調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


  < 正式譲渡済み
    里親募集終了 >


富士見町で保護された、生後2か月半のとっても元気なキジ白猫、
ナツメちゃんの里親様になって下さる方を募集します〜=^_^=


【経緯】
先週月曜(22日)、富士見町3丁目にある、とある立体駐車場の車の下
(鉄板の上)で、前夜から鳴いていたところ、翌朝鳴き声がしなくなった
ことを心配したご近所の方に保護されました。保護当初少し脱水してましたが、
今はとても元気になりました。
保護された方の家には、犬もいて、飼えないとのことで、里親様を募集します。

現在、富士見町の保護主様宅におります。お見合い歓迎です!!
お問い合わせは下記まで、よろしくお願いいたします♪



 ≪白キジ猫、ナツメちゃんの里親様募集要項≫

【仮名】 ナツメ         【性別】メス
【月齢】 推定2ヶ月半
【特徴】 左手首(内側)だけに黒い斑点があります。
     しっぽ長いです。
【体重】 980g(7月28日現在)
【性格】 とても元気に走り回っています。食欲旺盛で何でも食べます。
【健康状態】良好。ノミ・回虫駆除済み。トイレしつけ済。
      三種混合ワクチン接種済です。

【里親を希望される方への連絡事項】
 里親様には、完全室内飼い・定期的なワクチン接種・不妊手術・
 終生飼養・定期的な経過報告を約束していただきます。
 一生家族として十分な愛情を注いで面倒を見ていただける方に限ります。
 初めて猫を飼う方でもアフターフォローは万全にいたしますので、
 ご安心いただけます。(^o^)

 生後3か月ほどの子猫なので、子猫同士の触れ合いが大切な時期でもあり、
 その後の成長にも影響するので、同じ位の月齢の子猫との2匹飼いか、
 先住猫さんとの2匹飼いをお勧めいたします。
 また、後から相猫を迎えて、2匹飼いをご検討の方も歓迎いたします♪ 

 関東近県の方希望で、お引渡しはご自宅まで直接お届けさせていただきます。

連絡先: myanko@orion.ocn.ne.jp (@は小文字に直して下さい)
  

※ナツメちゃんも、8月3日、市内の動物病院にて開催予定の里親会に参加しまーす!
 ぜひ、ご予約の上、見にいらしてくださいナ♪(^^)/




写真1〜7 : キジ白のナツメちゃん
写真6  : 立体駐車場の鉄板の上のナツメちゃん。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


一昨日(28日)、佐須町の野川近くの林で、ご近所の方が生後3か月ほどの
子猫兄弟2匹保護されました。
現在、佐須町にあるお店に預けられています。

2匹は初めから人懐っこくて、全く警戒しないことや、汚れてもいないことから、
飼い猫の子供か?誰かのもとにいた猫で捨てられたのではないか?と思われます。
もし、純野良の子猫だったら、もう3か月ともなれば、捕獲器でないと
捕まるのは難しく、馴らすのにも時間がかかるはずです。

いったい、誰が捨てたのでしょうか?
2匹で飼っていた人が、あまりに元気に部屋中を走り回ったり、お部屋の中で
いたずらされるので、手に負えなくなり捨てたのでしょうか?

今日、預かり先に、ノミ・回虫駆除のためと、ワクチンを接種しに行くので、
お迎えに行き、動物病院に連れて行きました。
大人しくて、仲良しな感じの兄弟ですが、
車の中では、どこに連れて行かれるんだろう?!と不安で鳴いてました。

風邪も引いておらず、ワクチンも摂取できました。
保護主様より、血液検査もお願いされましたが、連れて行く協力病院では、
生後4ヶ月半以上でないと、結果が不安定ということでやらないので、
もう少し先にする予定です。

1匹は、 キジ白ソックスのオス君
もう1匹は、キジトラのメスちゃんです。
どちらも仲良しで、人に馴れて、カワイイですよ♪


里親様を募集致しまーす!!

8月3日の里親譲渡会にも参加いたします。

お見合い歓迎いたします。
お問い合わせは、下記まで。
myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直して下さい。)




開く コメント(0)


下石原3丁目の住宅地で、1週間ほど前に猫に関する苦情を受けた件で、
27日(日)の午前中に、現場の様子を見に行きました。

現場は古くからの住宅地で、ご飯をあげている方の家と糞でお困りの方の家が
近接している所でした。
当初のご相談者様からご紹介された方のお宅を訪ねてお話を伺おうとしたところ、
ご近所の方々が話を聞きつけて続々と集まってこられました(^_^;)

なんでも、20年ほど前から外猫にご飯をあげている高齢の住民がおり、
糞の片付けが不十分であったため、臭いもするので困るとのこと。
また、庭の植木にオシッコをかけられて枯れてしまったり、
植木鉢を掘り返されたりしている、とのお話でした。

また、子猫が毎年生まれており、今春は母子猫が2組いるそうです。
しかし、子猫は6匹近くいたのがカラスに狙われたりしたために、
今では2匹に減ってしまったとのことです。
母子猫が1組いましたが、母猫は1〜2歳、子猫は2ヶ月くらいでしょうか。
子猫はまだ授乳中ですが、いずれ保護しなければならなくなります。

さらに、以前より、捨て猫もあるということです。
餌やりさんが置き餌をするので猫の存在が知れ渡っているためか、
餌場の周辺が植え込みになっていて死角があるためか、
バイクで子猫を置き去りにするのを目撃された住民もいました。。。

現在いる猫の数は、成猫が4匹、子猫が2匹の計6匹程度のようです。
また、周辺(崖の上、公道を挟んだ反対側)から出入りする猫もいるそうです。

とりあえず、ここにいる猫達の不妊去勢手術の必要性について説明し、
理解を求めてきたところです。




開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事