調布地域猫の会 公式ブログ

殺処分ゼロへ!人と猫とが共生出来る街づくり=美しい街作りの実現を!

○●お知らせ●○

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

つい今し方、写真撮影に行って参りました(^^ゞ

私ども会のメンバーと長年のネコボラ仲間である
三鷹市在住のHさん宅には、
現在(2018年7月17日・火曜日・午後14:20)、
保護された仔猫ちゃんが3匹おります。


これから、写真をセレクトしたり加工したりするなどして、
里親募集記事を掲載して行く予定です(^^ゞ

その際は、皆様どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


取り急ぎ、3匹の仔猫ちゃんたちの写真を、
ここに一枚づつ貼っておきます。

3匹とも、メチャクチャ可愛い子ですよ(^O^)/



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


保護主のHさんが名付けた仮名は、
写真の掲載順に、上から


●ソラ君(推定、生後二ヶ月弱。男の子。)

  眉間ハチワレの黒白柄。

  キラちゃんとは、実の姉弟。
  ソラ君の方が、弟気質。

  所見の人には、初めだけちょこっとビビリますが、
  すぐに慣れてくれます。
  大人しい子です。
  簡単にナデナデ、抱っこ出来ます。
  既に一度ワクチン接種済み

  この大きさでは、まだウイルス検査は出来ないので、
  しておりません。


●キラちゃん(推定、生後二ヶ月弱。女の子。)

  マスクを被ったような、バットマン柄の黒白の女の子。

  ソラ君とは、実の姉弟。
  キラちゃんの方が、お姉さん気質。
  所見の人にはまだ幾分ビビリな感じですが、
  ご飯を上げてくれればすぐに慣れます。
  簡単にナデナデ、抱っこ出来ます。

  現在、若干お腹が緩いので、まだワクチン接種していません。

  この大きさでは、まだウイルス検査は出来ないので、
  しておりません。


●カイ君(推定、生後3ヶ月。男の子。)

  全体が白い男の子です。

  ほんの数日前に、Hさん宅にお腹を空かせてやって来まして、
  ごく簡単に保護出来てしまいました。
  既にめちゃくちゃ人慣れしている大人しい男の子です。
  ナデナデ、抱っこも簡単に出来ます。

  カイ君、キラちゃんとは血縁関係はありません。
  
  カイ君はウイルス検査が出来る月齢でしたので、
  検査済みで、ネコエイズ、ネコ白血病共に陰性です(^^)v
  
  若干お腹が緩いので、まだワクチン接種はしておりません。  



数日以内に、ちゃんとした里親募集記事を掲載致しますが、
ご希望の方がいらっしゃいましたら、いつでも当会まで
電子メールを下さい(^^ゞ

sato-oya-neko2525@goo.jp

までお願いします<(_ _)>


※ 何ヶ月か前に(1〜2ヶ月ぐらい前でしたでしょうか・・・?)
   当会代表の、みゃーこ宛に、
   「仔猫はいませんか?仔猫を飼いたいのですが?」
   とお電話を下さった方がいらっしゃったと思います。

   申し訳ございません、私はその時その電話に出た者ではないので、
   お相手様のお名前等を承知していないのですが、
   現在は3匹の仔猫がおりますので、もしこの記事をご覧頂いて
   おられましたら、ご検討のほど、どうか宜しくお願い致しますm(_ _)m


2018年7月17日 記
調布地域猫の会


↓↓↓↓↓成猫のゴマちゃんのことも宜しくお願いします!<(_ _)>

飼い猫だったキジ白のごまちゃん(オス)の里親さん募集〜(^O^)/



開く コメント(0)


つい今し方、写真撮影に行って参りました(^^ゞ

私ども会のメンバーと長年のネコボラ仲間である
三鷹市在住のHさん宅には、
現在(2018年7月17日・火曜日・午後14:20)、
保護された仔猫ちゃんが3匹おります。


これから、写真をセレクトしたり加工したりするなどして、
里親募集時期を掲載して行く予定です(^^ゞ

その際は、皆様どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


取り急ぎ、3匹の仔猫ちゃんたちの写真を、
ここに一枚づつ貼っておきます。

3匹とも、メチャクチャ可愛い子ですよ(^O^)/


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


保護主のHさんが名付けた仮名は、
写真の掲載順に、上から


●ソラ君(推定、生後二ヶ月弱。男の子。)

  眉間ハチワレの黒白柄。

  キラちゃんとは、実の姉弟。
  ソラ君の方が、弟気質。

  所見の人には、初めだけちょこっとビビリますが、
  すぐに慣れてくれます。
  大人しい子です。
  簡単にナデナデ、抱っこ出来ます。
  既に一度ワクチン接種済み

