調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

☆★緊急のお願い!★☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]




長年にわたり、飼い主がいない猫ちゃんに

●避妊・去勢手術
●里親探し
●体調が悪い子の保護&ケア
●エサやり、水やり

を行って来られたネコボラの大先輩が、
さる事情から、活動が出来なくなりました。




記事をご覧の皆様に、お願いがございます。

その大先輩が
エサやり・水やりをされていたエリアが、
かなり広範囲にわたっていたのです。

そのエリアとは、

三鷹市大沢4丁目
調布市深大寺元町1丁目
調布市深大寺元町3丁目
調布市深大寺元町4丁目

です。

上記のエリアの全てでは無いにしても、
かなりの範囲でエサやり、水やりを
されていたことは事実です。

今後、上記エリアで、
その方からご飯を貰っていた
飼い主がいない猫ちゃんが、
飢えてしまう可能性が考えられます。

この記事をご覧の皆様におかれましては、
どうか、
上記エリアでの飼い主がいない猫ちゃんへの
給餌を行って頂けないでしょうか。

お腹を空かせている猫ちゃんを見かけましたら、
どうかお願いです。
ご飯を上げて下さい。

何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m



2018年2月5日(月曜日) 記

調布地域猫の会

今からもう6年10ヶ月ほど前にもなってしまうのですが、
佐須街にお住まいの飼い主さんから、
飼い猫のお玉ちゃん(三毛猫で、二つの首輪をしていた)
が脱走し、行方不明になった。誰か目撃したり保護したり
した人は居ないか?とのご連絡を受けたことがあり、
私ども会のブログに写真入りの記事を掲載し、
情報提供の呼びかけをしたことがありました。

これです↓↓↓↓↓

【捜索中!】佐須1丁目から逃げた三毛猫を探しています!!
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/48555905.html

つい先日、私ども会の方に電子メールで、
同じ佐須にご在住の方から、
ピンク色をした首輪をしている三毛猫を頻繁に目撃している。
お玉ちゃんなのではないか?とご連絡戴きました。


それで、大変申し訳ないのですが、
ご連絡を戴いた私どものメールアドレス、

myanko@orion.ocn.ne.jp

は、ジャンクメールがあまりにも多い為、
メールボックスを直接開くことは、もう1年ぐらい
やっていないのです。
 (OCNは、迷惑メールの振分け機能が稚拙なようで、
  非常に多数のジャンクメールが受信ボックスに
  来てしまいます。)

その為、現在では事実上、使用していないも同然なのです<(_ _)>

そのアドレスに着信した電子メールは、
携帯電話のメールアドレスに「転送」するように
設定をしていまして、ここでメールを振り分けております。

携帯電話のメールアドレスに転送されますと、
送信主が

myanko@orion.ocn.ne.jp
となってしまい、
メールの送り主の元アドレスが
わからなくなってしまいます。

というわけで、お玉ちゃんなのではないか?
と電子メールをお送り下さった佐須在住の方、
大変申し訳ございません。
お手数ですが、

今一度、こちらのメールアドレス
sato-oya-neko2525@goo.jp
の方にご連絡戴けないでしょうか?<(_ _)>

宜しくお願いします。



なお、6年10ヶ月ほども前のことで、
その間に様々な方達との夥しいメールの
やり取りがあったこと、その間に携帯電話も
更新されていること、
myanko@orion.ocn.ne.jp
は1年ぐらいメ−ルボックスを開いていないこと等の
関係で、お玉ちゃんの飼い主さんの連絡先も
今この時点では探し出せていない状況です。
すみません<(_ _)>

もし、佐須の三毛猫・お玉ちゃんの飼い主さんが
これをご覧になっておられましたら、
sato-oya-neko2525@goo.jp
宛にご連絡戴ければと思います。


宜しくお願い致します<(_ _)>


メールは、 : sato-oya-neko2525@goo.jp

電話なら、  : x9x−3438−x828
         ( xを、数字の0にして下さい ) 


