調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


本日、佐須1丁目で、猫が病気で倒れているとの通報があり、
夜7時頃、現地に駆けつけ、その白キジの猫を保護しました。

現地に行くと、その猫は、発砲スチロールの箱の中に入れられていて、
頭を垂れて突っ伏しているような状態でした。
近付いてよく見ると、顔がぐちゃぐちゃで、目鼻が真っ黒に塞がっていて、
開いているのかどうかや、猫の表情も全く窺い知れない状態でした。
手足も泥まみれで、物すごい悪臭が漂っていました。

発泡スチロールの中には、どなたかが入れたのでしょう、
ペットシーツ1枚、猫缶、豆腐の空き容器に水が入っていました。

猫にどんな外傷があるのか、どんな病気に罹っていそうなのか、
暗くてそれ以上のことは、よく分からなかったのですが、
とりあえず、まだ息があるようだったので、
その場ですぐに、協力動物病院に電話を入れ、
受入れの可否を確認した上、急いで連れて行きました。

恐る恐る診察台の上に乗せると、保護される前にはぐったりして、
虫の息のようだった白キジ君が、起き上がろうともがきだしたので、
鎮静剤を打つと、大人しくなりました。

はじめは、白キジ君の目鼻や口は、末期ガンか何かで細胞が崩壊し、
グチャグチャに溶けてしまったかのように、見えましたが。
明るい台の上で見てみると、どうやら、泥やかさぶたのようなもので
塞がっていたようでした。
その塞がっていた目鼻や口の覆いのような泥とかさぶたのようなものを
先生が丁寧に拭い去っていくと、そこから、塞がっていた目や鼻や口が
ちゃんと出てきました!驚きました。
猫らしい顔が出てきて、ホッとしました。
大きな猫ちゃんで、体重3.7キロでした。

はじめは、化け物みたいで、どうなっているのか、見るのも怖かったのですが、
目が開き、赤い舌や、ピンク色をした鼻が、ちゃんと顔を出したので、
何だか嬉しくなり、涙が出そうになりました。

ただ、両目とも重度の感染症にかかっていて、炎症がひどく、
右目はもう失明しているようでした。

手足も泥だらけで、何かの病気の末期でフラフラになっているところ、
どぶにでも落ちてしまったのではないか?という印象です。

下痢もひどく、パルボの可能性もあるようですし、口の中も歯肉炎がひどく
ただれていて、色々と病気を持っているような感じです。

脱水症状も起こしており、輸液とインターキャットと抗生物質の注射を
やっていただきました。

予断を許さない状態ですが、あとは先生にお任せして、私たちは帰りました。

そして、朝まで抗生物質入りの点滴をするということで、点滴をさして下さり、
そのまま様子を見ていただくことになりました。
年齢的には若くはなく、5,6才という感じだそうです。
性別はオスで、既に去勢手術がされており、耳カットまでされていました。
野良ちゃんだとしたら、どなたかが、捕獲して去勢手術に連れて行ったようです。
一体、どこでどんな風に過ごしていた猫で、誰がご飯をあげ、誰が手術にも
連れて行ったのでしょう???

保護した場所は、佐須1丁目にある、マリー動物病院の向かいの、
朝日新聞の専売所の並びの、ヤクルトの横の路地です。
どなたか、何か情報をお持ちでしたら、下記までお知らせ下さい。m(__)m
みゃーこ:myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直して下さい。)

どこかの地域猫だとしたら、皆様にお伝えしなければなりません。
野良猫でも地域猫でも飼い猫だとしても、いずれにせよ、どなたかが
ご飯をあげていたはずなので、その方にお知らせしなければと思います。

朝、白キジ君がどうなっているか、心配ですが、、
顔中泥だらけに塞がり、手足も泥水でビショビショになって行き倒れになっていた
ことに比べたら、丁寧に泥や膿で塞がっていた目鼻や口をきれいにしてもらって、
それだけでも呼吸は楽になったと思いますし、静かに、安心して休める清潔な
寝床で休ませてあげられたことは、本当によかったと思います。

瀕死の状態で、恐ろしく汚くなってしまった猫でも、しかも、まだお正月の
三が日が明けていない、お休みの日にもかかわらず、夜の時間に、
快くよく引き受け、泥だらけの猫の汚れを丁寧に拭いて下さって、
最善の治療を尽くしてくださった先生には、
本当に、心より、深く感謝申し上げます。m(__)m