  この大きさでは、まだウイルス検査は出来ないので、
  しておりません。


●キラちゃん(推定、生後二ヶ月弱。女の子。)

  マスクを被ったような、バットマン柄の黒白の女の子。

  ソラ君とは、実の姉弟。
  キラちゃんの方が、お姉さん気質。
  所見の人にはまだ幾分ビビリな感じですが、
  ご飯を上げてくれればすぐに慣れます。
  簡単にナデナデ、抱っこ出来ます。

  現在、若干お腹が緩いので、まだワクチン接種していません。

  この大きさでは、まだウイルス検査は出来ないので、
  しておりません。


●カイ君(推定、生後3ヶ月。男の子。)

  全体が白い男の子です。

  ほんの数日前に、Hさん宅にお腹を空かせてやって来まして、
  ごく簡単に保護出来てしまいました。
  既にめちゃくちゃ人慣れしている大人しい男の子です。
  ナデナデ、抱っこも簡単に出来ます。

  カイ君、キラちゃんとは血縁関係はありません。
  
  カイ君はウイルス検査が出来る月齢でしたので、
  検査済みで、ネコエイズ、ネコ白血病共に陰性です(^^)v
  
  若干お腹が緩いので、まだワクチン接種はしておりません。  



数日以内に、ちゃんとした里親募集記事を掲載致しますが、
ご希望の方がいらっしゃいましたら、いつでも当会まで
電子メールを下さい(^^ゞ

sato-oya-neko2525@goo.jp

までお願いします<(_ _)>


※ 何ヶ月か前に(1〜2ヶ月ぐらい前でしたでしょうか・・・?)
   当会代表の、みゃーこ宛に、
   「仔猫はいませんか?仔猫を飼いたいのですが?」
   とお電話を下さった方がいらっしゃったと思います。

   申し訳ございません、私はその時その電話に出た者ではないので、
   お相手様のお名前等を承知していないのですが、
   現在は3匹の仔猫がおりますので、もしこの記事をご覧頂いて
   おられましたら、ご検討のほど、どうか宜しくお願い致しますm(_ _)m


2018年7月17日 記
調布地域猫の会



開く コメント(0)

当会充てに電子メールをお送り下さる方の中に、
いまだ 当会の旧メールアドレスOCNの)に
送信して来られる方がおられます。

大変申し訳ございませんが、OCNのメールアドレス
は、現在は使用しておりません
<(_ _)>

OCNの旧アドレスにメールを頂いても、
私どもには送信主様のメールアドレスがわかりません。
メールの本文中に、送信主様のメールアドレスか
お電話番号を明記されるかして頂きませんと、
全く返信をすることが出来ない状況です。

以前に旧アドレスでやり取りをさせて頂いた方も、
送信先のメールアドレスは

sato-oya-neko2525@goo.jp

充てにお願い致します<(_ _)>

どうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>



開く コメント(0)


2016年3月15日 (補筆)

日頃、当会をご支援いただき、ありがとうございます。
また、地域猫の取り組みにご理解とご協力をいただき、
感謝申し上げます。

大変申し訳ございませんが、
現在、猫に関する新規のご相談につきましては、
基本的に停止させていただいておりますm(__)m


ご相談の内容によっては、
今もご協力が可能な場合があるとは思いますが、
例えば、猫の里親探しにつきましては、
預かり協力者さんの確保が恒常的に厳しく、
預かり先の確保を含めた里親探しについては、
お断りをさせて頂いております<(_ _)>

(相談者様の方で預って下さる場合は別です)


また、
相変わらず当会に「ネコを引き取ってくれないか?」
という相談メールが寄せられて来ますが、
当会では引き取りは一切しておりません。
今後も致しません。
   
「地域の問題は地域で解決」が原則です。


現在、
多頭飼い現場の里親探しに奔走しております。
里親探しというものは、
ネコボラの各種の内容の中でも、
とくに人手と時間が必要な作業です。
この作業に取りかかりますと、
他のことをする事は、ほぼ不可能になります。

もともと当会は実働部隊
(実際にメールや電話で相談に乗り、
 アドバイスをしたり、現地に行って、
 捕獲や保護や搬送などが出来る人員)
が僅少な上、
それぞれが普段は仕事をしている会社員なので、
活動出来る時間帯や日にちも限られております。

過去に引っ越しがあったり、
仕事が替わったり等々があり、
活動に割ける時間が益々僅かしか
なくなっている状況もあり、
メールのお返事すらかなり
遅れてしまう場合があります。


