調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

☆富士見町の猫事情☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


↓↓↓↓↓ の多頭飼い現場の中の1匹、
キジ白のメスにゃんのパクちゃんのことです。

>富士見町の多頭飼い現場の猫ちゃんの里親さん探しについて。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/69506955.html

パクちゃんに避妊手術を施しました。
手術は無事に終わり、今朝退院となりました(^o^)ゞ

パクちゃんは、現在一歳。
しかし、それにしてはまだまだ小型で、
見た目上はまだ子猫と言っても良いぐらいです。

元からこの多頭飼いのおうちにいた(そこで生まれた)子、
というわけではありません。

私ども会が、こちらの多頭飼い現場の猫ちゃんたちの里親探しを
昨年から始めて、何匹も里子に出し、頭数が減ってきた頃、
(多頭飼いの主の)ご親族の方が、新たにここに2匹を持ち込んだのです。

それがキジ白姉妹の
チャチャちゃんとパクちゃんでした。

チャチャちゃんは既に里子に出ております。
こちらの過去ログに画像がございます<(_ _)>
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/69373491.html


同じ母猫から生まれた実の姉妹であるにも関わらず、
この2匹はだいぶ性格が異なっていました。

最初は怖がっているけど、すぐに打ち解けて抱っこも出来てしまう
チャチャちゃんに比べると、パクちゃんはあまりにもビビリ屋さんで、
人を恐れ、逃げてばかりいるので、なかなか里親探しの為の
写真撮影が出来なかったのです。

そんなわけで、チャチャちゃんの里親さん探しを優先して行ったわけでした。

パクちゃんの方も、最近になってようやく自分の方から(多頭飼いの主に)
近づいて来て、足元にまとわりつくようになったとのこと。

当初は飼育部屋を隔離され、1匹だけで飼育されていましたが、
現在では隔離を解かれ、他に残っている多頭飼いの猫ちゃんたちとも
仲良く遊ぶようになった為、遅ればせながら避妊手術を行うこととなり、
つい先日動物病院さんにつれて行っていたのでした。

駆虫剤の投与も同時に行っています(レボリューション6%)。
また、チャチャちゃんと姉妹で保護された当初、ウイルス検査と
3種混合ワクチンの摂取も行っています。

ウイルス検査の結果は、猫白血病・猫エイズ共に陰性です(^o^)ゞ

パクちゃんの里親さん探し用の写真撮影はまだ撮影出来ておりません。
なるべく早く撮影をしないとなと思っております。

撮影が出来次第、掲載して参ります。

富士見町の多頭飼い現場に残る猫ちゃんの頭数は、
パクちゃんを含めて合計7匹。

その猫ちゃんたちが、短期間の間に全てハケるなどと
甘く考え手はおりません。
なかなか厳しい里親さん探しになると思っていますが、
出来る限り多くの子に新しい飼い主さんを見つけてあげるべく、
今後も引き続き頑張って行く所存です。

どうぞ宜しくお願いします<(_ _)>


写真1〜3−−−避妊手術に連れていく際に撮影したパクちゃん。
           (洗濯ネットのせいで見えにくくてすみません<(_ _)>)

写真4〜6−−−避妊手術が終わり、今朝退院したパクちゃん。
           (洗濯ネットのせいで見えにくくてすみません<(_ _)>)



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



皆様、非常にお久しぶりです<(_ _)>
ブログの更新が滞っておりまして、大変申し訳ありません。

活動を止めていたわけではありませんが、なかなかブログに
記事を掲載する時間が取れずにおりました。



さて、久しぶりの記事の掲載ですが、、、
大変なことになっています(..;)

富士見町3丁目の某人家で、子猫が12匹も産まれておりまして(;゚ロ゚)


まずは状況を知って頂く為の記事掲載となりますが、
里親募集は既に開始いたしました!
画像を見て、興味を持った方がいらっしゃったら、
お問い合わせ、予約、はいつでも歓迎します〜!
宜しくお願いします〜(^^ゞ


ご連絡はこちらまで!