宜しくお願いします<(_ _)>

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


2015年8月19日(水曜日)追記しました<(_ _)>


昨日の午後、飼い主さんは強引に病院を退院したようで、
(体調は絶対回復していないと思うのですが・・・)
現在は在宅しているようです。

私ども会の方では、17日に1Fの猫ちゃんだけでも
レスキューをと考え、準備をして来ておりました。

(2Fの猫は、純野良といった感じで
 全く人慣れしておらず、
 里子に出せる可能性は非常に薄いと思われました。)


しかし、(その時はまだ入院中だった)飼い主さんの
心変わりがありまして、レスキューはいったん
中止してください、と言われてしまいました。



勿論、今のままで良いわけはありません。

病身の身である飼い主さんが、おひとりであの凄まじい
不衛生な環境を清掃出来るのか、非常に疑わしいですし、
第一、入院中に何度か入らせてもらったあのおうちには、
ネコエサや猫砂のストックが全然見当たりませんでした。

飼い主さんが帰って来たといっても、
猫たちにとって衛生的で快適で、
飢えの心配がない状況に環境が好転するのか・・・?
大変疑問に思う次第です。

ご親族との話し合いも続くでしょうし、
福祉保健局からのアプローチも継続するでしょう。
もちろん、私どもも
「今のままでは猫にとって幸せではない。
 一匹づつでもいいから、猫を手放すように。」
と進言を続けたいと思います。


当面この飼い主さんに必要なのは、
ネコエサ、猫砂等の物資の支援かな、と思います。

もし、ご閲覧いただいていらっしゃる皆様の中に、
物資支援のお申し出がありましたらば、
私ども会の方までご連絡いただければと思います<(_ _)>
宜しくお願いいたします<(_ _)>


以上、8月19日追記

-------------------------------------------------------



コメント欄に、その後の推移を多少書かせて頂きました<(_ _)>
プライバシーに配慮しなくてはならない部分が多々あり、
どなたにも分かりやすいように事細かく書くわけにいかないのが
残念な所ですが・・・



この記事の転載は自由です。
どうぞ転載して拡散してください。
猫を救うためです。
宜しくお願いします!(*- -)(*_ _)ヘ

※昨日、入院中の飼い主さんに面会し、
 猫の数を正確にお聞きしました。
 13匹ではなく、23匹だそうです!


【八王子のあるお宅に猫23匹が飼い主いなくなり
猫だけ取り残され、多頭飼育崩壊状態に!!】

一刻も早く救出しないと猫たちの生命に危険が!!
一時預かりさん・里親さん緊急募集!!

( 個人情報保護法の関係で、個人のプライバシーに
  かかわる部分についての記述は最小限度とせざるを得ません。
  何卒ご了承いただきたく存じます <(_ _)> )


八王子のある一戸建てに、成猫21匹、子猫2匹が
一昨日(11日?)から誰もいなくなり、取り残されています。


 ※ 子猫2匹はすでにレスキューされました。
   あのおうちの中に残っている猫は、成猫20匹のはずです。
   (2015年8月18日現在で)


そのおうちには高齢の両親と飼い主の中高年?の方
計3人が住んでいたのですが、
お母さん(高齢)は先月他界。
飼い主さん自体も、おととい病気で入院してしまいました。

そして、おうちに唯一残っていた高齢のお父さんも、
施設に入所することとなり、
現在誰もいなくなった家の締め切った室内に
猫23匹が取り残されてしまっています。

南多摩に住む親族の方が、猫たちの処遇に困り、市に引き取りを
依頼したそうです。市の職員はすぐに殺処分目的の引き取りは
出来ないと断り、私ども会の代表に行政側から相談が入りました。

昨日見に行った職員の話によると、一部のスペースのみ扇風機が
回っていたそうですが、あとは、網戸が小さく空いている箇所が
一部と、まったく窓が締め切られたリビングの一角に猫たちがいた
そうです。

ご飯ももらえなくなって、熱中症か飢えかで衰弱してしまうのも、
時間の問題になっています!!

