう1匹(黒猫で皮膚病あり)も同じような感じで、割とすんなり捕まりました。
その日はそれで終わり、残りの猫たちについては後日捕獲することに。

今度は自分達で捕まえられる時にやってみますとのことで、
捕獲ケージをお貸ししました。
土曜の朝、追加チャレンジです。

最後、マンション内のペット委員会の会長様にも声をかけていてくださり、
会長様にご挨拶したところ、とても意欲的に一緒に取り組んでいく心積もりで
いらしたようで、すでに回覧文書(マンション敷地内の猫対策の協力を求めるもの)
までできていてビックリ!(@_@;)しました。
これから、理事長の方にも話をされるそうで、協議をする運びになっています。

今一番勢いあり、しかも住民主導でとっても理想的な形で開始された、
しばらく注目の現場です!(^^)

写真1枚目:第1号、今年春生まれの中猫の白黒君「腹減った、ちょーだいよ!」
  2枚目:同上(捕獲後)
  3枚目:第2号、黒猫君(皮膚病がひどくてかわいそう・・(>_<))
  
第2号となった、ボスのよな大きな黒君(皮膚病がヒドイです・・)

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事