Choice弁護士事務所の韓国法律のススメ

Choiceは、韓国ソウル瑞草区にある法律事務所です:)

全体表示

[ リスト ]

こんにちは
 Choice Law Officeのヒョンユン弁護士です。
 
今日のテーマは
 「韓国の租税体系について。」です。

イメージ 1

1. 韓国の租税体系
 
- 国税(所得税、法人税、贈与税、付加価値税、総合不動産税、個別消費税、証券取引税、教育税など) 
- 地方税(取得税、登録免許税、住民税、財産税、地方所得税、地方教育税など)
 
 
2.所得税(総合所得税、譲渡所得税)
総合所得税(利子所得、事業所得、勤労所得、年金所得など)

イメージ 2

3.法人税
 
内国法人(外資法人)は国内外で発生するすべての所得に対して法人税納税義務、外国法人(支社の場合)は国内源泉所得に限り法人税納税義務があること
 
法人の各事業年度ごとに法人に帰属される所得について'各事業年度の所得に対する法人税'が課税されて、特定地域に所在する土地及び建物、住宅及び付随土地を譲渡したり、非事業用土地を譲渡する場合'土地など譲渡所得に対する法人税'が追加課税され、内国法人が解散する場合'清算所得に対する法人税'が課税されます。

イメージ 3

4.付加価値税(10%)
 
付加価値税は売り上げ税額で買入税額を差し引いて計算し、6ヵ月を課税期間で申告納付することになり、各課税期間を再び3ヵ月に分けて中間に予定申告期間を置いていること。
 
イメージ 4

5.地方税(詳細な内容はWETAX参照)
取得税、登録免許税、住民税、地方所得税、財産税
 

韓国の法律に関して、お困りの際には
Choice のチェ・ヒョンユン弁護士まで
どうぞ、お気軽にご相談ください

メイン


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事