昨日は職員の方が親族立ち合いのもと、多少餌を置いてくださった
そうですが、この酷暑で空調も利かせていない閉ざされた室内では
すぐに痛んでしまいます。

入院した方の知り合いが当面ご飯をあげにくると申し出ている
そうすが、とにかく遠方に住む親族の方が立ち合いでないと
中に入れないようで、数日に一回くらいしか中に入れない
のではないかと思われます。


追記 : 複数のボランティアが既に手を退いているため、
     毎日ご飯をあげに来る、いわゆる「餌やりさん」
     は、おりません!


折からの酷暑で、室内の温度は相当なものと考えられ、
毎日ご飯を欠かさずに貰うことが出来てはいない
23匹の猫たちには、大変危険な状態が続いております。


そこで皆さんにお願いがあります。

この八王子市内の個人宅に取り残されている猫を1匹でも
預かってくださる方を大募集します!<(_ _)><(_ _)>

(ちなみに、あまり人慣れしていない猫もいるようで、
人間との信頼関係を回復させるところからの面倒見に
なるかと思います。<(_ _)><(_ _)>)


刻一刻と、家の中の猫たちには生命の危機が忍び寄っています。

どなたかお助けください!
ご協力をお願いいたします!<(_ _)><(_ _)>


ご連絡はこちらまでお願いします<(_ _)><(_ _)>

電話番号 : x90-3438-x828
       (xの部分は数字の0です)

メールアドレス : sato-oya-neko2525@goo.jp

ツイッター : twitter.com/hachioujineko
 (この件に関し、ツイッターを始めました)




 ※ 掲載した写真は、8月13日に初めて現場に立ち入り、
   お腹を空かせたネコちゃんたちに給餌・給水を行った時の模様です。

   小柄のサバトラ白と頭上がちょこっとグレーになっている子猫が
   いましたが、その子猫2匹は市内のボランティアの方が保護し、
   里親探し中です。
   老猫のアメショは個人的に知り合いの方が救出して行きました。

イメージ 1



この、ワンちゃん2匹
「まるちゃん」と「しろちゃん」
の捜索チラシ。

最近、調布市内のあちこちで見かけるようになって
凄く気になっていました。

各々のワンちゃんが飼い主宅から脱走した日付は古く、
もう3〜4ヶ月経っています。


私は、そんなに何ヶ月もの間、
ワンちゃんが誰にも保護されず、
野生動物のように自力で生き続けているとは
にわかには信じられなくて、今日、2匹の
ワンちゃんを捜索されていらっしゃるNPO法人
の方(チラシを製作した方です)につい電話
してしまいました。


ところが、お話しをお伺いするとビックリ。
なんと、2匹はつい最近も目撃情報があるということなのです。

「まるちゃん」は、三鷹市大沢周辺で、
「しろちゃん」は、調布市の神代団地の方で
目撃されているそうです。

2匹は、今も確実に生きています。

そして、「まるちゃん」は三鷹市か調布市。
「しろちゃん」は、調布市か狛江市に生息している
可能性が高いと思われます。

犬ですから、猫よりもずっと行動的。
ゼンゼン別の場所にいる可能性も
勿論あります。


三鷹の大沢から、調布の神代団地にかけては
野川という川が流れています。
野川沿いにサイクリングロードがありますので、
ワンちゃんがここを通行することもあるかもしれません。

私自身、過去に3〜4回ほど
夜の野川のサイクリングロードで
迷い犬を捕まえております。



「まるちゃん」は、半ば野生児だった子だそうで、
相当サバイバルな生活に長けているそうです。
大沢天文台の森の中にいたりすることもあるかもしれません。
畑の農作物を食べて飢えを凌いでいるかもしれません。




首輪とか、リードとか、体に身に付けているものには
一切とらわれないで下さい。

誰かが一時保護し、首輪かリードをつけた後、
再び逃がしてしまっている可能性もあると思うのです。

ですから、掲載した画像に載っている首輪とは全く
違うものを身に付けているかもしれませんし、
リードが付いているかも知れませんし、
何も体に身に付けてないかも知れません。


