調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

★祝★里親様決定!!(^^)!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




預かりさんが保護中だった猫ちゃんが出産してしまった為、
当会で写真撮影や里親さん募集記事の掲載等、
協力をさせて頂いておりましたウッディ君・ととろ君兄弟、
 ↓↓↓↓↓

生後二ヶ月半〜♪ととろ君とウッディ君の里親募集!
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1741611.html


4月29日の朝に応募してこられた方が、なんとその日中に
預かりさん宅にお見合いに来て下さいまして
(ありがとうございます!<(_ _)>)、
話はトントン拍子に進み、ウッディ君・ととろ君兄弟は、
めでたくその方に里子に出ることになりまして、
昨日(5月4日・土曜日)午後、千葉県船橋市にお住まいの
里親様のお宅にお届けして参りました!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆



猫ちゃんが大好きな素晴らしいご夫婦です(~0~)/
しかも、住んでいらっしゃるおうちも素晴らしくて、
猫ちゃんの飼育環境としては
最良と思われる住宅でございました!

ありがとうございます里親様!
そして、おめでとう!ウッディ君・ととろ君兄弟!

2匹のことを宜しくお願いいたします!v(≧∇≦)v ♪






写真1--ウッディ君・ととろ君ご一行様、里親様宅に到着〜♪

写真2--早速優しい飼い主様にご飯を出して貰って、モグモグ♪
    凄いですね−!預かり様宅とは全く違う環境に初めて
    連れて来られたのに、この落ち着いた食べっぷり!

写真3--早速室内を冒険したととろ君、物怖じしない活発な子ですね。
    少し立つとサッカーに興じ始めました^^;

写真4--一方、ウッディ君の方はというと、
    ・・・・・・ウッディ君座っちゃってます。
    アクションが少ないです(^^;;;

写真5--オモチャに飛びかかる活発なととろ君^^
    一方ウッディ君は、
    ・・・・・・ウッディ君..?

写真6--素敵な里親様と記念撮影♪お幸せに〜♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


足立区で保護された、生後9か月の片目のあられ君(白黒♂)を、
本日(28日)午前、中目黒にお住まいの里親様のお宅にお届けしました。

あられ君は、昨年8月に足立区の駅前で母猫カリントウさんともに
保護された子猫です。保護当時は、生後3か月くらいでした。
(参照→http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/42072095.html
カリントウさんには不妊手術を施して元の場所に戻しましたが、
あられ君は保護時から猫風邪により左目が赤く腫れてしまっており、
治療の甲斐むなしく、失明してしまいました。
(参考→http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/42333353.html
とても人懐っこく元気な子で、保護前から通りがかりの
色々な人にかわいがられていたとのことでした。
人にも猫にも友好的ですので、風邪の治療も施しつつ、
里親になってくださる方を探し始めました。
(参考→http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/42410485.html

通常の探し方だけではなく、あられ君の良さは実際に見て
いただかないと伝わりにくいため、里親会にも何度か参加しました。
しかし、こちらが思っている以上に、片目であることがハンデとなり、
なかなか良縁に恵まれず、里親探しは思いのほか難航しました。
保護主も数回交替し、あられ君もだいぶ大きくなり、
焦りの気持ちも相当大きくなってきたところです。

今回、中目黒で開催された里親会に参加する機会を得まして、
2月15日(日)、ようやくあられ君のことを気に入ってくださり、
里親になってくださる方と巡り会うことができました。
(参考→http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/49515564.html

里親様宅はマンションの一室で、先住猫は16歳のさくらさん(黒♀)です。
以前は最大7〜8頭いたとのことですが、次々に先立たれてしまい、
昨年末にさくらさんの兄弟2頭を相次いで亡くして1頭のみになってからは、
途端に飼い主に対してよく甘え、よく鳴くようになったのだそうです。
そこで、寂しくならないように、社交的な子を探していました。

里親会でも、30頭近くいた猫達の中で、抱っこも嫌がらず、物怖じせず、
落ち着いた雰囲気のあられ君のことを特に気に入ってくださり、
家族として迎え入れたいとのお申し出をくださりました。
片目についても、猫の性格が優先なのでこだわらないとのことで、
とてもありがたいお申し出でした。

本日(28日)昼に、中目黒の里親様宅に、あられ君をお届けに行きました。
お宅の中は温かいカーペットが敷かれ、こたつやソファーや猫グッズが並び、
猫にとっても人にとっても、とても居心地のよい雰囲気でした。
何と言いますか、人と猫達との長く温かい営みを感じました。

あられ君は、キャリーケースから出てさっそく部屋の中を探検です。
そこに、先住猫のさくらさんがミャ〜と言いながら現れ、
新入りのあられ君と鼻キッスのご挨拶をしました。
あられ君は一瞬ウーと唸りましたが、お約束の「シャー」はなく、
カーペットの上を歩いては座り、周囲の様子を窺っていました。
さくらさんは、「どれどれ、新入りの若い子が来たね。」と品定めを
している様子でしたが、排除するような気配はありませんでした。
2頭とも猫じゃらしが大好きのようですから、一緒に遊んでいるうちに、
距離が縮まるのには、それほど時間はかからないかと思われます。

