調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2


先日、「国領地域の猫事情」にも掲載いたしましたが、
国領8丁目の集合住宅地の敷地内で、
一昨日、生後3か月ほどの白黒子猫さんが保護されました。

(経緯は下記の「国領地域の猫事情」をご覧ください♪)
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1620889.html

この白黒チビさんは、最近、母猫が捨てにきたらしいです。。
そこには、夏生まれと見られる生後6か月ほどの3兄弟がいるのですが、
その白猫ちゃん兄弟が母猫代わりに、面倒をみてくれたようでした。
引き離すのは、かわいそうでもありましたが、
この子の将来のためと、一昨日(23日)、保護されました。
子猫なので、捕獲器ではない穏やかな方法(キャリーケースにおいしいものを
入れておいて、そっと蓋をしめる作戦)でやりましょう、お話していました所、
それで見事成功されたそうです。

昨日、子猫をご相談者様宅に引き取りに伺い、一時病院に預けています。
ノミ・回虫駆除のレボリューションは済ませております。

すでに、預かり先は、国領のご相談者様宅で決まっているのですが、
明日、ミユちゃんのお見合いが2件入っているので、その際に、同時に
見ていただこうかと思っています。
その後、白黒チビちゃんは、ご相談者様宅に移ります。

白黒チビちゃんは、特に目立った風邪などの病気もみられませんし、
シャーも言わず、おとなしく、もうすでに触れる子のようですので、
すぐにでも、募集をかけられる状態です。
(ご相談者様のお宅では、「ヨネちゃん」と呼ばれているそうです♪)
三種混合ワクチンも、今日明日中に打ってもらう予定です。

もし、興味ある方が、いらっしゃいましたら、
下記まで、お問い合わせください♪
明日まででしたら、動物病院のほうで、面会可能です。

問合せ先:myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直して下さい♪

なお、深大寺の修道院の子猫、ミユちゃんにつきましては、
おかげさまで、すでに、応募が多数(6件ほど)きておりまして、
お見合いが明日2件あり、前後してお見合いなしでのご希望も入っております。
ですので、まだ正式決定には至っておりませんが、
募集のほうは、一時ストップさせていただきたく存じます。
よろしく、お願い申し上げます。m(__)m

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

エリーちゃんのこれまでの経緯は、前回までの記事をご覧ください♪
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1698346.html


昨日(24日)、エリーちゃん、病院で輸血をしていただきました。
顔が白く、足取りもフラフラで貧血がひどいようなので、血液検査をしたら、
ヘモグロビンの値も下限で、かなり危機的状態ということでした。
人間や犬だったら、もう死んでしまっている値だそうです。
それで、輸血をすることとなりました。
体重も、1.9キロと、ついに2キロを切ってしまいました。。。

前にも、輸血の話は出ており、うちの猫からとってもらおうかとも考えていました。
今日、うちの猫を献血のために連れて行こうと思い、いざ、キャリーケースを出し、
捕まえようとしたところ、殺気を感じたようで、物凄い力で必死に抵抗して暴れ、
キャリーケースに入れることができませんでした・・・。(-_-;)

しまいには、2匹とも手の届かない押入れの上の奥のほうに隠れてしまい・・・

なので、仕方がなく、とりあえず、エリーちゃんだけを病院へ。
午前の部で、輸血のための検査と、献血してくれる猫との血液の適合試験をし、
それから、2時間ほどかけてゆっくりと輸血を行うとのことで、
夕方、お迎えに行きました。

朝、連れて行って、輸血の準備の際、エリーちゃんの腕に刺した針から、
なかなか血が抜けず、血管が非常に細く、点滴の針よりも細いみたいで、
とても大変そうでした。。。血圧も低く、出てこないようでした。
しきりに鳴くエリーちゃんを「ガンバって!ガンバって!」となだめつつ、
血が早く抜けることを祈る気持ちで、固唾を飲んで先生の指先をじっと
見守ること、数分。。
エリーちゃんのなけなしの血が注射器に入っていくのが見えると、
ホッとするとともに、その分さらに血が減ってしまい、
大丈夫なのか?心配にもなりました。

少量、プレパラートに乗せられたエリーちゃんの血を見せていただいたところ、
とっても薄かったです。水彩絵の具の赤をバケツの中で薄めたような色。。

針は何度か試して腕に刺せなかったので、結局、足の腿の内側あたりに刺し、
固定されました。
とりあえず、そこまで見届けて、お願いしていったん戻りました。

うちの猫を献血に連れてこれなかったので、急きょ先生が、ご自宅に戻り、
ご自宅の猫さんを連れてきて下さいました。m(__)m
エリリンのために血を分けてくださった、ミーちゃん、本当に、ありがとう!! 
おかげさまで、助かりました!! (^^)

夕方、お迎えに行ったら、割と元気にしていて、安心しました♪
輸血中、動いて針が抜けてしまったようで、結局、足からまた腕にし直したそうです。
動くともれるので、抱っこしながら、輸血してくださったとか。。

とにかく、無事に終わり、帰宅後食欲もあり、安心しました。
一時的な食欲のような気もして怖いのですが、何とか今のうちに、
沢山食べて、体力つけてほしいです。


写真1〜3:輸血の準備のため、補液中。
      やっと針が入り、ひと安心。『動くなよ!』
写真4〜6:輸血が終わったばかり。エリーちゃん、ホッとしている様子。
      『3時間、お疲れ様でした!よく頑張ったね!』
  写真7:帰宅後。さっそくご飯を食べるエリーちゃん。(^_^;)
      『ご飯食べてるんだ、いい子だね〜』 

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2


前回の記事でご紹介した、国領8丁目マンションにいた猫のうち、
白黒チビ猫さん(ヨネちゃん)を、昨日、ご相談者が保護しました。

先日行ったキャリーケースによる捕獲作戦で成功したそうです。
昨日から一晩、今日にかけては、キャリーケースの中で我慢してもらい、
本日、病院に連れて行きました。

レボリューションを打って、ノミとお腹の回虫駆除をし、
風邪を引いてなければ、ワクチンを打ち、里親探しの準備を進めます!

とってもカワイイ白黒八割れの白黒猫ちゃんですよ!
ご相談者様の家では、「ヨネちゃん」と呼んでいたそうです。(^^)
生後、3か月半くらいでしょうか。

最近、ご相談者様のお住まいのマンションの中庭に、急に来たとかで、
どうも、母猫が捨てにきたのだそうです。(-_-;)

シャーも言わず、おとなしくて、撫でられます。
とってもいい子ですよ〜♪
ぜひ、里親ご希望の方は、ご検討ください!

特に風邪など引いておらず、きれいなので、明日病院に迎えに行き、
ご相談者様宅に預かっていただくこととなってます。


開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事