「まるちゃん」と「しろちゃん」
今も必ず生きていて、三鷹市か、調布市か、狛江市か、
どこかにいます。

「まるちゃん」は、
野川公園あたりも可能性があるかもしれません。
調布飛行場周辺とかも。


目撃された方、捕まえたという方は、
掲載画像である捜索チラシを
製作したNPO法人の方へご一報下さい。
(電話番号は写真に写っています。)


宜しくお願い致します〜<(_ _)>



PS:ちなみに、動物愛護相談センターには、
   脱走発覚直後から現在まで、2日に1回、
   収容されていないか確認を行い続けて
   いらっしゃるそうです。

   現在までこの2匹が動物愛護相談センターに
   収容されたことは一切ないそうです。

   ですから、必ず2匹は生きて放浪しています!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


<2014年12月15日 追記>

嬉しいお知らせです!

昨日(12月14日・日曜日)、
当会代表のみゃーこにこの記事を見たという
市内在住のMさんからお電話があり、
黒猫がまだリリースされていないのなら
預かりたい。場合によっては終生飼養
したい旨のお申し出を戴きました!

早速保護主Iさんと連絡を取ったところ、
黒猫はまだ保護主さんの元で療養中
でリリースされていなかった為、
保護主IさんとMさんとで連絡を取り合って
戴きまして、その結果、黒猫は近日中に
Mさんのおうちに移送され、預かって
戴けることになりました!

お二人にはこの場をお借りして
厚く御礼を申し上げます!
本当にありがとうございます(^人^)!



 < 2014年12月8日 記 >

市内に住む方が、12月6日(土曜日)に
車に接触したと思われる黒猫を保護しました!

黒猫を保護した場所は、多摩川5丁目の路上です。
「調布南高校前」交差点付近の路上です。



黒猫は検査した結果、頭を強く
打っているらしいのです(脳挫傷の疑い)。

その為、現在も入院中です。
意識はあるのですが、頭を強く打っている影響で、
立ち上がって歩くことが出来ない状態が続いています。

予断を許さない状況です。




もしかするとどなたかの飼い猫かもしれませんし、
地域で可愛がられている地域猫かもしれません。

どなたか、掲載した写真の黒猫にお心当たりは
ないでしょうか?


●色 柄  : 黒猫
      後ろ首のところに、僅かに白毛あり。

●シッポの長さ : 真っ直ぐだが短い

●年 齢  : 不詳。若くはないと思われる。

●目の色  : おそらく、薄いグリーン(モスグリーン)

●体 格  : 細身。足も細め。

●首輪、耳カット : 無し



もし飼い猫だったら、飼い主さん。
地域で可愛がられている地域猫の場合は
主に面倒を見ている方。

名乗り出て戴けないでしょうか?

宜しくお願いします<(_ _)>



また、同時並行で、この黒猫を預かって下さる
方(あるいは、飼って下さる里親さん)を緊急募集します!





保護して下さった方は、ペット不可の物件に住んでおり、
黒猫が退院して来た時、自宅に連れて行くことが出来ない
状況の方です。

黒猫は、もし無事に退院出来ることになった場合でも、
すぐに完全回復することはないと思われますし、
後遺症も残るかもしれないので、野良に戻すのは可哀想なので、
どなたか療養のために預かってくださいませんか?



飼い主や、面倒を見ている地域の方からの名乗り出が
無い場合、「飼い主がいない猫」として
里親探しをするしかない状況です
(完全回復しない限り、リリースが難しいため)。

ですので、どなたかに黒猫を預かって戴きたいのです。

預かりのボランティア、
ないし「それなら私が飼います!」
と言う方を緊急募集します!

どうか宜しくお願い致します!<(_ _)>



ご連絡は下記メールアドレス、ないし電話番号まで
お願いします!<(_ _)>

(電話は留守番メッセージに切り替わりますので、
 必ずご用件を吹き込んで下さい。お願いします。)


メールアドレス : sato-oya-neko2525@goo.jp


電 話 番 号   : x9x―3438-x828

         (xの部分を、数字の0に置き換えて下さい) 

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事