何はともあれ、紆余曲折をたどったあられ君でしたが、
ようやく安住の地を得ました。
これまであられ君を預かってくださった方々をはじめ、
多くの方に、この場を借りて御礼申し上げます。

あられ君、さくらさんと一緒に、仲良く過ごしてね!=^_^=
さくらさん、若輩者のあられ君を宜しくニャ!=^_^=


写真1:お届け直後のあられ君。さっそく探検です。
写真2:さくらさん(左)とご対面。あられ君(右)が恐縮しています。
写真3:もうすぐ17歳になるさくらさん。
写真4:ホットカーペットの上で休むあられ君。もうリラックスモード?
写真5:里親様との記念撮影。(画像は一部処理しています)
写真6:あられ君・さくらさん一緒の記念撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


富士見町の住宅地駐車場で保護された、生後2か月半のナツメちゃん(キジ白♀)と、
豊島区の住宅地で保護された、生後5か月のモー太君(白黒♂)を、
9日(土)午後、渋谷区の里親様のお宅にお届けしました!!

ナツメちゃんは、富士見町にある住宅敷地内の機械式駐車場のすき間に
1匹でいたところを発見され保護された子です。
連日の炎天下の中で、焼けるような暑さの機械式駐車場に紛れ込んでいて、
もう少し発見が遅くなっていたら、脱水症状を起こして生命に関わる
事態になっていたかもしれません。
保護された家の中では、先住犬にタックルしたり、家中を駆け回ったりと、
元気一杯にハッスルしていたのだそうです。

モー太君は、池袋で保護されたのち、調布市内の当会協力病院に
目の治療を兼ねて預かられていたのち、市内の個人ボランティアさん宅で
預かり、里親になってくださる方を探していました。

2匹とも、3日(日)の里親譲渡会に参加し、当初モー太君を目当てに
いらっしゃった里親様が、ケージの上でモー太君の相手をしていた
ナツメちゃんのことも気に入ってくださり、晴れて2匹の里親様に
同時になっていただけることになりました♪

お届けは、9日(土)の午後に行いました。
行きの車中では、モー太君が狭い所が苦手なのか、何かを訴えるように
よく鳴いていて、ナツメちゃんもつられて2匹揃って鳴いていました。
里親様宅で2匹を放したところ、2匹とも物おじすることなく、
すぐにそれぞれ探検を始め、19歳になる先住猫さんに挨拶をしたり、
たぶん先住猫達のお気に入りの場所であるはずの家具の上に乗ったりと、
全然固まることなく、家中を歩きまわっていました。
2匹同時だからでしょうか、新しい家の環境には急速に慣れつつあります。

あとは先住猫さんとの信頼関係を築いていくことが課題となりますが、
こればかりは急がず、徐々に時間をかけて様子を見ていただくことに
なりました。里親様も、その点についてはよく心得ていらっしゃるようで、
そういう意味でも、安心してお渡しすることができました♪
里親様宅では、最近先住猫2匹を亡くされたそうで、一時2匹のみの
生活でしたが、また4匹となり、賑やかな生活となりそうです。

2匹とも、末永く、お幸せに!!


写真:お届け時のナツメちゃんとモー太君の様子です。
   全然物おじせず、悠然と歩いたり休んでいたりしていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


三鷹市中原の住宅地で保護された、生後2か月の5兄弟の1匹、
ルシアンちゃん(濃グレー♀)を、7月21日(月)に、
国領の里親様のお宅にお届けしました!!


ルシアンちゃんは、保護された5兄弟の中でも一番ののんびり屋さんで、
気立てが優しく、何事につけおっとり構えている子だそうです。
でも、遊びも大好きで、誰かれ関係なくプロレスごっこをしたり、
素早く走り回ったりと、元気一杯の女の子です♪

今回里親になってくださった国領の方は、以前別の子猫の件で
お問い合わせいただいたのですが、その際は他の方で決まってしまいました。
代わりにご希望に合いそうなルシアンちゃんを紹介したところ、
とても気に入ってくださり、4日(金)のお見合いの結果、
正式に里親様として迎えたいとのお申し出をいただきました。

ルシアンちゃんをお届けする車の中では、
「外に出たいよ〜」と箱の中からピョコっと顔をのぞかせ、
周囲の様子や車窓を興味深げに眺めていました。
里親様宅に着くと、物怖じもせず、さっそく家の中の探検を始め、
とても堂々とした雰囲気でした(^_^)
多くの子猫は、お届け直後にソファーの下やテレビの裏に入って
暫くの間出てこないことが多いのですが、
ロシアンちゃんは全然人見知りせず、ゴロゴロと喉を鳴らしながら、
トイレに入ってみたり猫じゃらしにじゃれてみたりと、
至ってマイペースに振る舞っていました♪

隣の部屋に、白黒と白の先住猫さんがいたのですが、
ルシアンちゃんはキャットタワーの上からじっと眺めて、
相手の様子を観察しているようでした。
先住猫さん達の方が、ビビっているのかもしれません。
でも、少しずつ距離を縮めていき、時間が経てば、
きっと仲良く過ごせるようになると思います!!

