調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

△佐須地域の猫事情△

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


今月11日(日)に、佐須1丁目の飼い主さんのご自宅から、
三毛猫のお玉ちゃんが、脱走してしまいました。
未だ行方不明で、飼い主さんが心配でずっと探しています。

赤とピンクの2種類の首輪をつけている、避妊済のメスです。
人馴れしておる猫さんだそうですが、外では警戒しているかも
しれません。

何か情報をお持ちの方がいましたら、下記までご連絡を下さい。

myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直して下さい)

宜しくお願いいたします。

尚、上の記事は、「脱走猫探しています」の下記記事と同内容となります。

写真は↓↓↓にあります。ご参照ください。m(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/48555905.html

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


一昨日(28日)、佐須町の野川近くの林で、ご近所の方が生後3か月ほどの
子猫兄弟2匹保護されました。
現在、佐須町にあるお店に預けられています。

2匹は初めから人懐っこくて、全く警戒しないことや、汚れてもいないことから、
飼い猫の子供か?誰かのもとにいた猫で捨てられたのではないか?と思われます。
もし、純野良の子猫だったら、もう3か月ともなれば、捕獲器でないと
捕まるのは難しく、馴らすのにも時間がかかるはずです。

いったい、誰が捨てたのでしょうか?
2匹で飼っていた人が、あまりに元気に部屋中を走り回ったり、お部屋の中で
いたずらされるので、手に負えなくなり捨てたのでしょうか?

今日、預かり先に、ノミ・回虫駆除のためと、ワクチンを接種しに行くので、
お迎えに行き、動物病院に連れて行きました。
大人しくて、仲良しな感じの兄弟ですが、
車の中では、どこに連れて行かれるんだろう?!と不安で鳴いてました。

風邪も引いておらず、ワクチンも摂取できました。
保護主様より、血液検査もお願いされましたが、連れて行く協力病院では、
生後4ヶ月半以上でないと、結果が不安定ということでやらないので、
もう少し先にする予定です。

1匹は、 キジ白ソックスのオス君
もう1匹は、キジトラのメスちゃんです。
どちらも仲良しで、人に馴れて、カワイイですよ♪


里親様を募集致しまーす!!

8月3日の里親譲渡会にも参加いたします。

お見合い歓迎いたします。
お問い合わせは、下記まで。
myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直して下さい。)




開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


佐須3丁目で、昨年11月に猫対策を開始件ですが、、、
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/26812930.html

八雲台の住宅地を抜けて、公園の横を通って、少し行くと、
野川に出ますが、野川までは行かない手前にある住宅地です。
(住宅地の公園〜野川間)

そこで、ご飯をあげていらっしゃる方からのご相談で、
昨年11月に全部で8匹ほどいるうち、2匹は既に手術済なので、
残る6匹ほどの猫たちを何とかしたい、というものでした。
特に、群れの中にいる薄サビ猫の多数の子猫を生んでいる母猫と、
子づくりばかりしているという白黒のオス君を捕まえたい、
ということでした。
それで、昨年のうちに6匹中、その一番ターゲットの薄サビの母猫、
子づくりばかりしているという白黒のオス君、全身茶トラの
マイケル君)などを捕獲しました。

実は、もう1匹、メスの白猫ちゃんが、群れから一歩距離を置いて
いつもいるのですが、、、
そのメス猫ちゃんが、3年前から捕まりません。。。
その猫の真っ白の母猫は3年前に捕まって手術をされたそうなのですが、
でも、最近、長年難航しているこの白猫ちゃんが、だいぶご相談者様に
なついて、足もとにスリスリしてくるというお話を伺い、
ならば、捕獲できるか??と期待して、
先週から何度か、捕獲を再チャレンジしに行っているのですが、、、

先週伺ったときには、私がご相談者の方と一緒に現れると、
そのターゲットの白猫ちゃんは、隠れてしまい、
遠巻きにご相談者様の動きを見ているだけで、設置した
捕獲器には、全く近寄らず・・・。
というより、私が見ているうちは、姿さえくらまして
しまいました。1時間位粘りましたがダメで・・・。

