調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2


佐須1丁目で行き倒れになっていた白キジ君ですが、
もこちゃんという名前で呼ばれ、現在、深大寺北町の方の
お宅で面倒を見ていただいています。

さて、先ほど、写真付で最新の近況報告が届きました♪

白キジ君改め、もこちゃんは、去勢手術も無事に終わり、
術後の経過は、良好だそうです。
オシッコが臭くて病気でないかとご心配されていたようですが、
手術を終えてからは、匂いが薄らいだようです。
やはり、ホルモンによるものだったようですね。

ただ、あまり覇気がないようで、一日うつらうつら過ごすことが増えたとか。
ケージの外は怖いのか、開けていても出たがらないそうで、
旦那様がケージの前に座ると、出てきて、旦那様のお膝の上に
乗ってきて、安心したようになるのだそうです。(*^_^*)

時々寂しい時や、オシッコうんちをした時などは、
アオーンアオーンと鳴いて、知らせるそうです。(可愛いナ・・)

気になる点としては、、、
歯の状態(残っている牙の歯石の付き具合やボロボロ具合、
前の 小さな歯も残っていない)や手足の感じやなどから、
実は、もこちゃんは結構高齢なのではないか、と思われるそうです。
そうかもしれませんね。。
病院では、4,5才とか言われましたが、、、。(^_^;)
(脱走して、亡くなったごくう君も、20才という高齢でしたが、
10才位と先生に思われていましたし・・)

また、足の小指の爪がなく、しっぽの地肌が垢かヘドロか
コールタールのようなものか?、まっ黒におおわれているそうで、
少しずつ人の爪ではがしているとのことです。

あと、
事故か虐待かは分かりませんが、かなりの精神的ダメージを受けている
ことは確かだろうということです。
保護される前までに、いったい、もこちゃんに何があったのでしょう。

それと、、
もこちゃんは、他の猫には興味がほとんどないようです。
そして、他の猫たちも、もこちゃんには全く興味を示さないとのこと。
あまり動かないせいかも・・と言われています。

もこちゃんは、深大寺北町で保護された猫チャッコちゃん
(長毛のペルシャmix風の三毛にゃん)と同じお部屋だそうですが、
もこちゃんがケージからでてこないおかげで、今はうまく住み分けが
できているようです。

預かり様は、もこちゃんが高齢だとすると、また環境が変わることで、
体にも心にも負担が大きいのではないか?と心配されています。
このまま、しばらく見守らせていただくことになりそうです。m(__)m

また、経過をご報告いたします!

写真1:旦那様のお膝の上のもこちゃん♪安心してますね・・(*^_^*)
写真2:旦那様のお膝の上で、光線治療器をかけているところだそうです。
    この光線治療は、対処療法ではなく、自然治癒力を高めるためのものだそうです。
    もこちゃんの体のために、よくやってくださいますね!

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事