調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

△佐須地域の猫事情△

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


本日、通報があり、夜7時頃、佐須1丁目の佐須街道沿いの路上で、
泥だらけになった瀕死の猫を保護しました。

保護した現場は、佐須街道沿いの、朝日新聞、ヤクルトの隣の路地で、
マリー動物病院の向かいあたりのところでした。

発泡スチロールに入れられたその猫は、頭を垂れて、うずくまり、
顔がよく分からなかったのですが、目も鼻も口も何だか黒く覆われて、
背中にも溝のような筋ができていて、はじめは、何者かが薬品でも
かけたような虐待かとも思われました。
でも、膿んでいるような悪臭がひどく、薬品でもなさそうで、
事故か?などとも色々考えられましたが、
とにかく、まだ息もあるし、病院に連れて行かなければと思い、
病院に連絡をとり、すぐに連れて行きました。

箱ごと持ち上げると、それまでじっとしていたのに、少し動き始めたので、
ビビリましたが、新聞をかぶせて落ち着かせて、運びました。

病院では、私が恐ろしくて目を覆いたくなるような猫の顔を、
先生が、しっかりときれいにふいて下さり、唇や舌が見え出し、
目鼻も出てきました。
はじめ、チラッと見たときは、もうガンか何かの末期のように、
目鼻や口もドロドロに崩壊してしまって、原型をとどめていないかの
ように感じました。が、、
覆っていた泥というか、かさぶたというか、というものを、
拭っていくと、次第に目鼻がちゃんと現れてきたので、
ホッとして嬉しくて、涙が出そうになりました。

きれいにしてもらって、点滴や注射など、治療をして下さいました。
朝まで、点滴は続きます。

目も鼻も口も泥で覆われて、ふさがってしまい、どんなに猫さんは、
苦しかったことでしょう。
そして、手足も臭い泥にまみれながら、路上で息絶え絶えになっていき、
どんなに心細かったことでしょう。

先生には本当に感謝です。m(__)m

その後の詳細については、以下の「緊急告知!」のカテゴリーに
記載しております。宜しければ、ご参照ください。
↓↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1701265.html


また、猫さんは、既に去勢手術をすまされたオス猫で、
耳にV字のカットが入れられていました。

もし、どなか、この猫さんのことをお知りの方がいましたら、
情報をお寄せ下さい。
エサやりの方など、もし心配されている方がいましたら、
お知らせしなければ、と思っています。

連絡先:myanko@orion.ocn.ne.jp

写真1:佐須1丁目の現場にて、保護前。
写真2:保護前の姿。発泡スチロールに入れられてました。
写真3:保護前のお顔。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


本日、先日不妊去勢手術を済ませ、ボランティア宅で
しばらく療養していた佐須3丁目住宅地の猫たち3匹を
元の場所にリリースしました。

まだ群れの中(ちょっと他の猫達とは距離を置いてはいる)には、
未手術のメスの白猫ちゃんがいるので、その猫が捕まるまでは、
リリースは延ばしたほうがよいかとも、考えていましたが、
そのメスの白猫さんは、警戒心がメチャメチャ強く、
何度か捕獲を試してみたものの、人影や捕獲ケージを見ると
すぐに逃げてしまうので、出てこず、、、、ダメでした。

2,3年ほど前にも、ご相談者様で何度か試してみたところ、
ダメだったそうです。。。

でも、今回、長年の懸案だったボス君(毎年メス猫に子猫を生ませており、
「いつも子作りばっかりしている!」とご相談者様がつぶやいているオス君)
が捕まったのと、群れの中にいつもいる紅一点のサビミケちゃんが
捕まったので、ご相談者様としては、一安心というところのようです。

残る白のメス猫さんは、群れから一歩引いて、物影にいつも隠れています。

ご相談者様と相談し、その白ちゃんについては、捕まらないので
地道にやるしかないということで、
先日までに手術を済ませた猫はリリースしようということになりました。
いつにしようかご相談し、今日は天気もよかったので、本日、
手術を済ませた猫達をリリースしました。

