調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


深大寺元町の修道院で保護された子猫5兄弟のうち、
最後の生後3ヶ月のミユちゃん(サビ三毛♀)、の里親様が決定し、
29日(火)午前に、江東区の里親様のお宅にお届けしました!!

ミユちゃんは、5兄弟のうちで一番オチビちゃんで、シスター達から
可愛がられていた末っ子です。薄サビ三毛の美猫ちゃんですが、
保護当初、ひどい風邪を引いていて、治りが遅かったので、
貰い手探しも、一番最後になってしまいました。

すっかり、風邪が治って、目鼻がきれいになってきたところで、
里親募集を開始したところ、大人気で、お見合い希望が3件、
そのままお届け希望が2件入りました。
結局、一番初めにご連絡くださり、当会アンケートへの
ご返信も早く、お見合いに来てくださった方に決まりました。
ちょっと、ジャニーズ系かも。。。(^^)
その方は、江東区にお住まいの男性の方です。
前にずっと一緒だった猫ちゃんもミユちゃん、というのだそうで、
運命的なものを感じたのだそうです。

このたび、ミユちゃんを大事にします!と言ってくださった
他の希望者の皆様には、ご期待に添えず、申し訳ございませんでした。

お届け後、ミユちゃんはもう、他の修道院の怖がりの子猫とは違い、
いきなりお部屋の中に放しても大人しくしていて、里親様のお膝の上や、
コタツ布団の上で、かわいらしくまったりとしていました。(^^)
当面はケージの中で、の方が無難と思い、一応小ケージは持参し、
お貸ししてきましたが、もしかしたら、必要ないかもしれません。

実は、ミユちゃんは、お届けの前日位から、風邪をぶり返してしまい、
当日も、まだちょっと目がうるうる状態で、ベストコンディションでは
なかったのすが、前にも猫を飼っていて慣れていらっしゃる方のようで、
あとのケア(お薬を飲ませたり、点鼻・点眼薬を行う)も、
引き受けて下さるということで、安心してお届けでできました。

環境が変わると、免疫力が下がって、風邪を余計に悪くすることも
あるので、その後が心配でしたが、
翌日には、もうだいぶ慣れてきた、というご報告のメールと写真と、
里親様の扱うヒモにじゃれている動画が送られてきました!

お若いけれど、とっても優しい方にもらわれて安心しました。
今後の成長が楽しみです♪


写真1〜7枚目:お届け後のミユちゃん。里親様の腕の中で、ちょっと緊張気味。。
          いきなり、普通にお部屋の中でも大丈夫そう。。 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


深大寺元町3丁目の修道院近辺の住宅地にいて、保護された、
生後3歳ほどのモモちゃん(サビ♀)の里親様が決まり、
26日(土)に、藤沢市の里親様のお宅にお届けしました!!

モモちゃんは、一年ほど前から、そのあたりに姿を現すように
なったそうですが、このたび保護されたご相談者様が時々、ご飯をあげて
可愛がっていた猫さんです。立派な体格で、ふっくりらしていて、
体当たりでスリスリ甘えてくる、とっても人懐っこくい可愛い子です♪
修道院の猫対策の件などで、現場に足を運ぶたびに、どこからか、
このモモちゃんがやってきて、足もとにスリスリしてくるのでした。
ご相談者の方の膝の上に飛び乗って甘えたりしているのも見てました。
ご相談者の方からは、以前に「この子を里子に出せないかしら?」と
言われており、私も、こんなに人懐こく、可愛い子ならば、成猫だけど、
見つかるだろう、見つけてあげたい、と思っていました。
今は健康でも、年をとれば、外の暮らしはつらいもので、いつまで、
冬を越せるかは、分かりません。外の猫たちは、早い寿命を迎えますし、
多くは、最期、悲惨な運命をたどることになります。

それで、この近辺の地域猫対策の一環の意味もあり、モモちゃんを
里子に出そうと思っておりました。ちょうど、そういう時に、
成猫でもいい、という里親希望者様からのお見合いのご希望が入り、
急きょ保護して、ペットホテルに預けて、お見合いに備えたところ、
無事、気に行っていただけて、先日(28日)のお届けとなりました。(^^)
里親様は、藤沢市辻堂の方で、男性のおひとり暮らしの方です。
事前のやりとりで、とっても責任感ある、誠実な方だと推察されました。

お届け当日、モモちゃんを病院に迎えに行くと、これまで、ご飯を与え、
面倒を見てきたご相談者様も立ち会われ、涙を流されて見送りました。
また、モモちゃんも、車の中で初めは泣き叫んでいました。。。
『何だか、私ってば、ものすごく残酷なことしてない??? (^_^;) 』
って感じで、車を出しながら、親子の泣き別れの場面で、親から子を無理やり
引き離して子をさらう悪役にでもなったかのような気分にもなりました。
でも、『モモちゃんは幸せになりに行くのだ!』と言い聞かせ・・。

モモちゃんが鳴くので、キャリーの隙間に、手を伸ばして、
モモちゃんの頭を撫でたら、鳴くのがやみました。
モモちゃん、甘えん坊さんです〜
それから、ずっとモモちゃんは、自分から私の手に頭を摺り寄せてきて、
ずっと撫でてほしそうにしていたので、ずっと優しく撫でてました。
撫でていると落ち着くようで、次第に安心してくれました。

そうこうして、1時間ちょっとしてから、藤沢市辻堂の里親様宅に到着。
お約束のお時間にかなり遅れてしまったにも関わらず、
全く気にされず、温かく、モモちゃんを迎えてくださいました♪(^^)
とても、爽やかな青年の社会人の方です。

到着後、はじめ、キャリーケースから出てくるのをためらいましたが、
まもなく自分から出てきて、ゆっくりと落ち着いて探検を始めました。
通常の猫だと。腰を低くして、前傾姿勢でへっぴり腰になりながら、
壁伝いに這うように歩き、隠れてしまうことが多いのですが、
モモちゃんは、そんな感じではなく、何だか自然に新しいおうちに、
なじんだように見えました。
まだ来たばかりで、里親様にも、大人しく抱かれてました。
少しづつ、リラックスしてきて信頼関係できてくれば、
甘えん坊ぶりが発揮でき、もっと可愛い猫さんになると思います。

こんな子が、最近まで屋外のみで暮らしていたとは、とても思えません。
捨て猫だった可能性が大だと思います。
これからは、部屋の中で里親様の愛情いっぱいに過ごしてほしいです♪


写真1、2枚目:里親様宅に旅立ちの日、保護主様と一緒に。
写真3〜9枚目:里親様宅に到着後、まもなく落ち着いて探検始めました。
        さっそく、里親様の腕の中♪
写真10枚目 :お届け当日の夜。コタツの中で、すっかりリラックスモード!!
        何だか、前から、おうちの猫ちゃんだったみたいです♪(^^)  
        (里親様より、さっそく夕方送っていただきました画像です。)        

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事