Choice弁護士事務所の韓国法律のススメ

Choiceは、韓国ソウル瑞草区にある法律事務所です:)

全体表示

[ リスト ]

こんにちは。
チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。
 
今回のテーマは
法人商店街建物賃貸借保護法適用否です。

イメージ 1

質問 : 甲はA社を設立し、商行為のためにA社名義で商店街建物を賃借しました。このように個人ではなく会社を設立して会社の名義で商店街建物を賃貸する場合、商店街建物賃貸借保護法の適用を受けることができますか。
 
返事 : 韓国の商店街建物の賃貸借保護法の適用範囲と関して同法第2条第1項は"この法は商店街建物(第3条第1項による事業者登録の対象になっている建物を言う)の賃貸借(賃貸借の目的物の主な部分を営業用に使用する場合を含む)について適用する。"と規定しており、商法第5条第2項は会社を議題商人と規定しています。
 
 したがって、上記の法律の規定による場合、賃借人の名義が個人ではない会社であっても実質によって賃借目的物の主な部分を営業用として使用する場合であれば、当然に商店街建物の賃貸借保護法の適用を受けます。


韓国の法律に関して、お困りの際には
Choice のチェ・ヒョンユン弁護士まで
どうぞ、お気軽にご相談ください
メイン

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事