それで、一昨日は、そのご相談者の方がいつも最後に座るという
公園のベンチで、いつも通りにご相談者の方の足元に
まとわりついている所に現れようということで、ご相談者の方よりも、
後から行ってみました。
すると、いました、いました!
ベンチに座っているご相談者の方の足元に確かに白い猫が・・。
それで、いざ出陣!と、車から捕獲器を取り出して、
ベンチの方に、そっと持って行こうとしたら、、、その瞬間、
私が、公園の出入り口から入ろうとするのと、入れ違いに、
私の顔を見るなり、公園の出入り口から、一目散に逃げ去って
しまいました。(ーー;)
捕獲器を持って登場した私にぶつかりそうになりながら、
入れ違いで、血相を変えて、一目散に公園から出ていってしまいました。。。
ご相談者の方も、ベンチから、こちらを見ていて、大笑い。
その後、また1時間くらい、外の公園で粘りましたが、
現れず・・・(ーー;)

この白ちゃんは、3年前にも、白猫親子を捕まえようとして、
親の方は何とか捕まったそうですが、白の子猫の方が
駄目だったそうです。

それ以来、3年ぶりに再チャレンジでしたが、、、


以上、また何かありましたら、ご報告いたします、m(__)m

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

以下の内容は、下記 「負傷猫保護しています」 に2日に掲載した記事と、
ほぼ同じ+αの内容となっております。予め、ご了承ください。m(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1676158.html

先月3日、佐須1丁目で行き倒れになっているところを保護し、
病院に運んで、その後口内の手術をしたりして、1か月近く、
入院していた白ぶち君ですが、、、
先日、心ある方から、一時預かりのお申し出がありまして、
先週の月曜日(28日)、お迎えに来て下さいました!

このたび、白ぶち君の一時預かりを引き受けてくださった方は、
深大寺北町にお住まいのご夫婦です。(^−^)

今、白ぶち君は、そのご夫婦の家で日々を過ごしております。
先住猫さんも複数いるおうちで、賑やかに暮らせるのではないかな、
と思います。
今までは、病院のケージの中で、ステンレスの壁越しだったので、
隣は見えず、他の猫を見る機会が少なく、孤独だったと思います。
預かり様のお宅では、先日からチャッコちゃんという、長毛三毛の
美猫さんがいて、その猫さんも今はケージに入っているのですが、
その三毛さんの隣に、白ぶち君のケージを置くということです。

隣に8才の美猫のお姉様がいるので、白ぶち君の心も、少しは
華やぐでしょう。(^^)
落ち着いた頃、いい里親様が見つかるといいな、と思います。

白ぶち君は、思うに、、、
元飼い猫だったのではないか?という、「元飼い猫説」が、
圧倒的に、私の中では有力です。

右上の顎骨の手術をしてからは、すっかり、お顔もきれいになって、
かわいらしくなりました♪
シャーッ!と言っていたのは、保護してまもない頃だけでした。
保護した時は、今にも死にそうなのに、人の気配を感じると、
突っ伏した状態でも、残った力を振り絞ってャーッと言ってました。
このシャー!は、飼い猫でも、脱走して、1週間もの間、
外で怖い思いをするうちに、するようになるようです。

先日亡くなった、ごくう君が、そうでした。。。
20歳以上の飼い猫さんで、20年もおうちの猫さんだったのに、
脱走して、1週間ちょっと経って、路上に倒れているのを
保護されて病院に運ばれたわけですが、、、
病院に到着後、先生に、シャー!とか言って、威嚇の声を出したので、
先生も、保護主の方も、てっきり野良猫だと思われたそうです。
飼い主の方によれば、ごくう君は、これまで、家の中ではとっても
大人しいいい子で、人懐こく、誰にでも近寄っていくので、
お客さまなど皆から慕われていたアイドルだったそうです。
それが、脱走後、一週間で、しかも死にそうなのに、
先生の前では、シャー!と言ったのだそうです。。。
そのごくうちゃんは、運ばれた翌朝、ご家族との対面が叶い、
その日の夜に、家に帰り、翌朝未明に、息を引き取りました。

今回、ごくう君のことを見てきて、、
何だか、この白ぶち君も、元は飼い猫で、何かの拍子に
脱走してしまい、迷子になって何ヶ月もさまよっているうちに、
風邪をこじらせ、フラフラになっているところに、交通事故に遭い、
それで、ヨタヨタしながら、歩いているうちに、ドブに落ち、
力尽きて、行き倒れたのではないかと、思うのですが、、、、
いかが思われますか?

