調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

里子のアフターフォロー♪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2


昨年11月に小島町1丁目の、とある国立大学の公務員住宅で
保護された、シャム混のハナちゃん(仮名ジュリちゃん)は、
先月、深大寺東町の里親様の家族となりました。

その後、虎君(仮名ロミ君)は、去勢手術を済ませ、先週、
ハナちゃんも、不妊手術に行ってきました。
一週間が経ったので、本日午前中、抜糸に行ってまいりました。
野良にゃんの場合は、溶ける糸で済ますため、抜糸には通常、
連れていっていないのですが、
ハナちゃんは、れっきとした飼い猫さんなので、飼い猫の扱い
ということで、抜糸をするほうのやり方でやっていだいたのです。
抜糸をしていただく方が、先生が後日、傷口を直接チェックする点で、
より安全だということです。
一週間、とくに体調が悪くなる等は、なかったようです。

傷口は、とても小さく、きれいでした。
難なく終わり、里親様宅にお届けいたしました。

ちなみに、そこの病院の先生は、シャム好きだそうで、、、(^_^.)
(特に奥様がと、、)、ハナちゃんを連れていくと、
「カワイイねぇ♪」と嬉しそうに、目を細めて言われます。(^_^.)
看護師さんからも、「この子は、覚えてますよ」と、言われました。
人気者です!確かに、可愛いいし、声も大きく印象に残りますね。

お届けすると、里親様が出てきて、「お帰り〜!」と。
すぐにハナちゃんは、お母さんのほうを向いて、見つめてました。
お母さんだってこと、分かるんですねぇ。。(^^)

写真1:カメラ目線のハナちゃん
写真2:お母さんが現れて、お母さんのほうを向いてしまいました。。


昨年12月19日より入院されていた飼い主様が先日退院されたので、
本日、入院中の預かりを引き受けてくださった、三鷹の方の家に、
猫ちゃん2匹(さわらちゃんとトラジ君)を、お迎えに伺いました。

預かり手様のお宅は、小さなお子様がいたのですが、
猫ちゃんたちを優しく見守って下さったようです。
何も問題なくすんで、ヨカッタ〜と思います。
今回、快く、見ず知らずの方のために、預かりを引き受けて下さった、
三鷹のご家族の方々には、心より御礼申し上げます。
お陰さまで、飼い主も安心して手術を受けることができたと思いますし、
猫ちゃんたちにとっても快適に暮らせる環境を与えていただき、
いい思い出になったと思います♪
ありがとうございました!!m(__)m

帰りは、猫ちゃんたちと一緒に、猫グッズ(ケージ、キャットタワー、
猫ベッド、猫トイレ、トイレ砂、毛布。ご飯、食器等々)も撤収し、
車に積み込みました。

最後に、トラジ君は、コタツの中からなかなか出てきたがらず、
元の飼い主の方を見ても、何だかすっかり忘れてしまったみたいな、
知らんふりの反応。。。
もう、すっかり、「ここがぼくのおうちだもん!!」って、預かり手様の
お宅の子の顔になってました。
預かり手様が風邪で寝込んでいるときも、そばにくっついていたそうです。

でも、トラジ君だけ、放って帰るわけにもいかないので、嫌がるのを
思い切って抱きかかえて、キャリーに入れようとしました。
が、、「帰りたくないよー!!」と言わんばかりに何度も抵抗し、
力づくで、キャリーから頭を出してしまいました。
それでも、心を鬼にして、キャリーに押し込んで、帰りました。
家に帰れば、少しずつ、元の生活を思い出してくれることと思います

飼い主様のお宅は相模原で、往復3時間ほどかかりましたが、(^_^;)
お正月最後の、いいドライブにもなりました♪

ともあれ、何事もなく、無事にすんでヨカッタ。。。(^^)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


先月、「緊急のお願い」のコーナーに掲載しておりましたが、
以前里子に出した猫の飼い主様が、3週間入院されることになり、
一時預かりをしてくださる方を募集したところ、三鷹市の方より、
お申し出をいただきました。

それで、昨年12月18日に相模原市の飼い主様宅より、
三鷹市の預かり手様宅に猫さん2匹と猫グッズ一式をお届け致しました。

その後、預かり手様から、こまめな経過報告を何度か頂いております。
そのいくつかをこちらで、ご紹介いたします♪

預かっていただいている猫さんは、
生後4才のさわらちゃん(ペルシャmix風♀)と、
生後6ヶ月のトラジ君(キジトラ♂)です。

まず、お届け初日(18日)の模様ですが、、、
お届け時の様子は、下記「緊急のお願い」にて、
すでに掲載しておりますので、宜しければご参照ください。
↓↓↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/folder/1622199.html

翌日(19日)の朝の時点では、
まだ緊張で、2匹とも、ご飯を食べていなかったようです。
トイレもしていなかったそうなので、やりやすい場所に移動して
下さったようです。
トラジ君は、ケージから出てきたようです。

翌々日(20日)、夜になって、
さわらちゃんが、リビングのある2階に降りてきたそうです。
預かり手様が近付くと、サーッとものすごい勢いでケージのある、
3階に逃げてしまったそうですが・・。
ご飯は減っていなかったそうですが、トイレはしていたそうです。

3日目(21日)、
トラジ君が、2階に下りてきて、預かり手様の食卓のところに来て、
じゃれてくるようになったそうです。
テーブルに上がらないようにする方法について、ご質問がありました。
さわらちゃんは、人がそばにいるとケージにこもっちゃうみたいです。

夜、トラジ君、リビングのコタツに入ったそうです!
だいぶ慣れてきたようですね。
さわらちゃんは、ウンチをするようになったそうです。

5日目(23日)、
さわらちゃんは、まだまだ警戒モードのようです。
一度抱っこされたら、怖がって逃げてしまったとか。。
ご飯はちゃんと食べており、トイレもしているとのこと。

14日目(1月1日)、
2匹とも、だいぶなじんで、預かり手様のお宅で安心して新年を
迎えたようです。
トラジ君はコタツでヌクヌク、さわらちゃんも、あったかベッドで
くつろいでいますね〜♪


写真1:翌日(19日)の様子。トラジ君、ケージから出る。
写真2:翌日の夜、トラジ君、キャットタワーで遊ぶ。
写真3:3日目(21日)のトラジ君。食事中にじゃれる。
写真4:3日目の夜、トラジ君、コタツに入る!!
写真5:5日目(23日)、さわらちゃん、まだまだ警戒モード。引きこもる。
写真6,7:大晦日のさわらちゃんと、トラジ君。あったかそう♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


以前当会から里親になってくださった飼い主様が入院のため、
飼われている猫2匹の一時預かり手を本ブログで募集いたしましたが、
本日、飼い主様とともに預かってくださる三鷹市の方のお宅に、
猫グッズとともにお届けしました!

道路が渋滞して長い道中となりましたが、2匹とも元気です♪
預かり用のケージを組み立てたところ、ちょっとおっかなびっくりなのか、
ブルーの毛布にもぐって、外の様子を伺っていました。

これで、猫達も飼い主様も、無事に年を越せそうです。
今回の一時預かりをご快諾くださった方には、この場を借りてお礼申し上げます。
また経過が分かりましたらお知らせいたします。

写真1:毛布にくるまって外の様子を伺うさわらちゃんとトラボルタ君
写真2:ちょっと緊張気味?ヒゲが肌にぴったりついているトラボルタ君
写真3:毛布のすき間から外を見つめるさわらちゃん

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事