メールアドレス : sato-oya-neko2525@goo.jp


電 話 番 号   : x9x−3438−x828
          (xの部分は、数字の0です)

 ※ ただし電話は、勤務時間中等の事情で
    出られないことが頻繁にあります。



どうぞ宜しくお願いします。



このおうちの方(Oさん)には、数年前に協力させて頂いた事がありました。
敷地にやってくる(あるいは敷地に定住していた)猫ちゃんたちの
殆どを避妊・去勢したのです。

ところが、あれから数年後。。。。

あの時居た猫達は、何故かみんな散って居なくなってしまい、
代わりに新しい猫(未手術の新しいメス猫)が3匹敷地にやって来たのだそうです。

その内の一匹が、まずOさん宅敷地内で3匹子猫を出産(・・;)


Oさんはおおらかな方で、ご在宅時には玄関の扉や、縁側の引き戸を開放されている方
なのですが、なんと、残りのメス2匹は家の中で出産して仕舞ったそうなのです(・・;)


しかも、3匹のメスが産んだ子猫は、合計12匹ーーっ(゚Д゚;)



敷地内(屋外)に産まれた3匹は、性別の確認が出来ていません<(_ _)>

しかし、屋内で産まれ、そのままOさん宅内に留まって居る合計9匹の
子猫は、断言は出来ませんが、たぶんオス4匹、メス5匹という
内訳になるかと思います。



内訳は、多分、こんな感じです。


●Oさん宅敷地内に留まり出産した白三毛(母猫)
 産まれた子猫、3匹

 ★白茶(性別不明)
 ★白に黒ブチ(牛さん柄・性別不明)
 ★もう一匹は未確認(色柄・性別不明)

 大きさ的には、もうすぐ乳離れしそうな大きさ。
 この子猫たちが大きさ的にはまず最初に譲渡が出来そう。
 ただ、残念なことに今のところ人慣れはしていない・・・・


●Oさん宅内で出産した三毛猫(母猫)
 産まれた子猫、4匹

 ★三毛猫(メス)
 ★白三毛(メス)
 ★茶トラ白(メス?らしい)
 ★茶トラ白(オス?らしい)

3匹のメス猫が生んだ子猫たちの内、
この子猫達の大きさは中間地点。
まだもう少し母猫に母乳で育てさせる必要有り。
でも、既に動きは活発。
初対面の私にも、簡単に抱っこ・ナデナデ出来ましたので、
人慣れ具合は良いと思います。


●Oさん宅内に数日遅れて入って来て出産した全身茶トラ(母猫)
 この全身茶トラの母猫も非常に人慣れしていて、人懐こいです。
 この母猫も里子に出せそうな感じ。私にも近付いて来て、触らせてくれました。
 産まれた子猫、5匹 

 ★キジトラ(オス?)
 ★キジトラ(メス)
 ★全身茶トラ(メス)
 ★茶トラ白(オス?)
 ★白茶(オス)

大きさ的には、まだゼンゼン乳飲み子。
当面は母猫に母乳で育てて貰う必要有り。

オスの白茶一匹(最後の写真に写っている子)が、
産まれた時から左後ろ足の機能に問題があるようでした。
左後ろ足は普通にあるのですが、
曲がったままになっているように思われました。

と思われましたが、、、、
なんと、独りでに直ってしまいました!!!

今はもう、後ろ足の機能に問題ないようで、
人の足にジャレてよじ登ってきたり、
非常に活発に動いていますヾ(@^▽^@)ノ
というわけで、どの子も問題ないでしょう♪


どの子も家の中で産まれただけあって、初対面の私にも
抱っこ・ナデナデさせてくれました。
人慣れ具合は良いと思います。




今後、子猫の成育状況を見ながら里親募集を正式に開始します。
皆様、産まれた子猫たちに愛の手を〜。
宜しくお願い致します〜<(_ _)>(o^^o)/



写真1−Oさん敷地内で出産した白三毛と2匹の子猫。
    (子猫のもう一匹は画面に写っていません。)

写真2−Oさん敷地内で出産した白三毛と2匹の子猫。
    (子猫のもう一匹は画面に写っていません。)
     母猫はなかなかの美形ですね〜^^

写真3−Oさん宅内で三毛猫が産んだ4匹の子猫の内、
    この子は三毛猫(当然メス)

写真4−Oさん宅内で三毛猫が産んだ4匹の子猫の内、
    この子は白三毛(当然メス)

写真5−Oさん宅内で三毛猫が産んだ4匹の子猫の内、
    この子は茶トラ白(メス?)

写真6−Oさん宅内で三毛猫が産んだ4匹の子猫の内、
    この子は茶トラ白(オス?)