どうかご理解のほど、宜しくお願い申し上げますm(__)m

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


野川近くの住宅地に、ユキちゃんという純白の
しっぽ短めで太めのとっても可愛いふさふさした
白猫ちゃんがいました。

先週シルバーウィークの直後から、ユキちゃんは、
行方が分からなくなっていたのですが、

御塔坂橋のたもとで交通事故にあい、21日
(20日の深夜か?)に死亡し、調布市のほうに、
回収されていたことが、確認されました。


これまでユキちゃんを可愛がってきた方の調べで、
遺体が調布清掃に保管されていたことが判明したのです。
その方がそこへユキちゃんを迎えに行ってきました。
ユキちゃんは、21日の朝、御塔坂橋のたもと
(武蔵境通り)で車にひかれ、おそらく即死状態で、
倒れていたところを、調布市に回収されていたのでした。
今日で、ちょうど一週間。。。

明日には、お寺に火葬に出されるという、保管期間の
最終日の寸前のところで、ユキちゃんは、生まれ育った
野川のほとりのおうちに帰ることができました。
危ない橋を渡って、生きて帰れなくなったユキちゃん、
今夜は、子供たちもいるおうちで安らかにしています。

朝になったら、お寺で火葬されることになります。

私も、夜になって仕事帰りに、ユキちゃんに会いに
いかせていただきました。


ユキちゃんは、もう10歳にもなる猫だそうですが、
いつも元気で、どんなに寒い冬でも、風邪ひとつ引かず、
毛並みも綺麗で、真っ白な猫でした。
よく、可愛がっている方が、ご飯をあげにくると、
どこからともなく大喜びで一目散に駆け寄ってきて、
砂利の敷いてある場所に、ごろんごろんと転がって、
可愛いパフォーマンスを見せてくれていたのでした。

そんな風に可愛く、元気だったユキちゃんが、
シルバーウィークあたりから、姿を見せなくなり、
皆で心配していました。

実は、一番恐れていた事態が起きていたのです。

唯一の手掛かりは、近隣の方からの証言で、
23日の早朝に、御塔坂橋近くのお店の前の
武蔵境通りに、白い猫が横たわっていて、
車がそれをよけるように通っていた、
というものでした。

可愛がっていたお宅の方や、近隣の関係者の
皆で心配し、三鷹市や調布市、警察署などにも
確認していたところ、当初は、遺体の収容はない、
とのことでした。

それで、誰かが、埋めてくれたのかもしれない、
ということで、そこら中の植込みなど、土のある
場所を埋められていないか?
必死に、見て回ったりもしたのでしたが、
それらしい痕跡はありませんでした。

通りすがりの車の人が、遺体を見つけて降りて、
どこかに葬ってくれたのかもしれないと
思いつつ、、、
ずっと、面倒を見てこられたお宅の方が、
どうしてもあきらめがつかず、再度、調布清掃に
確認の電話を入れ、連休前日からのところから、
白い猫の回収がなかったか調べてほしいと
問い合わせをしたところ、
21日の朝に、回収された記録があったそうです。


遺体はまだお寺で火葬されてはおらず、
保管されているとのことで、夕方、そのお宅の方と、
ユキちゃんと関わりが深かった関係者とで、
見に行きました。

そうしたら、、、、
それは、確かにユキちゃんだということで、
連れて帰ってこられました。
ただ、頭部(顔の部分)は、損壊していました。


私も、見ました。。。想像を超える姿でした。

道路に横たわっていた白い猫がいた、
という情報を得た時点で、おそらく、他に近くに
白い猫はいないので、それはユキちゃんで、
ユキちゃんは、交通事故にあったことが
ほぼ判明したわけでしたが、

遺体を直接確認するまでは、実感もわかず、、、
交通事故にあったにしても、白い猫がそのままの形で、
横たわっているので車がよけていたのだろうし、
それだから誰かが通報もしれくれたわけで、
事故にあった瞬間は、頭などを打って、
きっと即死で、そうは苦しまなかっただろう、、、
そうに違いない、そうであってほしいなどと、
勝手に思っていました。


でも、最期のその姿を見て、私は言葉を失いました。

目や鼻や口がどこにあるかもわからない。。。

生前のユキちゃんが、くねくねと柔らかい体をくねらせて、
地面にコロンコロンして喜んでいた姿と交互に重なり、
同じ猫とは、信じられない思いでした。


どんなにその衝撃がユキちゃんにとって、
すさまじいものであったか、、、、
想像を絶するものだったろうと思います。


外の生活を10年以上も続けながら、子猫も生み、
3匹を大きな猫に育て上げてきたユキちゃん。
いつも元気な姿で走ってきて、可愛かったユキちゃん。

私とは、ほんのわずかな付き合いでしたが、
忘れられません。
短くて太いしっぽを立てて、短足でテケテケ走る姿は、
なんとも、可愛かったです。

最近は、全身茶トラの未去勢の大きな流れ猫君が、
出現し、その猫にご飯のありかを教えてあげたりも
していました。


つい昨日まで、風邪ひとつひかず、気丈で、
どんなに元気な猫でも、
車という大きな鉄の塊の凶器の前では、
こんなにも無力な存在となってしまうものか、、、
命は、こんなにもろいものなのか、
と思い知らされます。



