調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

*白血病のエリーちゃん*

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5


今日は、昨年10月に小島町1丁目の某国立大学の公務員住宅で
不妊手術の為に保護された、エリーちゃんの四十九日でした。

現地でエリーちゃんの親兄弟猫たちのことも見てくださった方曰く、
エリーちゃんが生まれたのは、ちょうど亡くなったくらいの時期
だったそうです。享年1才と半月程度ということですから。
昨年のちょうど今くらいの時期は、さぞかしとっても可愛い、
まだお母さんのお乳をおいしそうに飲んでいた2ヶ月位の
子猫だったんだろうなぁ、、、と思います。
どれほど可愛かったことか、、、会ってみたかったなぁ。。。

そう思うと、どんなに薄汚れて野生的で凶暴な猫にも、
可愛い子猫時代があったわけで、、、
全ての猫がいとおしく思えてきますね。。

エリーちゃんは、白キジ猫さんでしたが、おかあさんは、
まっ黒猫さんでした。
実は、おかあさんも、エリーちゃんと同じく白血病で、
エリーちゃんが亡くなる、ひと月ほど前の1月3日に、
亡くなってしまいました。
生まれながらにして、白血病キャリアのエリーちゃんは、
兄弟猫の中でもいつまでも一番小さくて、食も細く、
ご飯をもらいにみんなと一緒に出てきても、あまり食べないで、
そばにいるだけって感じだったそうです。
ご飯をあげてくださっていた方々からは、「チビちゃん♪」という
愛称で呼ばれていたそうです。
あまり食べなかったから、体が大きくならず、
血液も作られず、極度の貧血になってしまったんだな、と
思いました。

保護してからは、カリシウイルスで口の中がひどく炎症を
起こしており、自力では食べられない状態でしたから、
なおさら、貧血が進んでしまったのだと思います。
うちにきた初めの1、2週間は、強制給餌をしないと自力では、
物を全く食べられなかったのです。このまま放っておいたら、
死んでしまう、、、と思い、心を鬼にして強制給餌をしました。
薬を飲ませたら徐々に治り、やっと自力で少し食べられるように
なってきた頃、今度は、伝染性腹膜炎を発症してしまいました。。

とはいっても、致命的だったのは、結局貧血だったようです。
人間や犬ならば生きていられないほど薄い血だったそうで、
よく生きていますね、頑張ってますね、と動物病院の先生は
感心しておられました。

エリーちゃんの貧血があまりにひどかったので、
一度、病院で輸血をしていただきました。
その時に、先生がご自宅の猫さんを、連れてきて下さり、
先生の猫さんに供血していただいたのですが、
実はそのエリーちゃんに血を分けてくださった猫さんは、
今、当会で保護し、里親募集中の猫を預かって下さっている
清瀬市の方が、以前保護し、里子に出した猫だったそうです。
昨日たまたま、その方に預かってもらっている猫のお見合いがあり、
お邪魔したのですが、はじめてお話してそのことを知りました。
ひげ君という白黒の猫さんだそうで、エリーちゃんに献血してくれた
ひげ君を里子に出された保護主様にお礼を言うことができました。
四十九日の前夜に、不思議なご縁を感じました。

また、以前、このブログで、エリーちゃんがひどい貧血なので、
輸血をしたという話をした際、これを読んで下さった2件の方から、
「今度輸血をする際は、どうぞ、ウチの猫を使ってやって下さい、
ウチの猫は、健康優良児ですから!」とおっしゃっていただき、
献血のお申し出を頂きました。m(__)m
お申し出いただいたのは、深大寺北町在住のもこちゃんを預かって
いただいているご夫妻と、調布ヶ丘在住の個人でもボランティアを
されている方です。

本当に涙が出るほど、いい人だな〜ありがたいお話だな〜と
『じ〜ん』ときました♪
ちゃんとお礼も申し上げていなかったように思いますので、
改めまして、この場をお借りして、深く御礼申し上げます。m(__)m

今度はウチの先住猫達を連れて行かないとと思っていたものの、
実はウチの猫達はどちらも健康優良児ではなく、持病もちで、
1匹は猫喘息と好酸球性肉芽腫の持病が、もう1匹は尿路結石と
神経過敏によるスプレー病(これは病気か??)がありまして、
体格もさほどがっちりもしていないので、献血を心配してました。