写真7−Oさん宅内で全身茶トラ猫が産んだ5匹の子猫の内、
    この子はキジトラ(オス?)と、茶トラ白(オス?)

    茶トラ白は、メヤニで片目開きにくくなっていましたが、
    この後ちゃんと拭き取ってあげて、キレイに見開いています。

写真8−Oさん宅内で全身茶トラ猫が産んだ5匹の子猫の内、
    この子はキジトラ(メス)と全身茶トラ(メス)

写真9−Oさん宅内で全身茶トラ猫が産んだ5匹の子猫の内、
    この子は、後ろ足にハンデがあるかと思われた白茶(オス)
    現在、足に問題は全く無いように見えます!


 ※ まだ子猫たちはとても小さいので、正直なところ
   オスかどうかは、判断が非常に疑わしいところです。
   あくまでもこの日、私の見た目の判断です。
   性別が違っていたらすみません<(_ _)>

   ( 今後、記事を修正する可能性があります<(_ _)> )


画像を見て、興味を持った方がいらっしゃったら、
お問い合わせ、予約、はいつでも歓迎します(^^ゞ

メールアドレス : sato-oya-neko2525@goo.jp

電 話 番 号   : x9x−3438−x828
          (xの部分は、数字の0です)

どうぞ宜しくお願いします。

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


某学校の敷地内で、
2011年10月28日(金曜日)の夜に保護した
全身茶トラの成猫2匹、
「お父さん猫」と「お兄さん猫」ですが
翌日の土曜日に市内の動物病院に入りまして、
シャンプー、爪切り、3種混合ワクチン、駆虫剤投与
(お兄さん猫は、それに+して、去勢手術も)
を行いました。


【関連記事】

>某学校の敷地内で再び保護活動。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/64375486.html


>母猫は、既に先週お届け済みです〜(*^-^)ゞ
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/63916660.html


そして、2011年10月30日(日曜日)、
2匹の猫ちゃんは神奈川県の保護依頼主さんの
おうちに移送するべく、動物病院を出発。


午後13:00頃、保護依頼主さん宅に到着。
当会の方で暫定的に用意した2段ケージを組み立て、
2匹をその中に移しました(^^)v


さすがに血縁同士である「お父さん猫」と「お兄さん猫」。
ケージの中に一緒にされても全く暴れず騒がず喧嘩せず。
2匹横に並んでました(^^;;;


この、当会の方でお貸ししたケージは、
本当に一時的に使用する物です。

保護依頼主さんの方で、既にもっとサイズが大きいケージを
発注してくれておりまして、あと数日内には配達されることに
なっています。
届き次第、2匹はそちらの(より大型の)ケージに移し替え
られることになっておりますので、ご安心戴きたいと思います<(_ _)>


お父さんは数歳、お兄さんは一歳強だそうです。
某学校敷地内では
行動半径が結構広く、独立して動いていた子たちですし、
人慣れしていません。
「ノラっ気」が強い猫ちゃんたちですので、人間との
室内での共同生活に順応していくまでは
結構時間を要することでしょうが、すぐ隣のケージには、
お母さん猫や3匹の子猫たちがいます。

みんな血縁関係者同士の「全身茶トラ一族」です。
みんな一緒に一つ屋根の下で、暑さも寒さも飢えも戦いもない
幸せな空気に包まれた平和な日々を送ることが出来るのです。
その内、彼らの気持ちも落ち着いて来て、徐々に人に慣れていく
のではないでしょうか(^o^)/私たちはそう願っています。

どうかこの子たちが家猫として幸せに生涯をまっとう出来ますように(^人^)



写真1---保護依頼人様のおうちに到着。
    当会で用意した2段ケージの中に移された
    「お兄さん猫(画面左)」と「お父さん猫(画面右)」
    シャンプーしていますので、体がキレイですネ^^

写真2---お兄さん猫^^

写真3---お父さん猫^^

写真4---ケージの上蓋を開けて撮影。
    上がお兄さん猫、下がお父さん猫^^

写真5---一堂に会した「全身茶トラ一族」^^
    右の大型のケージには、
    以前に保護したお母さん猫と3匹の子猫が入っています。
    左のケージは今回当会が暫定的に用意した物で、
    お兄さん猫とお父さん猫が入っています^^