相当な風邪を引いていたことによる後遺症で、
慢性の鼻炎を引きずり、目もまだ炎症が出ているようですが、
それ以外は、だいぶ落ち着いてきました。

抱っこはあんまり好きではありませんが、できますし、
撫でると、緊張しながらも、目を細めて大人しくしています。
とっても、毛がふさふさで、あったかかったです!(*^_^*)

先生によれば、白ぶち君は、「タオル命!!」ってくらい、
タオルが大好きで、タオルを奪われると怒るとか。。
ふんわりと温かい場所に寝るのが好きなのは、やはり、
飼い猫だったのではないかと思わざるを得ません。
去勢手術も、なされていましたし。。。

どなたかが捕獲し、野良猫の手術をしたのかもしれませんが、
それにしても、この大人しさ、かわいらしさから言って、
元飼い猫に見えてなりません。。
野良のオスだったら、病気が治ったからといって、
急に撫で撫でできるほどに大人しくなるでしょうか・・・


参考までに、
こちらのご夫婦は、以前「深大寺の猫事情」にも掲載いたしましたが、
ご町内で老夫婦がそれまで面倒を見ていた外猫を引っ越しをするので、
置いていくという話になり、近所の方から相談を受け、その猫さんを
ご自宅で引き取ることをお決めになったご夫妻です。
詳細は、下記「深大寺の猫事情」をご参照下さい♪
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/29985063.html

また、先日(29日)、天国に召されたエリーちゃんの件でも、
病気の経過を心配していつもブログでご覧になって下さっていて、
輸血の件でも、ご自宅の猫ちゃんを献血に使って下さいと、
言ってくださった、本当にお優しい方です。
実は、29日、エリーちゃんが、亡くなる直前にお電話があり、
少しでも、病気の苦しみが和らぐようにと、温熱治療器を
これから持っていきます、ということでご連絡がありました。
残念ながら、ご夫妻の到着する15分ほど前に、エリーちゃんは、
息を引き取ってしまったのですが、
最期のエリーちゃんの姿に手を合わせて下さり、そっと頭を撫でて
泣いて下さいました。
ご夫妻のご厚意には、心より、感謝申し上げます。m(__)m

このたびは、白ぶち君が、倒れていたことを通報して下さった
調布ケ丘にお住まいの方、ありがとうございました。m(__)m
お陰様で、白ぶち君は、命が助かったのです。
最後、お見舞いにも来ていただけて、よかったです。
また、通報者様の発見より前に、見かけた方が、
白ぶち君を、発砲スチロールの中に入れて、体温を
保ってくれたのだと思います。その方にも、御礼申し上げます。

そして、お正月三が日の最終日の夕刻に、ドブにも落ちて、
すごく汚らしく、悪臭漂う得体の知れない行き倒れ猫を、
受け入れてくださった、動物病院の先生にも、心より感謝申し上げます。
白ぶち君のために、一か月近く入院させて下さり、その間、
手術や様々なケアをしていただき、ありがとうございました。

また、このたびは、このブログをご覧下さっていた皆様から、
温かなお志を、多く頂戴いたしました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
皆様のご支援、本当にありがとうございました。m(__)m


写真1枚目  :今月26日
写真2〜7枚目:今月28日(退院の日)

開く コメント(6)

以下、本日付「緊急告知」、「負傷猫保護しています」にも、同様の内容を記載しています。m(__)m

先日来、お伝えしております、1月3日に通報を受け、
佐須1丁目住宅地で倒れている所を保護した、白キジ猫君ですが、
その後の経過につきましては、
以下の「負傷猫保護しています」に掲載しておりますので、
ご参照いただければと存じます。m(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1676158.html

病院では、その後点滴を続行し、快復の兆しとお伝えしましたが、
点滴をはずして、強制給餌を行った際、二度茶色い胃液を吐き、
下痢もしてしまったため、また再度、継続して点滴を行っています。

昨日、協力病院の先生が、大学病院により詳しい検査をしてもらいに、
連れて行って下さったところ、、、
顎の骨が折れ、右上の顎の骨と牙がくちの中に飛び出しており、
左目もケガで出血しており、事故に遭っていた可能性があることが、
判明いたしました。
目や鼻も、そのため、口から感染し、化膿で膿が出ているようです。

本日、午前中、顎骨とキバを除く手術を行うことになっております。
(今、手術中だと思います。。。無事に終わりますように。。。(願)

その後の経過は、下記の「負傷猫保護しています」にて、
お知らせいたしますので、宜しくお願い申し上げます。<m(__)m>
 ↓↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1676158.html

お問合せは、下記まで。
myanko@orion.ocn.ne.jp(@は小文字に直してください)

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事