実は、最期の週、献血のお申し出をいただいた方から、次に
輸血をするのはいつかと尋ねられ、木曜にしていただくことに
なっていたのですが、、、エリーちゃんは、その予定の輸血日の
前々日に、亡くなってしまいました。

もう少し、生きていられたのかもしれない、と思うと辛いですが、
今は、エリーちゃんをこれまでずっと見守ってくださった皆様、
支えてくださった皆様、血を分けてくださった猫さん、
エリーちゃんを産み育ててくれたお母さん猫、お父さん猫、
公務員住宅の付近で、外でご飯をあげてくださった方々に、
ただただ感謝の思いでいっぱいです。
ほんの少ししか、一緒の思い出を作れませんでしたが、
エリーちゃんは、不思議な魅力をもった、本当に可愛い猫でした。

それから、エリーちゃんには、よくガンバって生きてきたね、
偉かったよ、本当にありがとう、と言いたいです。


私たちは、不幸な猫を幸せにしているつもりでいたりしますが、
実際は、自分たちが、猫に幸せをもらっているのだと思います。

猫を亡くしてはじめて、そのことを思い知ったりします。

亡くなる前と後と比べた時、亡くなる前のあの頃は、
どれほど自分は幸せだったか、と思うのです。

関わる全ての猫への感謝を忘れずに、
どんなに小さくとも、存在する命の重みを忘れずに、
やっていかねばなぁ、と思います。

人一人の命も、猫一頭の命も、全く同じ、地球より重たいもの、
命は尊く、また、はなかいものですね。

つい昨日まで、熱い血が通い、鼓動がし、柔らかかった体が、
今日は、簡単に、灰になってしまうはかなさ、、、

全く個人的な話で恐縮ですが、私の祖母が亡くなったのが、
ちょうど昨年の今頃の3月12日でした。

命のはかなさ、、、をつくづく思ったりしました。

3月は何かと、涙の味のする季節です。。。


写真1:1月5日。通院のためキャリーケースに。この頃は、お腹の膨らみは、他の病院で便秘と言われてました。
写真2:1月5日。はじめて、我が家にきて入ってみたのかな。押入れの中。いいとこ見つけたんだね。
写真3:1月19日。コタツの中で、熱くなって出てきたところかな。
写真4:1月19日。日向ぼっこに一番いい場所を見つけて、ウトウト。。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今日で、ちょうど、エリーちゃんが亡くなってから、
1か月が経ちました。。。

エリーちゃんとは、、、
電通大の公務員住宅の敷地内にいた白キジの猫ちゃんで、
昨年11月に不妊手術のために保護した猫ちゃんです。
とってもおとなしくて、可愛い子なので、リリースせずに、
里親様を見つけようと思っていたところ、貧血がひどく、
また、白血病キャリアであることが判明し、里親探しはやめにして、
みゃーこ宅にて、お迎えすることとなった猫ちゃんです。

1月に入って、あまりにお腹が張っているので、病院に何度か
連れていくうちに、伝染性腹膜炎であることが判明しました。

みゃーこ宅に来たのが、12月16日。
それから、1か月ちょっとで亡くなってしまいました。
あまりにも、一緒にいられた時間は短すぎました。。。
エリーちゃんのためにできたであろうことは、沢山あったのに、
エリーちゃんのためにしてあげられたことは、わずかでした。

それも、余計なことばかりしてしまい、
寿命を縮めるようなことばかり。。。

撫でてもらうのが大好きで、ゴロゴロ言う子だったのに、
ゆっくり撫でてあげられる時間もわずかでした。。
声をかけると「ん?」と、お腹に力を入れてお返事をする、
とってもいい子でした。

後悔ばかりが押し寄せてきます。。。

エアコンの温度を常時もっと高い温度に設定しておけばよかった、
もっと早くみんながいる賑やかなリビングに出入りできるように
してあげればよかった、
日の当たるリビングの窓際で、日向ぼっこができる昼間の時間を、
過ごさせてあげたかった、、、
コタツの中が好きだったのに、初めの頃は、先住猫への感染を恐れて、
寒い部屋に隔離していたことが多く、本当に可哀想なことばかり。。