マイケル君とサビミケちゃんは、ちょっと療養が長引いてしまったので、
急にこんなに寒くなった外で風邪など引かないか、心配です。。。

でも、今日のリリースでは、元気に出て行ったので、
大丈夫かぁ。。。

どうか、これから益々寒くなる冬、無事に乗り切れますように。(願

写真1枚目:第1号マイケル君♂、
  2枚目:第2号サビミケちゃん♀、
  3枚目:第3号ボス君♂
  4枚目:以前の写真(参考)

開く コメント(0)

イメージ 1


佐須3丁目住宅地で先日捕獲した、白黒ボス君ですが、
19日に手術をし、20日に無事退院しました。

ご飯をあげているご相談者様が、「子作りばかりしている!」と、
長いこと悩まされてきた、ターゲット猫君です。

よく見ると、わりと可愛い顔をしているけどな。。。

ケンカ、強いんでしょうか?

傷は少しありますが、きれいなお顔のようです・・・。

留守にしている間、別のボス君が来ませんように。

術後のボス君

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


本日夜、佐須3丁目の住宅地で、何年も前より、
「子作りばかりしている!」と猫達にご飯をあげていらっしゃる
ご相談者様を長いこと悩ませ続けたという、
白黒ブチののオス君を、ついに捕獲しました。
これで、今回捕獲され、手術する猫は第3号になります。

はじめは、ご飯の場所に他の猫達が集まってきても、
ターゲットの子作り名人君の気配がなく、、、、
しばらくして、ご相談者様が、野川の方からそのボス君を
連れてきてくださいました。(^_^;)
ご飯がもらえるものと思って、50mも喜び勇んで飛んで
きたのに、お気の毒でしたが、お腹をとても空かせてたようで、
割とすんなり入ってくれました。
ご相談者様は、とてもご安心されたご様子でした。(^^)
「これでもう、しばらく休まります」と。

体調は特に悪くなさそうですし、明日の便で病院に連れて行きます!

でも、まだ、あと一匹、いつも少し群れから離れて、警戒心の
強い、白のメスちゃんがいるのです。
その子は。難攻不落という感じで、なかなか出てきてくれないです。

写真1枚目:白黒ボス君は、こんな感じ。。
  2枚目:白黒ボス君、捕獲ケージの中。。。
  3枚目:参考までに集合写真(これでも一部です)
      ちなみに、エサやりの方は直接置いてしまってますが、ちゃんと食べ終わるまで待ち、
      後ほど、地面の掃除もしていらっしゃいます。

開く コメント(0)


佐須3丁目、野川近くの住宅地の猫達12匹のうち、
先日(2日)捕獲し、翌朝(3日)病院に運んだ2匹が、
不妊去勢手術を終え、本日、無事退院しました!

今回の第1号猫ちゃんは、1番ターゲットの母猫サビちゃん(♀)で、
第2号が茶トラ君(♂)です。
これで、現場にいる猫達のうち、手術済みの猫は7匹となりました。
3年ほど前に、猫にご飯を与えている方と住民の方で、そこの猫の
5匹は既に済まされているとのことです。
残りは、あと5匹(たぶん、♀が1、♂が4?)です。

夕方、猫達を病院にお迎えに行きました。
このまま、術後の静養のため、協力ボランティア宅で
1週間預かり、静養させます♪
(病院で一泊はしていますが、もう少し静養させたいので・・)

残りの猫達の捕獲計画と資金調達の方法を考えなくてはなりません。
これから、エサやりに反対し、猫を排除しようとしている民の方々に
理解を求めていかなければなりません。
経過報告をせねば、です。

(ちなみに、先日小島町1丁目の寮で捕獲し、退院した猫2匹も
一緒に退院し、一緒に預かってもらいました。)

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事