先住猫さん、ルシアンちゃんをよろしくね=^_^=



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


西調布で保護された生後4ヶ月半になる三毛猫、より子ちゃんを、
昨日(14日)朝、川崎市麻生区の里親様宅にお届けしました!!(^^)!

より子ちゃんは三毛猫姉妹の1匹で、他方の三毛ちゃん(ムギちゃん)は、
すでに里親様決定し、深大寺北町の里親様宅で幸せに暮らしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/40238706.html
より子ちゃんは、1か月前に保護された当初は、とてもビビりさんで、
ケージの奥に固まっていて、人に触られることを恐れていましたが、
他に先住猫や保護猫などがたくさんいる中で、リラックスできるようになり、
次第に心がほぐれていきました。ケージから出しても、猫ベッドで人前でも
平気でぐっすりと寝られるようにまでなりました。
ちょうどその頃、お見合いがありました。寝ているよりこちゃんが触られても
何をされても全然起きようとせず、平気で手足を伸ばして、カワイイ寝顔で
安心して寝ている姿を見て、気に入って下さいました♪

そんな中、預かり先では、よりこちゃんはもう月齢4ヶ月を過ぎており、
しかも、とっても遊びが大好きで、寝ている時以外はじっとしていない猫
ということもあってか、乳飲み子など多数の保護猫を抱える中、
よりこちゃんをこれ以上預かるのは難しいということになってしまいました。
それで、先日(11日)、病院で血液検査をすませた後、佐須の預かり先
(保護された方)によりこちゃんを移動したところでした。

ちょうどそのタイミングで13日、少し前にお見合いにいらした方から、
よりこちゃんを正式に里子に迎えたい、というお申し出をいただき、
早速、昨日(14日)のお届けとなりました!!
お届けには、保護されてから長らく預かっていた方と一緒に行きました。
里親様宅には、すでにひと月前にお庭から保護したキジトラの1才ほどの
オス猫のモモ太君がいて、ケージに入っていました。
まだかなり人間に対し警戒モードで、私が近づくと、前足をドンッ!と出す、
威嚇のプァッ!をされてしまいました。。。(~_~;)
さて、より子ちゃんはというと、、、
キャリーから出しても、すぐさま大慌てでどっかの隙間に逃げこんでしまう
感じでもなく、わりとビクビクしながらも、落ち着いて歩き始めました。
テーブルの椅子の上にちょこんと箱座りしたりして、まったりした様子も
見せてくれました。
天板の下にすき間があったのを発見し、そこに入り込んでしまいましたが、
猫じゃらしを見せて振ると、何となくお遊びモードに切り替わったりして、
だんだんとほぐれていきました。

里親様と預かり主様と一緒の記念写真を撮らせていただいた頃には、
よりこちゃんは、もうだいぶ緊張も緩んできたようでした。
少しづつ探検を始めて、先住猫のモモ太君のいるケージ近くに
自分から近寄ってみたり、、、。

よりこちゃんは線が細く、預かり主様の家では、他に猫が多数いて、
なかなか落ち着いてご飯を食べなかったそうですが、
お腹が空いたと催促し、早速、ご飯も始めました。(~_~;)
でも、ちょっと口をつけてはすぐにやめてしまうので、抱っこしながら
あげたら、パクパク食べました。
安心できるところじゃないと食べられない子のようです。

早速、昨晩、里親様からその後の様子を知らせて下さるメールが届き、
その後は、早くも大物ぶりを発揮し、お母様のお膝の上でグーグー寝たり、
お嬢様、お父様、ご家族の誰に対しても、怖がることなくノビノビと
過ごしているそうです。
繊細に見えましたが、何気にスゴイ順応ぶり。。。。(^_^;)

当初、預かり先では三日三晩鳴き続けたそうですし、先日移ったばかりの
預かり先でも、迎えに行くまでの二日間ずっと鳴き続けていたそうですから、
よほど、よりこちゃんにとっては安心できる、環境だったのでしょう。
やっと、本当の家族のもとに里子に行けて、ヨカッタです!!o(^-^)o


写真1〜3 :ダイニングテーブルの椅子の上にちょこんと座るより子ちゃん。
写真4〜7 :テーブルの下にすき間を見つけ、隠れつつ、猫じゃらしに目を奪われるよりこちゃん。
写真8〜11:里親様に抱っこされるより子ちゃん。ちょっと、まだ緊張気味かな。
写真12 :先住猫のキジトラ猫のモモ太君とご対面〜。
写真13  :はじめ、私が近づいたときは、こんな感じでした。。。(~_~;) 
写真14  :抱っこされながらだとご飯を食べるより子ちゃん。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事