しまいには、せっかく、コタツの中で横になっていたのに、
もっとゆっくりしていたかったかもしれないのに、

無理やり引っ張り出して、キャリーケースに押し込んで、病院へ。
車の中では、ダンボールに入った大きなペットケージを人に貸すため、
エリーちゃんの椅子の隣に立て掛けて、、揺れてバッタンとなった時、
怖かっただろうな。。

何で、自分の横にエリーちゃんを乗せなかったんだろう、、
何で、大きな荷物を、エリーちゃんの横に置いてしまったんだろう、
何で、その日は、病院ついでに、いろんな用事を入れてしまって、
エリーちゃんを振り回してしまったんだろう、
何で、病院であんなに腹水を抜いてしまったんだろう、
何で、補液をちゃんとやってもらわなかったんだろう、
何で、その後に仕事があるような慌ただしい日に、エリーちゃんを
連れて行ってしまったんだろう、、、
そっとしておいてあげればよかった。
ちゃんと、エリーちゃんの顔色をよく見てあげればよかった。
よく見てなかった。。


ごめんね。ごめんね。

家に帰ったら、おかしくなってしまったんだもんね。
苦しかったろうに。。
ホントはおうちで、ゆっくりしていたかったのにね。。

もう少し、生きたかったよね。やっと、みんなと賑やかに
過ごせる部屋に来れるようになって、コタツとかホットカーペットの
上でぬくぬくすることを覚えたばかりだったのに。。。

どんなに謝っても、謝っても、謝りきれません。

申し訳ない、の思いで、どれだけ苦しめば罪がつぐなえるのか、
分からないまま、1か月が過ぎました。

母親って、もし愛する子供を自分の不注意で、殺してしまったら、
(たとえば、ほんのちょっとのつもりで、車の中に入れたままに
していたら、熱中症で死んでしまったとか)
その後、どんな風に生きていくんだろう?どんな風に気持ちを
立て直すことができるんだろうか、とか、考えました。

愛すべきものを救うどころか、苦しめることばかりです。

自分の行いを、一つ一つチェックしないといけない、
厳しくチェックしてくれる人がほしい、と思っています。


生き物にかかわる人たちは、心してかかわらないといけないです。
言葉を言えない、無力な生き物たちの運命を左右するのは、
私たちだから。
病院につれていくことが、必ずしも善とは限りません。

猫たちは、おうちで、ゆっくりしていたいのではないでしょうか。
温かな部屋で温かな人のむくもりを感じながら。

日向ぼっこをしていた姿を思い出せるのは、一度きり。
もっと、お陽さまの光の下で、体をリラックスできるような
時間を過ごさせてあげたかったです。

天国で、元気に暮らしているのかな。。


写真は、亡くなる6日前。1月23日に写メで撮っていた画像。
写真1は、携帯の待ちうけにしていた画像。もう辛くて、見られません。
写真3は、お気に入りの場所になっていたコタツの中。
     わずかな期間しかいられませんでした。。


開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

≪エリーちゃんは、本日、この記事を投稿後まもなく、18時50分に、息を引き取りました。
以下は、その1時間ほど前の投稿になります。詳細は、以下「緊急告知」をご参照下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1701265.html ≫

白血病キャリアのエリーちゃん、伝染性腹膜炎と診断されて、
今日で11日目となっています。

一昨日あたりから、呼吸が荒くなり始め、
昨夕、病院で腹水を抜いてもらいに行きました。
昨日は、100cc抜いてもらいました。

フィブリンがなくなっていて、サラサラの黄色い液に
なっていました。尿もま黄色です。

腹水がたまって、心臓や肺が圧迫され、息が苦しいのかと
思ったのですが、抜きすぎたかもしれません。

ただでさえ、極度の貧血で、血圧が下がりすぎたのか、
帰ってから、フラフラ状態になってしまいました。
キャリーケースを開けると、ぐったりと寄りかかっていて、
目を見開いて、苦しそうにしていました。

帰宅してから、昨夜20時頃から、深夜2時頃までは、
全く動けず、上体を起こそうとしても、頭がグラグラと
揺れてしまい、バタンと倒れ、背中で必死に呼吸をする感じで、
目を見開いていました。目の前の動くものにも目が全く
反応せず、全く目が見えていないようでした。
もう、時間の問題のような感じになってしまいました。
(先日見たごくう君のようでした)

