調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

≪白血病キャリアで、伝染性腹膜炎を発症していたエリーちゃん、本日午後6時50分に亡くなりました。
(享年1才1ヶ月)
伝染性腹膜炎と診断されてから、12日目でした。(発症してからはもっと経っていると思います)
亡くなる1時間ほど前に投稿した記事が、以下の「白血病のエリーちゃん」にあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1698346.html ≫

小島町1丁目のとある国立大学法人の公務員住宅敷地内で、
10月に行った猫対策の際に、保護したエリーちゃんですが、
人慣れし大人しい子なので里子に出すつもりが、その後、
白血病キャリアと判明し、里子に出せず、病状も悪化してきたので、
みゃーこの自宅でお迎えすることとなりました。
12月16日に我が家に来てから、今日でひと月半ほどになります。

そのエリーちゃんが、先ほど(18時50分)、伝染性腹膜炎による、
末期症状(恐らく多臓器不全)で、亡くなりました。

最期は、穏やかに、静かに、息を引き取りました。

一昨日あたりから、かなり呼吸が荒くなって、背中で息をしている
感じになってきたので、病院で腹水を抜いてもらったりしなければ、
と思いました。それで、昨夕、病院に連れて行ったのでしたが、、

昨夜、病院から帰ってから、極度の貧血で、上体を起こせないほど、
フラフラ状態になり、首がグラグラして座らず、瞳孔も動かなくなり、
昨夜から、危篤状態となってしまっていましたが、、、
補液やら、ポカリのシリンジでの補給で何とかかろうじて持ち直し、
明け方あたりから急に、必死に起き上がろうとして、フラフラしつつも、
首のふらつきはだいぶおさまり、一生懸命ご飯の方へと歩いたりしました。
はじめ朝4時頃、缶詰のご飯を、ほんの少し食べました。
それから、朝6時頃にも、休み休みですが、10口ほど食べました。
a/d缶などの強制給餌はかたくなに拒むのですが・・・。

這いつくばりながらも、ご飯を必死に食べようとするその姿に、
物凄く、強い、「生きたいよ!」という意志を感じました。
体は、もう1.84キロと、生後9か月ほどになるのに、2キロもなく、
痩せこけて、貧血のレベルも極限値までいっており、顔面蒼白です。
この小さな体のどこから、こんな強靭なエネルギーが湧いてくるのか?
と昨夜(明け方)は、見ていて感動モノでした。

それで、明け方からヨタヨタしながらも、自分でコタツに入ってみたり、
出てきて歩いてみたり、そこら辺にへたったり、を繰り返し、
危機を脱したかのように見えました。

呼ぶと「うん?」といつもお腹から声を出して、お返事をする
可愛い子なのですが、
今日は昼過ぎくらいからは、激しく声をあげて泣き続け、
いつものように、呼んで返事をするというのとは違う声の出し方で、
ずっと「苦しいよう、苦しいよう!」と鳴いているようでした。

先生も、FIP(伝染性腹膜炎)を発症して、こんなにもった子はいない、
とおっしゃっていました。
先生は、診断されてから、「1週間以内・・」と言われていましたから、
診断されてから、12日目まで(発症はもっと前だったと思います)、
相当頑張りました。
しかも、前の病院にいたときから、貧血がひどいということで、
それだけでも、かなり危険な状態と言われていました。

それから、よくここまで頑張ってきたと思います。

本当に、メチャメチャ可愛い、いい子過ぎる程、いい子でした。

考えてみれば、うちに来てから、一度もゆっくり眠ったことが
なかったのだと思います。
私も家族も、目を閉じている寝顔を見たことが一度もないのです。
いつも見ると、うす眼を開けて、こっちを向いて「うん?」と、
小さな声を出すのでした。

今日は、最期の方は、やけにうつらうつらしていました。
もう、ずっと長いこと気を張ってきて、かなり疲れたのでしょう。

やっとゆっくり眠れるよ、安心して寝ていいんだよ♪
と毛布をかけてあげてます。

これまで、ずっと見守って下さった皆様には、心より御礼申し上げます。

エリーちゃん、本当によく頑張ったね。天国でいい夢見て、幸せに。。


写真1:今朝2時51分
写真2:今朝3時15分
写真3:今朝4時37分
写真4:今朝8時7分
写真5:午後4時15分
写真6:午後6時24分

開く コメント(10)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

≪エリーちゃんは、本日、この記事を投稿後まもなく、18時50分に、息を引き取りました。
以下は、その1時間ほど前の投稿になります。詳細は、以下「緊急告知」をご参照下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1701265.html ≫

白血病キャリアのエリーちゃん、伝染性腹膜炎と診断されて、
今日で11日目となっています。

一昨日あたりから、呼吸が荒くなり始め、
昨夕、病院で腹水を抜いてもらいに行きました。
昨日は、100cc抜いてもらいました。

フィブリンがなくなっていて、サラサラの黄色い液に
なっていました。尿もま黄色です。

腹水がたまって、心臓や肺が圧迫され、息が苦しいのかと
思ったのですが、抜きすぎたかもしれません。

ただでさえ、極度の貧血で、血圧が下がりすぎたのか、
帰ってから、フラフラ状態になってしまいました。
キャリーケースを開けると、ぐったりと寄りかかっていて、
目を見開いて、苦しそうにしていました。