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



以前(今年の7月末日頃)、
調布市内の某学校の敷地内で
全身茶トラの一家を保護し、
神奈川県在住の方(保護依頼主さん)の
おうちに母子をお届けしていたのですが、

(↓↓↓↓↓参照記事)

>母猫は、既に先週お届け済みです〜(*^-^)ゞ
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/63916660.html



その、母子を捕まえるべく、当会メンバーが作業を
していたところ、まったく予定外に
オスの成猫(全身茶トラ一家のお父さん猫)が
捕まってしまったのですが、
このお父さん猫は去勢をした後、リリースしておりました。

(↓↓↓↓↓参照記事)

>お父さん猫はリリースして来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/63868691.html




しかし、数日前、
以前と同じ方(神奈川在住の方)から連絡があり、
やはりお父さん猫もうちで飼いたい
(家猫になれるかどうか試し飼いをしてみたい)ので、
もう一度捕まえてくれないか、と連絡がありました。


そして、某学校の敷地内には他にも
通称「お兄さん猫」と言われる全身茶トラが一匹いるので、
その子も同時に捕まえて欲しい、やはりうちで飼ってみたいので、
ということでした。


「お兄さん猫」と呼ばれる全身茶トラ君は、
私たち会のメンバーは見たことがありませんでした。

某学校の敷地内にいるものの、単独行動をしており、
あまり見かけない、ということです。

なんでも、前に保護した茶トラ一家の子猫たちよりも
前に生まれた子で、今は既に大きな成猫になっている
ということでした。


お父さん猫は、既に一回捕まえているので、
もう一度捕まえることが出来るか不安でした。
また、お兄さん猫については目撃が少なく、
普段学校の敷地のどこにいるのかさえわからなかったのです。

2匹とも、捕まえることは容易なことではない、と思えました・・・・



ところが、、、、

2011年10月28日(金曜日)のPM19:00頃
某学校に赴き、守衛さんに猫ちゃんの出没場所を
お聞きしたところ、親切に教えて下さいました(*^-^)ゞ

ご教示に従って捕獲器を設置していったん帰宅し、
3時間弱ばかり経ってから様子を見に行ってみると、
なんと、2匹とも捕まっておりました!(ノ゚ρ゚)ノ


難航が予想されたのに、こうも
うまくいってしまうとは(^^;;;


これで、全身茶トラの一族全員が、
同じ方の飼い猫になるのです。

(ただし、お父さん猫とお兄さん猫が、
 お試し飼いの結果、どうしても人慣れせず、
 家猫になるのは無理そうだ、という結論になった場合には
 リリースやむなしと考えています。)


既に屋外生活が長い成猫ですし、
人慣れをしておりませんので、
お試し飼いの結果がどうなるか・・・・・ですが、
なんとかうまくいって、一族全員が末永く
ひとつ屋根の下で明るく健やかに生きていって貰いたいものです(-人-;)



写真1------お父さん猫(右)とお兄さん猫(左)


写真2〜4---再び捕まえてしまったお父さん猫。
      耳にVカットが入っています。
      去勢済みの証です。
      今日は動物病院さんに一泊し、
      ワクチンやシャンプーなどをやってもらい、
      明日(日曜日)、お兄さん猫と共に
      神奈川県の保護依頼主さん宅に運びます。


写真5〜7---こちらはお兄さん猫。
      耳にVカットが入っていないので、未去勢。
      去勢手術は本日中に行われ、他にワクチンや
      シャンプーなどもして、明日(日曜日)、
      お父さん猫共々、神奈川県の保護依頼主さんの
      おうちに運ぶことになっています。

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




下記の記事中に掲載していた、


>富士見町3丁目で避妊・去勢手術の為の捕獲を行いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/64157604.html


上から2番目の写真に写っている、
足の裏に、突出した奇妙なシコリが出来ていた
オスの黒猫君のその後についてですが、
去勢手術&シコリ切除の術後の経過は良く、
昨晩(2011年9月28日・水曜日)
元の場所にリリースして参りました(^^ゞ




写真1、2---動物病院にて。退院したオス猫君。
      毎度のことですが、
      右耳には去勢手術済みである証拠の
      Vットを入れてあります。


写真3------リリース現場に到着した黒猫君。
      自分が元の場所に帰ってきたんだとわかって
      多少興奮気味でした。
      放してあげると、元気に走って行きました^^

開く コメント(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事