とにかく、補液を100ccして、しばらくしたら、起き上がろうとし、
フラフラとどこかに行こうとしては途中でバタンと倒れこみ、、、
を繰り返し。
先生に連絡し伺ったら、血糖値が下がっているので、
砂糖水かポカリをシリンジであげてください、ということと、
温かくすることなどのアドバイスをいただきました。
それで、ポカリをシリンジで少しだけ飲ませました。
すぐには、苦しそうにし、まだ立てませんでしたが、

明け方、6時頃になって、起き上がろうとした際、
首がある程度座るようになって、頭のふらつきがだいぶおさまり、
トコトコと歩いて、先住猫のご飯のある方面へと向かいました。

慌てて、缶詰をエリーちゃんのお皿に入れて、顔の前に出すと、
倒れこみそうになりながらも、目の前のご飯を食べ始めました。
エリーちゃんが倒れるのを後ろから抱きかかえて支えながら、
お皿をエリーちゃんの前に出して。
そうしたら、なんと休み休みですが、合計10口位食べたので、
ビックリ!!ちょっと食べて、へたっては、またもう一口と。
ただでさえ貧血で、体の中に栄養分が足りないのに、腹水抜いて、
体の中にある必要なものが限界に達していることを、
体で分かって、欲したみたいです。

息苦しいのに、極度の貧血でフラフラしながらも、
一生懸命にえさ皿に向うエリーちゃんに、強い生きたい意志を
感じました。

体重も、1.84キロと、3か月の子猫なみになってしまいました。
小さな体で、貧血でまっ白いお顔で、今にも消えそうな子ですが、
内に秘めた生命力はすごいものがあります。

先生も、昨日病院に行って、「よくここまでがんばってますね!」
と驚いていました。

そして、今朝から、ずっと目が離せずに、時間が経過しています。

(本日、午前中、子猫のお届けが一件、捕獲した猫の病院への搬送が
一件ありましたが、他の仲間が仕事を休んで行ってくれました。)


今、とても容態は悪いです。
ずっと明け方から苦しくて、泣きづつけ、起き上がろうともがいたり、
少し歩いてみたり、バタンと、へたってしまったり、を繰り返し・・・。

昨夜から、何度も、もうヤバイと思われる瞬間があり、緊張が走っています。
息が荒くなって、鼻が詰まり気味なのか、時々口を大きく開いて、
ガッと目を見開いて、激しく息をすることがあります。
今にも、息が止まってしまうのではないかと心配になって、
「大丈夫か大丈夫か」と言いながら、じっと見つめます。

ブランケットをかけ、暖房もエアコンもオイルヒーターも、
ホットカーペットも、家中にある暖房器具をつけっぱにして、
温かくてはいるのですが、
なぜか、すぐに毛布からは出ようとしてしまいます。
ずっと、声をあげて苦しそうに泣き叫んでいます。
はじめは苦しくてガッと目を見開いて、泣き叫んでいるのですが、
しばらくそっと優しく撫ででいると、少し落ち着いてきたり・・。


でも、先ほど、自分でリビングから、エリーちゃん部屋に行き、
そこで、ぐったりしています。
もう今は、口を半開きにして、撫でていても変わらず、
苦しそうに息をしながら、私が誰かとか分からないようになって、
さまよっているようです。

でも、絶対死ぬもんか!!、ってずっとずっと、
すごくよく頑張っていて、本当に本当に偉いです!

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


エリーちゃんが伝染性腹膜炎と診断されてから、10日目。

一昨日から呼吸が少し荒くなってきたので、
腹水を抜いてもらったほうがよいと思い、
今日の夕方、病院に連れて行きました。

帰宅後、キャリーケースを開けるとぐったりしており、
歩くことができなくなってしまいました。

立ち上がろうとすると、倒れこんでしまい、
上体を起こしていることもできなくなってしまいました。

その後、目を見開いて、その目がどこを見ているのか分からず、
まばたきもせずに動けなくなってしまいました。
それから、先ほどまで大変危機的な状況が続きましたが、
ほ液とシリンジでポカリを飲ませた効果が出てきたのか、
先ほど、よろよろと起き上がり、ご飯を少し食べることが
できました。
首が座らなくなってしまい、グラグラしているので、
私が首を支えて、ご飯を食べさせてあげたら、
少し休んで、自分で立ち上がり、ご飯を食べ始めました。