猫に関わる皆さんにお願いしたいことがあります。m(__)m

ご飯をあげる際には、猫が後ろからついてきていないか?
自分を追って、道路を渡ったりしていないか?
常に気をつけてあげるようにしてください。m(__)m

道路の反対側にいる猫が、美味しい食べ物を求めて、
道路を横断することのないよう、くれぐれも、
注意してください。m(__)m

ふだん、大変な思いでお世話をされているかと
思いますが、でも、、、、
生きていてくれるだけで、どんなにありがたい存在か、
一頭一頭が、どれほどかけがえのない存在であるか、
ということを、亡くしてはじめて気づかされる、
というのでは、遅いのです。


オスの場合、去勢をしないと、メスを求めて
興奮状態になり、道路を横断し、
事故にあうことが多いです。


車を運転する方は、
どうか、高速道路のように、道路と動物の居住空間が
分断されていない道では、くれぐれも、
前方に猫や人間が横断していないか?
注意しながら、走行してください。m(__)m


つい先ほども、ニュースで、昨日、世田谷区で、
甲州街道を渡る際に、車にひかれて亡くなった女児が
いたそうです。
自転車で道路を横断しようとした女児が、
右折?左折?してきたトラックにはねられたそうです。

いとも簡単に、車は、
生き物の命を一瞬にして奪ってしまう魔物です。



そして、
皆さまへ 

路上に横たわっている猫を見かけたら、
生きていたら、病院につれていってほしいです。
あるいは、市役所などに連絡してください。m(__)m

その猫のことを必死に探している人がいます。

なんの手掛かりもないまま別れることは、
辛いことです。


ユキちゃんは、調布市にその遺体を保管され、
本日、野川に帰ることができました。
みんなでお別れしながら、ユキちゃんをお花で
綺麗にかざって見送ってあげることができ、
ユキちゃんの命はもう戻りませんが、
ほんの少しだけ、魂が、癒される思いがしました。

もう一度会いたかった思いが、叶ったことは、、、
生きている姿ではなかったけれど、
生きていた最期の姿を見れたことは、救いでした。

損傷したお顔の部分に、きれいなお花をたくさん
かざりました。痛みが少しでも癒されたら、、、
と願って。。。。

今日、ユキちゃんは、慈恵院に葬られます。


どうか、どうか、ユキちゃん、天国で安らかに。
元気に生き、みんなを楽しませてくれて、ありがとう。


(合掌






写真1---ユキちゃんの在りし日の姿。

写真2---清掃業者の冷凍室から、S様宅に
     引き取られて来たユキちゃんの亡骸。

写真3---ユキちゃん終焉の地。






ユキちゃんのことは、「三鷹市内の猫事情」にも、掲載予定です。

ユキちゃんに関わりが深かったボランティアが撮影した写真を掲載予定です。
ユキちゃんを巡っては、複数のオス猫たちが、死闘の争いをしていたそうで、
その人が今はおうちの猫にしているボスくんは、以前、野川にいたボス猫で、
ユキちゃんのことが好きだったそうです。(^^)

ユキちゃんは、子猫を生んだのですが、その父親はボス君ではなく、
でんすけ君という猫だったそうですが、そのでんすけ君も、
ちょうど2年前に、同じ道路(武蔵境通り)の近い場所で、
交通事故にあい、亡くなったそうです。

先立たれた夫のでんすけ君に、天国からお呼びがかかってしまったのかも
しれません。また、でんすけ君と、天国で再会できますね。


≪追記 9月30日≫
追悼の意味をこめて、以下「三鷹市内の猫事情」フォルダに、野川でユキちゃんのことを
長い間見守ってきた方による寄稿文【ユキちゃんよ永遠に】を掲載しております。m(__)m

【寄稿】ユキちゃんよ永遠に-Vol.1
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/55830380.html

【寄稿】ユキちゃんよ永遠に-Vol.2
http://blogs.yahoo.co.jp/chofuneko/55830423.html


今日(30日)、慈恵院でユキちゃんの亡骸が火葬されました。今日は一日雨でした。

開く コメント(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事