帰宅してから、昨夜20時頃から、深夜2時頃までは、
全く動けず、上体を起こそうとしても、頭がグラグラと
揺れてしまい、バタンと倒れ、背中で必死に呼吸をする感じで、
目を見開いていました。目の前の動くものにも目が全く
反応せず、全く目が見えていないようでした。
もう、時間の問題のような感じになってしまいました。
(先日見たごくう君のようでした)

とにかく、補液を100ccして、しばらくしたら、起き上がろうとし、
フラフラとどこかに行こうとしては途中でバタンと倒れこみ、、、
を繰り返し。
先生に連絡し伺ったら、血糖値が下がっているので、
砂糖水かポカリをシリンジであげてください、ということと、
温かくすることなどのアドバイスをいただきました。
それで、ポカリをシリンジで少しだけ飲ませました。
すぐには、苦しそうにし、まだ立てませんでしたが、

明け方、6時頃になって、起き上がろうとした際、
首がある程度座るようになって、頭のふらつきがだいぶおさまり、
トコトコと歩いて、先住猫のご飯のある方面へと向かいました。

慌てて、缶詰をエリーちゃんのお皿に入れて、顔の前に出すと、
倒れこみそうになりながらも、目の前のご飯を食べ始めました。
エリーちゃんが倒れるのを後ろから抱きかかえて支えながら、
お皿をエリーちゃんの前に出して。
そうしたら、なんと休み休みですが、合計10口位食べたので、
ビックリ!!ちょっと食べて、へたっては、またもう一口と。
ただでさえ貧血で、体の中に栄養分が足りないのに、腹水抜いて、
体の中にある必要なものが限界に達していることを、
体で分かって、欲したみたいです。

息苦しいのに、極度の貧血でフラフラしながらも、
一生懸命にえさ皿に向うエリーちゃんに、強い生きたい意志を
感じました。

体重も、1.84キロと、3か月の子猫なみになってしまいました。
小さな体で、貧血でまっ白いお顔で、今にも消えそうな子ですが、
内に秘めた生命力はすごいものがあります。

先生も、昨日病院に行って、「よくここまでがんばってますね!」
と驚いていました。

そして、今朝から、ずっと目が離せずに、時間が経過しています。

(本日、午前中、子猫のお届けが一件、捕獲した猫の病院への搬送が
一件ありましたが、他の仲間が仕事を休んで行ってくれました。)


今、とても容態は悪いです。
ずっと明け方から苦しくて、泣きづつけ、起き上がろうともがいたり、
少し歩いてみたり、バタンと、へたってしまったり、を繰り返し・・・。

昨夜から、何度も、もうヤバイと思われる瞬間があり、緊張が走っています。
息が荒くなって、鼻が詰まり気味なのか、時々口を大きく開いて、
ガッと目を見開いて、激しく息をすることがあります。
今にも、息が止まってしまうのではないかと心配になって、
「大丈夫か大丈夫か」と言いながら、じっと見つめます。

ブランケットをかけ、暖房もエアコンもオイルヒーターも、
ホットカーペットも、家中にある暖房器具をつけっぱにして、
温かくてはいるのですが、
なぜか、すぐに毛布からは出ようとしてしまいます。
ずっと、声をあげて苦しそうに泣き叫んでいます。
はじめは苦しくてガッと目を見開いて、泣き叫んでいるのですが、
しばらくそっと優しく撫ででいると、少し落ち着いてきたり・・。


でも、先ほど、自分でリビングから、エリーちゃん部屋に行き、
そこで、ぐったりしています。
もう今は、口を半開きにして、撫でていても変わらず、
苦しそうに息をしながら、私が誰かとか分からないようになって、
さまよっているようです。

でも、絶対死ぬもんか!!、ってずっとずっと、
すごくよく頑張っていて、本当に本当に偉いです!

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


エリーちゃんが伝染性腹膜炎と診断されてから、10日目。

一昨日から呼吸が少し荒くなってきたので、
腹水を抜いてもらったほうがよいと思い、
今日の夕方、病院に連れて行きました。

帰宅後、キャリーケースを開けるとぐったりしており、
歩くことができなくなってしまいました。

立ち上がろうとすると、倒れこんでしまい、
上体を起こしていることもできなくなってしまいました。

その後、目を見開いて、その目がどこを見ているのか分からず、
まばたきもせずに動けなくなってしまいました。
それから、先ほどまで大変危機的な状況が続きましたが、
ほ液とシリンジでポカリを飲ませた効果が出てきたのか、
先ほど、よろよろと起き上がり、ご飯を少し食べることが
できました。
首が座らなくなってしまい、グラグラしているので、
私が首を支えて、ご飯を食べさせてあげたら、
少し休んで、自分で立ち上がり、ご飯を食べ始めました。

昨夜20時〜明け方6時まで、片時も目の離せない、
緊張した時間が続きましたが、これで、少し安心できます。
エリーちゃん、もう少し頑張りたいと言っています。

本猫も、少し落ち着いたのか、やっとうつらうつらと
してきました。ずっと苦しいみたいで、鳴いてました。
一番ヤバかった夜20時〜24時位までは、声を出すことすら
全くできませんでしたが、声を出し始めてから、ご飯を
食べ始めたのです。
今は、激しく鳴いていたのもおさまりましたが、
時々、声を出しています。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事