昨夜20時〜明け方6時まで、片時も目の離せない、
緊張した時間が続きましたが、これで、少し安心できます。
エリーちゃん、もう少し頑張りたいと言っています。

本猫も、少し落ち着いたのか、やっとうつらうつらと
してきました。ずっと苦しいみたいで、鳴いてました。
一番ヤバかった夜20時〜24時位までは、声を出すことすら
全くできませんでしたが、声を出し始めてから、ご飯を
食べ始めたのです。
今は、激しく鳴いていたのもおさまりましたが、
時々、声を出しています。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

エリーちゃんのこれまでの経緯は、前回までの記事をご覧ください♪
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1698346.html


昨日(24日)、エリーちゃん、病院で輸血をしていただきました。
顔が白く、足取りもフラフラで貧血がひどいようなので、血液検査をしたら、
ヘモグロビンの値も下限で、かなり危機的状態ということでした。
人間や犬だったら、もう死んでしまっている値だそうです。
それで、輸血をすることとなりました。
体重も、1.9キロと、ついに2キロを切ってしまいました。。。

前にも、輸血の話は出ており、うちの猫からとってもらおうかとも考えていました。
今日、うちの猫を献血のために連れて行こうと思い、いざ、キャリーケースを出し、
捕まえようとしたところ、殺気を感じたようで、物凄い力で必死に抵抗して暴れ、
キャリーケースに入れることができませんでした・・・。(-_-;)

しまいには、2匹とも手の届かない押入れの上の奥のほうに隠れてしまい・・・

なので、仕方がなく、とりあえず、エリーちゃんだけを病院へ。
午前の部で、輸血のための検査と、献血してくれる猫との血液の適合試験をし、
それから、2時間ほどかけてゆっくりと輸血を行うとのことで、
夕方、お迎えに行きました。

朝、連れて行って、輸血の準備の際、エリーちゃんの腕に刺した針から、
なかなか血が抜けず、血管が非常に細く、点滴の針よりも細いみたいで、
とても大変そうでした。。。血圧も低く、出てこないようでした。
しきりに鳴くエリーちゃんを「ガンバって!ガンバって!」となだめつつ、
血が早く抜けることを祈る気持ちで、固唾を飲んで先生の指先をじっと
見守ること、数分。。
エリーちゃんのなけなしの血が注射器に入っていくのが見えると、
ホッとするとともに、その分さらに血が減ってしまい、
大丈夫なのか?心配にもなりました。

少量、プレパラートに乗せられたエリーちゃんの血を見せていただいたところ、
とっても薄かったです。水彩絵の具の赤をバケツの中で薄めたような色。。

針は何度か試して腕に刺せなかったので、結局、足の腿の内側あたりに刺し、
固定されました。
とりあえず、そこまで見届けて、お願いしていったん戻りました。

うちの猫を献血に連れてこれなかったので、急きょ先生が、ご自宅に戻り、
ご自宅の猫さんを連れてきて下さいました。m(__)m
エリリンのために血を分けてくださった、ミーちゃん、本当に、ありがとう!! 
おかげさまで、助かりました!! (^^)

夕方、お迎えに行ったら、割と元気にしていて、安心しました♪
輸血中、動いて針が抜けてしまったようで、結局、足からまた腕にし直したそうです。
動くともれるので、抱っこしながら、輸血してくださったとか。。

とにかく、無事に終わり、帰宅後食欲もあり、安心しました。
一時的な食欲のような気もして怖いのですが、何とか今のうちに、
沢山食べて、体力つけてほしいです。


写真1〜3:輸血の準備のため、補液中。
      やっと針が入り、ひと安心。『動くなよ!』
写真4〜6:輸血が終わったばかり。エリーちゃん、ホッとしている様子。
      『3時間、お疲れ様でした!よく頑張ったね!』
  写真7:帰宅後。さっそくご飯を食べるエリーちゃん。(^_^;)
      『ご飯食べてるんだ、いい子だね〜』 

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事