写真1:佐須1丁目の現場(朝日新聞専売所並び。マリー動物病院向かい)にて。
写真2:発泡スチロールの中の白キジ猫。
写真3:頭を垂れていました。目鼻も口も黒いもので塞がっている感じでした。
写真4:診察台の上に乗った白キジ猫。
写真5:先生が塞がった目鼻口を拭いてくださっているところ。
写真6:顔が出てきました。目がちゃんとありました。
   (はじめ細胞がグチャグチャに崩壊したように見えましたが、ヨカッタ・・)
写真7:顔も手足もきれいに拭いてもらって、ドライヤーもかけ、落ち着きました。
    点滴の準備をしていただいているところです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


昨年10月下旬に、深大寺のお蕎麦屋さんで保護された4兄弟の1匹、
黒猫ジジ君は、昨年11月23日、船橋市の里親様の家族となりました♪

その後、里親様からは、定期的にご丁寧な経過報告を頂いております。

お届け翌日(11月24日)のご報告では、
先住猫のメイ君が、あまりに威嚇をするので、一晩ジジ君をケージに
入れたところ、メイ君の威嚇の回数が減ったそうです。
それで、ジジ君が出してくれと鳴くので、ケージから出したら、
メイ君のあとを追いかけ始めたそうです。メイ君はどうしたらよいか、
とまどいながらも、ジジ君を受入れ始めたようです。
ちゃんとご飯も食べてウンチもしていたそうで、安心しました。

一週間後のご報告では、
毎晩、ドタバタと大運動会で、ジジ君がメイちゃんの後を追いかけて
走り回ったり、キャットタワーにのぼったり、おもちゃを転がしたりして
元気に遊んでいるとのことでした。
食欲旺盛で、ウンチもちゃんとしているとのことでした。
送っていただいた写真を見ると、早くも一緒に寝てました♪


一ヵ月後(12月20日と25日)のご報告では、
すくすくと腕白に育っており、すっかり先住のメイ君とも仲良しになり、
メイ君のあとを追いかけるのが好きで、甘えているそうです。
一緒にくっついて寝たりしているのが微笑ましいです。
鈴付きの長い猫じゃらしにはまっているそうで、
その音がすると飛んできて遊ぶそうです。
メイ君には甘えん坊さんですが、人には、まだちょっと警戒心が
あるようです。先日、買い物から帰ったら、ジジ君がいなくて
探したところ、二つ折りにしていた掛け布団の間にいるのを
発見したそうですが、それが可愛かったそうです。
また、ティッシュをひっぱり出して遊ぶのが好きなようです。

このまま、すくすくと育ってほしいとの願いがこめられていて、
とっても嬉しく思いました。(*^_^*)

それにしても、2才になるメインクーンの先住猫さんと、
こんなに仲良しになるなんて、ビックリです。(^_^;)
ジジ君は、甘えん坊さんだったから、優しいお兄さんができて、
本当にヨカッタネ!!(^^)



写真1:お届け翌日(11月23日)の模様
写真2:お届け一週間後の模様。
写真3〜5:お届け1ヵ月後(12月20日と25日)の模様。
   (真ん中は先住猫さんと。下は猫じゃらしに夢中!)
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


昨年10月下旬に、深大寺のお蕎麦屋さんで保護された、
4兄弟のうちの、茶トラのまる君ですが、
先月、吉祥寺にお住まいの里親様に決定し、まる君を
預かってくれていた動物病院の先生が、里親様宅まで
お届けに行って下さいました。

里親様はご高齢のご夫婦ですが、お嬢様がお世話を手伝って
くださるそうで、安心できるご家庭とのことです。

ただ、先住猫さんとの相性が心配とのことで、
お試し期間を半月ほど設けていました。
そして、半月経った、12月19日に、先生が再度訪問し、
問題ないことが確認できたということで、
正式に里親様となっていただくことになりました。

写真は、正式に決定した先月19日のまる君と先住猫さんです。
先住猫さんのぐりちゃんと、仲良しになっていたそうです。

これで、深大寺のお蕎麦屋さんで保護された4兄弟とハナちゃんの
5匹は、全て無事に、優しい里親様にもらわれ、温かな家庭で、
幸せな、新しい年を迎えられました♪

ヨカッタヨカッタ♪(^^)

それぞれに、みんなお幸せに♪

写真1:里親様(のお嬢様?)に抱かれる まる君
写真2:たたずむ まる君
写真3:先住猫さんと一緒に暮らす まる君

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事