伶音坊 〜京韻彩虹〜

最近、ブログを書く時間&動力を失くしてしまったみたい・・・気持ちの整理をしています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ご無沙汰です。

連続出張で寝不足の日々が続いてます。
ホテルから記事をアップしようと思っていたけれど、
一日の仕事を終え、体力的にはとてもそんなことができる状態ではありません^^;
もう「クタクタ状態」になってしまい、眠ること以外何もしたくないです(苦笑)
伶音坊を心配してくれている皆さん(?)、
日記の更新を楽しみにしてくれている方々(?)、申し訳ありません。

では、寝る時間を短めにして本題に入らせていただきたいと思います。





家を一週間ほど空け、戻ってきた日にお母さんから苦情を言われた。
「あんたに教わった味噌汁を作ってみたけど、まずかった。」って。


そう、伶音坊家の人間はみな『味噌汁ファン』である。
味の素や塩など余計な調味料はなくても、おみそだけで美味しくできちゃう超簡単料理;
発酵大豆&多種類の栄養が含まれていて、舌だけではなくお肌も体も満足できる。
――私たちは以上の理由で味噌汁をこよなく愛し、
いつも私が日本人向けのコンビにでおみそを購入し、いろんな具を入れて作っていた。


「そんな筈がない。私がいつも教えた通りに作っているから」と、弁解。
「みその量を間違えたのかな?大さじ1ぐらいでいいってあんたが…」
「それは問題ない。ほかには何か変わったことない?」
「ええと…あぁ!?具かもしれない!」
!!…で、何を入れたの??
「ほら、タンスの中にツナの缶詰がまだ一つ、残っているじゃない?それで…」



沈黙時間5秒。
それだ…Oh-My God!!!!!
想像するだけですっげ〜ヤバくてまずそう…げげ。
これを入れろとは教えてないぞ〜〜自分の名誉にかけて誓う。
ツナって結構生臭いから、スープには不向きだと思うぜ。
しかもあの缶詰、私が帰ってきたらサラダを作るためにわざわざとっといたのに…味噌汁に…
ガーン


ってことでお母さんを叱ってあげた。
「オリジナルを開発するのはいいけど、
それぞれの食材の『相性』っていうものも考えてほしい」ってね^^;
反省してくれているようだ。よし〜



豆腐・きのこ・わかめ…これらは私がふだん味噌汁に入れる材料。
そういえばあまりお肉が入っている味噌汁を飲んだことがないね。味が悪くなるからか?

より美味しい味噌汁を作るため、
中国人の伶音坊から日本人のみなさんに質問です:
味噌汁に合わず、入れたら『変』になってしまうものはありませんか?
絶対具にしてはいけない食材は何でしょうか?

より美味しい味噌汁を作るため、宜しくお願いいたしま〜す*^―^*

閉じる コメント(38)

顔アイコン

あむいさん〜なるほど!一度お湯を通したほうが生臭さも軽減されるのですね!しかもツナを少なめに入れたほうが良さそうですよね?トマトは分かりますが、キュウリを入れないというのは少し意外でした。うちのお母さんは料理が上手ですが、時々とても『個性的』なアレンジをするので、私がいない時は特に頻繁になります(爆)

2007/6/21(木) 午後 1:33 伶音坊

顔アイコン

ようめいさん〜実は最近、私の中で「納豆ブーム」が起きています(笑)今ならその納豆味噌汁をとても美味しく食べられるはず!今週末に作ってみようと思います。入れる納豆はそのままがいいのか、それとも細かく切ったほうがいいのか...迷っちゃいますね、両方試してみます*^0^*

2007/6/22(金) 午後 5:07 伶音坊

顔アイコン

chaiさん〜味噌汁の味を左右するのは、やはり味噌の種類なので、同じ味噌を使って作る味噌汁は中国でも日本でもたぶん同じ味になるでしょうね(水の影響とかもあるでしょうけど)。我妈妈説我作的醤湯很好吃*^0^*キュウリとナスはダメか...メモメモ。す、すいかの味噌汁...ツナよりずっとまずそうじゃないですか!?それはそれで忘れられない思い出になったと思いますが、すごい我慢大会でしたね(爆)

2007/6/22(金) 午後 5:51 伶音坊

顔アイコン

トマト、胡瓜、ナス、西瓜の皮、コンニャク、全部普段食べてる家があると思います。味噌汁が味噌汁である条件は味噌を使っていることと、木の椀に入っていることじゃないかな。

炸醤面は北京人のお袋の味。味噌汁は日本人のお袋の味ですね。味噌汁の歌もありますよ。

2007/6/23(土) 午前 0:37 [ 荒川 文治 ]

顔アイコン

太郎さん〜臭豆腐味噌汁...毒薬並みのまずさだと想像してます(爆)油揚げが入れてある味噌汁って美味しいよね、ふわふわしてて柔らかいの*^0^*太郎さんの焼肉のお店の中で味噌汁はメニューになってますか?もしあったら今度味見に行こうっと〜♪

2007/6/25(月) 午後 1:47 伶音坊

顔アイコン

未音さん1〜果物入りのスープや炒め物は北京にはありますが、味噌汁にしたら...なんかすごく違和感がありますね(汗)ちなみに私はとても便利なだし入りの味噌を使っているので、ほかの調味料は一切才要らない超簡単さに満足してます*^0^*

2007/6/25(月) 午後 2:02 伶音坊

顔アイコン

未音さん2〜リンク先のその「ツナ味噌汁」、とっても美味しそう!!なるほど、葱やしょうがをみじん切りにして生臭みをとるのが大事だったんですね!今度このルールを厳守して作ってみます。どうもありがとうございました〜〜^−^

2007/6/25(月) 午後 2:08 伶音坊

顔アイコン

さすがさくら子さん!!オリジナルの洋風味噌汁、聞いただけで飲みたくなっちゃいました*^^*ウインナーソーセージは好きです、特に伊藤家のしそ入りのあれが美味しい(笑)。今週中に食材を買って作る予定です〜素晴らしいアイデアを謝謝でした♪

2007/6/25(月) 午後 2:11 伶音坊

顔アイコン

荒川さん2〜午餐肉をスープの具に使う習慣から、やはり沖縄と中国の似ている部分が感じ取れました。魚の骨を煮込んだ味噌汁は、きっと旨みがたっぷりあって、いっそう好吃になったでしょう!それを食べられた地元出身の荒川さんが羨ましいです*^0^*

2007/6/25(月) 午後 4:07 伶音坊

顔アイコン

みきすけさん〜ちょうど家の中に紫菜が置いてあったので、週末に作ってみました。それが美味しかったのです!!これで伶音坊家の味噌汁の種類が一つ増えました♪素敵なレシピをどうもありがとうございました!^0^

2007/6/25(月) 午後 4:20 伶音坊

顔アイコン

うじゃ姐姐〜え?ジャガイモも入れんの??これは初耳♪♪でも柔らかくなったジャガイモに味噌の味がしみこんで...イケそう!!今度やってみよう*^0^*ところで赤味噌と白味噌、お姉ちゃんはどっち使ってますか?どぅどぅも味噌汁が好きかな??

2007/6/25(月) 午後 4:22 伶音坊

顔アイコン

荒川さん3〜しまった...伶音坊家の味噌汁は「木の椀に入っている」という条件に満たしていない......普通の中国式の陶磁器お茶碗の中に入れて飲んでます。ってことは、『味噌汁』とは言えないのかな?(撃沈)あと、味噌汁の歌を聴きたい!!どんな歌詞になってるか気になります^^;

2007/6/25(月) 午後 4:26 伶音坊

顔アイコン

喫茶店のランチでマグカップに入った味噌汁が出ることはあるけど、木のお椀じゃないと熱い味噌汁が入った器を手に持てません。これは重要ですよ。椀の字があるんだから、中国にも木製の椀があるんじゃないか?

曲名は「味噌汁の詩」でした。歌詞は下記。http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND4337/index.html
意味がわからないところがあったら訊いてね。僕も岩手県の出身だから。

2007/6/26(火) 午前 1:11 [ 荒川 文治 ]

顔アイコン

中国にも木製の椀があるけど、どちらかと言うと陶磁器のお茶碗が普及されているので、普通やっぱり「碗」の字を使いますね。でもおっしゃるとおり、味噌汁には木製のお椀が似合うと思います!それにしてもあの歌詞、熱いですね!日本男児の心意気が感じ取れます(笑)台詞部分と歌う部分、どんな曲になるやら。おふくろの味ね〜「味噌汁が好きな女じゃなくちゃ!」っていう『標準』はすごく判るような気がします*^^*あと、「〜だべ」は岩手県の方言ですよね?面白い♪♪

2007/6/26(火) 午後 6:18 伶音坊

顔アイコン

日本人は冷たいものは冷たく、熱いものは熱くないと許せない人が多いけど、特に味噌汁は熱さが重要。

僕は炸醤面が好きな女性が好きだよ。

2007/6/29(金) 午前 7:17 [ 荒川 文治 ]

顔アイコン

私は食べ物の「あるべき温度」に関しては比較的に鈍いほうですが、味噌汁は熱くないとダメだと思います(笑)暖かいうちに飲むと、お味噌の香りはずっと良いですよね♪荒川さんの炸醤面へのこだわりは知ってます、だから章子怡さんのことがより好きになったのですよね*^ー^*

2007/6/29(金) 午後 3:38 伶音坊

顔アイコン

じゃあ、ぜひ木の椀を使って。熱くても匙を使うのは日本人の間ではNGです。北京人は炸醤面を水で冷やす時も、やや温いくらいにするんだそうですね。それは水がもったいないのではなく、北京人の拘りなんでしょう。

映画「初恋のきた道」は、炸醤面が登場するかも?と思って観ましたが、残念ながら餃子と餅しか出ませんでした。でも食べ物より章子怡ちゃんの可愛さに参った!章子怡ちゃんが炸醤面好きというのは大分後に知ったんです。僕も彼女と不思議な縁を感じましたよ。

2007/6/30(土) 午後 0:46 [ 荒川 文治 ]

顔アイコン

そういえば、匙を使って味噌汁を飲む日本人っていませんね!家では時々使ってますが...間違っているのですね、反省します(汗)炸醤面は冷麺ではないので、完全に冷やさないのが普通です。一定温度を保つ面は、醤の美味さを最大限に発揮させることができますし〜「炸醤面の登場がなかった」理由について、私の理解では:(物語の中で描かれる50年代の農村では)餃子のほうが作り方が複雑だし、春節でしか食べられないし、ちょっと珍しいともいえるお肉が入っているし、愛情を表すにはもっと相応しいものだと思いますね。

2007/7/3(火) 午後 8:04 伶音坊

顔アイコン

炸醤面より餃子のほうがご馳走というイメージがあるんですか!?なるほど。勉強になります。

2007/7/4(水) 午前 0:40 [ 荒川 文治 ]

顔アイコン

そう!一般家庭でも食べたければ餃子は毎日食べられるようになったけれど、今でもたぶん炸醤面よりずっとご馳走なイメージだと思います*^^*

2007/7/4(水) 午後 6:01 伶音坊

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事